Atlassian Data Center インスタンスの統合の概要

アプリケーションを Data Center へ移行する際に、複数のアプリケーション インスタンスを単一の Data Center デプロイメントに統合することを選択できます。企業の買収や、社内の個別チームが独自の Atlassian アプリケーションをセットアップしたなどの背景で、個別のアプリケーション インスタンスが存在する場合があります。インスタンスを単一の Data Center デプロイメントに統合することは、Atlassian アプリケーションの管理や運用の合理化に役立ちます。このドキュメントでは統合プロセスのおおまかな概要について説明します。

処理内容

Data Center 移行計画では、Server アプリケーションを Data Center へ移行する全体的なプロセスの概要を記述します。チームを構築し、現在のアプリケーションのステータスや設定をレビューし、インストールをテストし、最新情報を共有する必要があります。さらに、統合ではアプリケーションのセットアップを標準化し、各ソース インスタンスから 1 つの宛先インスタンスにアプリケーション データを移行することでインスタンスをマージする必要があります。これらにより、移行のタイムフレームが増えることが予想されます。

インスタンスの標準化およびマージの方法に基づき、統合プロセスがユーザー エクスペリエンス、アクセシビリティ、およびユーザーのデータに影響する可能性があります。プロセス全体で予測されるすべての変更を共有し、変更に関するドキュメントやトレーニングをユーザーに提供することが重要です。

アプリケーション セットアップの標準化

現在の Server アプリケーション インスタンスすべてのレビューを行う際には、カスタム フィールド、ワークフロー、アプリ、カスタマイズなどのセットアップを確認する必要があります。ステークホルダーはそれらをすべてのユーザーのニーズと照らし合わせ、統合した Data Center アプリケーションに含める項目を決定する必要があります。たとえば、アプリケーション インスタンスのいずれかに、数人のユーザーが使用している、ブログ投稿を追跡するためのワークフローがある場合、組織全体で実装する必要はないと判断できます。Data Center アプリケーションに移行されたアプリについては、使用している Data Center のライセンス層と一致するようにライセンスをアップグレードすることが重要です。さらに、ユーザー権限や許可の変更をレビュー、修正、および共有することが重要です。たとえば、個別のアプリケーション インスタンスの管理者は、Data Center アプリケーションでは管理権限を持たない可能性があります。

インスタンスのマージ

統合 Data Center アプリケーションのアプリケーション セットアップを決定したら、複数のインスタンスを 1 つの宛先インスタンスにマージする必要があります。これは Data Center クラスターの最初のノードとなります。インスタンスのマージでは、宛先インスタンスの構成やデータを壊すことなく、アプリケーションのソース インスタンスから宛先インスタンスへ、必要なすべてのプロジェクトやスペースを移行します。プロセスを開始する前に、各インスタンスを 1 つずつマージするためのタイムラインを構築し、そのスケジュール (ユーザーに影響する可能性があるダウンタイムを含む) をユーザーに伝えます。次の手順は、各インスタンスをマージするための大まかなガイドを提供します。

インスタンスをマージする際には、データを移行するためのサードパーティ製ツールを使用することもできます。詳細は、サードパーティ アプリを使用してデータを移行する」を参照してください。

  1. 宛先インスタンスのバックアップを実行します。
  2. ソース インスタンスを宛先インスタンスにインストールされているアプリケーション バージョンにアップグレードします。
  3. アプリケーション設定 (例: 言語、ロケール) が、ソース インスタンスと宛先インスタンス全体で同じであることを確認します。
  4. Data Center で引き続き使用しようとしている、ソース インスタンスのアプリが、宛先インスタンスに同じバージョンでインストールされていることを確認します。
  5. アプリケーション インスタンス全体でユーザーを確認し、問題があれば解決します。
    • 移行される各アクティブ ユーザーが全体のライセンス カウントに計上されるため、古いユーザーは削除します。
    • 既存のインスタンスに名前が競合するユーザーがいる (2 人のユーザーが同じユーザー名を使用している) 場合、宛先インスタンスで一意のユーザー名を作成します。
  6. ソース インスタンスと宛先インスタンス全体で、グローバルに利用可能な構成オブジェクト (例: プロジェクト、スペース、ワークフローなど) の名前を確認し、解決します。
    • 同じ名前を使用しているオブジェクトについては、名前が両方のインスタンスで同じものを指していることを確認します。
    • 意味が異なる場合、いずれかのインスタンスでオブジェクトの名前を変更します。
  7. ソース インスタンスからデータをエクスポートします。次のリンクは、各アプリケーションでのデータのエクスポートのガイドです。
    • Jira データのバックアップ
    • Confluence スペースのエクスポート

      現在 Bitbucket では、プロジェクトやリポジトリに関連するプルリクエストやコメントなどの特定のメタデータをエクスポートすることはできません。Bitbucket インスタンスを Data Center に統合する必要がある場合は、お客様の環境でこの移行を実現した実績を持つエンタープライズ パートナーをご紹介いたします。

  8. 宛先インスタンスの本番環境をレプリケートした開発/ステージング環境にデータをインポートします。次のリンクは、各アプリケーションでのデータのインポートのガイドです。
  9. ユーザー受け入れテストを実行し、移行が正常に機能していることを検証します。

すべてのインスタンスを統合したら、Data Center の移行計画に記載されている残りのプロセスに従います。

Atlassian が提供するサービス

Atlassian テクニカル アカウント マネージャー (TAM) は、アプリケーションの Data Center への移行に関心のあるお客様に戦略的なガイダンスを提供します。TAM はお客様と協力して、組織の運用や長期的な目標に沿った Data Center を構成、デプロイ、および実行できるベスト プラクティスを構築します。

Atlassian エンタープライズ パートナーは、お客様と直接連携し、アプリケーション インスタンスの 1 つの Data Center デプロイメントへの統合を支援します。

最終更新日: 2019 年 2 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.