インシデント管理のセットアップ

You can set up incident management to allow your agents to view and manage Opsgenie incidents within their Jira Service Management projects. This allows them to quickly respond to disruptions, get up to speed with what’s going on, create incidents and provide more context for the Opsgenie teams to resolve them.


1. Opsgenie アカウントのセットアップ

Major incidents are stored and managed in Opsgenie, an Atlassian application used for alerts. You’ll need an Opsgenie account to integrate it with Jira Service Management. If you don’t have one already, check out this link:

ユーザー: Jira 管理者

Integrating Jira Service Management with Opsgenie is a one-time action that will let the two applications exchange information between one another. Once that’s done, every project admin can enable incident management for each project separately.

はじめる前に

  • 連携を作成するには、Opsgenie の API URL と API キーが必要です。これらの見つけ方については、「Opsgenie の API 情報の取得」を参照してください。

手順

  1. [管理] > [アプリケーション] > [Opsgenie 連携] に移動します。

  2. Opsgenie API の URL と API キーを入力します。

  3. [保存] を選択します。連携が有効化されました。

3. プロジェクトでインシデント管理を有効にする

ユーザー: プロジェクト管理者

プロジェクトでインシデント管理機能を使用したい場合は、プロジェクト設定で有効化できます。これにより、プロジェクトに取り組んでいるエージェントに対し、進行中の重大インシデントへのアクセス権、および特別な権限 (インシデントのリクエストへのリンクなど) を付与します。

  1. [プロジェクト設定] > [インシデント管理] に移動します。

  2. エージェントがこのプロジェクトで重大なインシデントを表示、リンク、および管理できるようにします。

4. 進行中の重大なインシデントへの対応

User: AGENT

Enabling incident management brings a new screen to your Jira Service Management where you can view ongoing major incidents to be up to date with any disruptions, and link them to requests to help your Opsgenie teams resolve them faster.

最終更新日 2021 年 6 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.