Insight によってアセットを管理する

Insight では、Jira Service Management でアセットと設定項目を管理して、リクエストを通じてそれらを操作できます。Insight はオブジェクトのデータベースで、ハードウェアとソフトウェア、従業員、各種の設定項目などのアセットのデジタル表現です。オブジェクトは自由に設定して、Jira に表示して Jira の課題の影響を受けられます。

  1. オブジェクト タイプ: 明確なツリー構造に整理された、アセットをグループ化するオブジェクト タイプのリスト。
  2. オブジェクト: すべての詳細が属性を介して追加された、実際のアセットまたは設定項目。単純な名前からシリアル番号やモデルなどのタイプ固有の項目まで、ニーズに応える豊富なコンテンツが用意されています。
  3. オブジェクト アクション: ラベルと QR コードを印刷して物理的なアセットをチェック、他のオブジェクトとの依存関係を表示、現在取り組んでいる Jira 課題を確認できます。

Insight を始める

次は、開始に役立つページのリストです。

Advanced usage guides

Insight アプリの開発、REST API、Java ドキュメントなどの詳細なナレッジをお求めの場合は、詳細な使い方ガイドをご参照ください。

最終更新日 2021 年 9 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.