Crowd Server と Data Center の機能の比較

ユーザーの管理に Atlassian Crowd を使用する場合は、Crowd Server ライセンスまたは Crowd Data Center ライセンスが必要です。 

利用可能な機能やインフラストラクチャは、ご利用の Crowd ライセンスによって決定されます。Atlassian ではあらゆるチームが Crowd を最大限に活用できるよう、ユーザーの作成や管理に関するすべてのコア機能をすべてのユーザーに提供しています。  

サーバー製品と Data Center 製品の重要な変更

アトラシアンでは新しいサーバー ライセンスの販売を終了しました。また、サーバー製品のサポートは 2024 年 2 月 2 日に終了します。Data Center については複数の主要な改善を含め、投資を継続いたします。変更の内容については、こちらでご確認ください。

機能の比較

各ライセンスに含まれる内容の概要を次に示します。 

コア機能Server ライセンスData Center ライセンス
一元化された ID 管理
1 箇所でユーザーを管理し、アプリケーションのアクセスおよび権限を制御します。

シングル サインオン
すべてのアトラシアン製品 (Jira、Confluence、Bitbucket を含む) に対して、1 つのシンプルなシングル サインオン (SSO) エクスペリエンスを提供します。

複数のユーザー ディレクトリ
任意のディレクトリの組み合わせを単一のアプリケーションにマッピングし、1 か所で認証権限を管理します。

高可用性および大規模なパフォーマンス

クラスタリング
高可用性を実現するため、複数のノードで Crowd を実行します。詳細情報

インフラストラクチャと制御

監査ログ
主要なアクティビティの追跡、問題の診断、およびアプリ内または REST 経由の重要なアクションの検証を行います。詳細情報

グループ レベルの管理
グループのメンバーシップ管理をユーザーに委任します。詳細情報

ライセンスを一元的に表示
Jira、Confluence、Bitbucket ユーザーのログイン アクティビティを確認し、ライセンスの使用状況を特定します詳細情報

Azure AD ユーザー フィルタリング
Azure Active Directory のユーザー グループ用の選択的な同期。詳細情報

マルチドメイン シングル サインオン
異なるドメインをまたいだインスタンスに対するシングル サインオン (SSO)詳細情報


クローン表記
クローン表記によるユーザー ディレクトリの同期をスケジュールします。詳細

デプロイメント オプション

独自のハードウェア
Crowd を独自の物理サーバー、仮想サーバー、または任意のなデータセンターで実行します。

最終更新日 2021 年 4 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.