Test disk access speed for a Java application

アトラシアン ナレッジベース

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プラットフォームについて: Server と Data Center のみ - この記事は、サーバーおよびデータセンター プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

問題

The Atlassian Server application appears to be experiencing performance issues and is running slowly. These applications could include Java based software such as JIRA, Confluence, Bamboo, and Fisheye/Crucible.

たとえば Jira の場合、次の領域で明らかに問題が発生します。

  • 再インデックス
  • 検索
  • 課題ナビゲーター
  • ガジェット
  • 課題のオープン


If you are running Bitbucket datacenter, please refer to the article below for details on disk benchmarking.

Test NFS disk access speed for Bitbucket data center and Git operations


診断

アトラシアン アプリケーションのパフォーマンスにはディスク アクセス速度が重要です。

アプリケーションの実行速度が遅い場合、ディスク速度が潜在的な根本原因である可能性があります。Support Tools Utility を使用してディスク アクセス速度のベンチマークを行うことで、この原因を特定できます。


Download the Support Tools Utility to any writable folder on the actual JIRA server (for example ~/$username$/temp on Linux or c:\temp on Windows).

これは .jar 拡張子のファイルであり、Internet Explorer がこれらを zip にリネームする場合があります。これが発生した場合、ファイルを .jar に戻します。zip ファイルの展開は行わないでください。

  1. Windows の場合、ターミナル ウィンドウを開きます (Start >> Run >> type in 'cmd' に移動)。
  2. Linux/Unix の場合: コマンド ラインを開きます。
  3. ツールの実行時には一時ディレクトリへの書き込みアクセスが必要になります。このツールはディスク速度を計算するために大量のファイルを作成および削除します。
  4. CD to the directory where the tools was downloaded and run it with the following:

    java -Djava.io.tmpdir=<index directory> -jar support-tools.jar

     Depending on your application please place the .jar in the following directories <index directory> will be:

    • For JIRA make sure to test against the default index directory <jira_home>/caches/indexes on JIRA 7.x and below, <jira_home>/caches/indexesV1 folder on JIRA 8.x and above. Notice if you have Insight - run the check against <jira_home>/caches/indexesV1/insight_indexes too.

    • For Confluence make sure to test against <confluence-home>/index.

    • For Fisheye/Crucible, the test should be run against <FISHEYE_INST>/cache and <FISHEYE_INST>/var/cache.

    If you're running Data Center version of JIRA or Confluence - please run the speed check on each node as the indexes are stored locally on each node

  5. Pick the average of the results to assess and review our Grading the Results section for further info on how to determine the results of the speed tests. 
    For example in JIRA, disk access performance is particularly important due to the heavy use of disk I/O to the indexes, because they are read each time a search is made and written each time an update to an issue is committed (see Troubleshoot index problems in Jira server for further information).

操作

This basic test will perform the open, read/write, close, and delete operations 1000 times to a temporary file in the java.io.tmpdir directory for each measurement, reporting the results as in the assessment section below. This test is the closest we can get to simulating the performance of a Java process when it comes to accessing the file system, allowing it to be an accurate measurement for the application performance when utilizing the disk. Other disk measurement tools may provide different results if they do not measure the specific performance of the Java JDK/JRE.

Java ソースは JAR 内で確認できます。ファイルが圧縮されていない場合はソースを表示できます。

ソリューション

このツールは、ディスクそのものの実際の速度ではなく、オペレーティング システムで実行されている Java の基本的なディスク評価を主な目的として設計されています。OS レベルの問題により、非常に高速なディスクであるにもかかわらず Java が低速である可能性もあります。これはディスクの完全な分析ソフトウェアの代替品ではなく、ディスクにハードウェアの問題が見受けられる場合やディスクが低速な場合は、システム管理者やサーバーのホスティング プロバイダーにお問い合わせください。

ベンチマーク結果を確認するときは次の点に留意します。

  • 主に平均値に注目します。
  • オープン/クローズ速度が悪いが読み取り/書き込み速度は良い場合、アンチウイルス ソフトが影響している可能性があります。
  • 最小値が大きく、速度は平均的な場合、ディスクの速度が低下しているか、ハードウェアに問題が発生している可能性があります。
  • ディスクの平均値が大きく、最小速度が小さい場合、環境が影響している可能性があります (詳細については以降を参照)。
  • Jira の場合、インデックスへのアクセスが頻繁に行われるため、オープンとクローズは非常に重要です。平均的な検索は 1 つのファイルを何度もクローズします。

結果の分類 

以降は、結果の分類に使用できる、おおよその平均速度のブレイクダウンです。


統計情報ExcellentOKBad
オープン< 40,00040,000 - 150,000> 150,000
読み取り/書き込み< 40,00040,000 - 100,000> 100,000
クローズ< 20,00020,000 - 100,000> 100,000
削除< 50,00050,000 - 300,000> 300,000

考えられる原因

低速なディスク アクセスを引き起こす可能性がある環境要因の例には、次のようなものがあります。

  • アンチウイルス ソフトウェア。「Jira Server のクラッシュやパフォーマンスの問題のよくある原因」ナレッジベース記事にあるように、アンチウイルス ソフトウェアはオープンおよびクローズ回数を制限するため、アプリケーションの処理に悪影響を与える場合があります。
  • リモート ディスクまたは共有ドライブ。
  • Synchronization to another machine over a slow network.
  • A virtualized OS, such as VMWare (see Run Jira server in a virtualized environment for further information).
  • A disk defragments job may be running.
  • ディスク障害などの、ハードウェアの問題。
  • ファイル システムの暗号化。
  • OS が制御している、ファイルの自動圧縮。
  • Specific issues with the Java version and OS. This is a rare occurrence, however, a bug or known issue within the JVM may cause it to perform poorly on a specific OS.
  • ディスクを同時に使用している他のアプリケーションまたは処理。
  • ディスクのキャパシティが満杯に近い。特定の OS ではこれによってディスクでのパフォーマンスが悪化する場合があります (この例の場合は Solaris)。
  • Lucene has some issues with file deletion in Windows.
    Since Lucene uses mmapdirectory and specifically to the Windows OS, it keeps the handles open to these mapped files even after close, not allowing these files to be deleted. Lucene Class MMapDirectory

Sample Benchmarks*

いくつかのベンチマークの例です。

Excellent
TOTALS
----    ----    ----    ----    ----
stat    avg     median  min     max
----    ----    ----    ----    ----
open    35,289  36,000  29,000  472,000
r/w     30,934  31,000  23,000  77,000
close   14,988  5,000   5,000   9,796,000
delete  39,135  40,000  31,000  123,000
----    ----    ----    ----    ----
All times are in nanoseconds.

This is a premier hosting provider using disk hardware technology equivalent to an SSD.

OK
TOTALS
----    ----    ----    ----    ----
stat    avg     median  min     max
----    ----    ----    ----    ----
open    75,830  62,000  44,000  2,869,000
r/w     46,407  40,000  35,000  907,000
close   5,751   5,000   4,000   336,000
delete  118,942 81,000  65,000  22,864,000
----    ----    ----    ----    ----
All times are in nanoseconds.
Bad
TOTALS
----    ----    	----    	----    	----
stat    avg     	median  	min     	max
----    ----    	----    	----    	----
open    275,886 	267,184 	246,412 	2,544,101
r/w     92,956  	81,538  	70,727  	7,358,896
close   3,194,958   3,177,771   3,076,064   4,331,872
delete  542,650 	530,271 	514,226 	1,771,416
----    ----    	----    	----    	----
All times are in nanoseconds.

このベンチマークは、ウィルス スキャンが有効化されている、非常に高速なディスクのものです。

平均
TOTALS
----	----	----	----	----
stat	avg		median	min		max
----	----	----	----	----
open	133,704	121,000	83,000	12,787,000
r/w		30,892	26,000	22,000	3,176,000
close	40,652	40,000	10,000	108,000
delete	274,710	254,000	211,000	15,151,000
----	----	----	----	----
All times are in nanoseconds.

これは、低負荷状態で 5 つの Jira アプリケーション インスタンスを実行している WD Black 3.0 GB/s 7.2k RPM ドライブの例です (これは推奨されません。同じサーバーで複数のアプリケーションを実行する場合の影響がご確認いただけるかと思います)。

*Notice. The above results are given as a guideline for local <index directory> folder only. There is no need to perform these tests on $SHARED_HOME in Data Center configurations as the indexes are stored locally on each node and not on the SHARED drive. Sometimes support may request to run the same tests on the $SHARED_HOME, but that's only if performance issues relevant to attachments or index recovery mechanism (such as when a node starts up after a prolonged period of downtime and if the index recovery is enabled in the respective application) .



説明

アトラシアン アプリケーションのパフォーマンスにはディスク アクセス速度が重要です。

アプリケーションの実行速度が遅い場合、ディスク速度が潜在的な根本原因である可能性があります。Support Tools Utility を使用してディスク アクセス速度のベンチマークを行うことで、この原因を特定できます。

製品JIRA, Confluence, Bamboo, Fisheye, Crucible
プラットフォームServer, Data Center
最終更新日 2021 年 8 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.