Atlassian 組織のセットアップ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Atlassian 組織は、製品とユーザーを管理する一元化された場所を提供します。組織は、社内で 2 つ以上のサイトを使用していて、すべてのサイトと製品、およびそれらにアクセスできるユーザーを 1 か所で確認したい場合に非常に便利です。組織の仕組みの詳細については、「Atlassian 組織」を参照してください。

Bitbucket を使用しているために組織にサイトがない場合も、組織を使用して管理アカウントを更新、非アクティブ化、および削除し、セキュリティ ポリシーを適用できます。

組織管理者は admin.atlassian.com で組織にアクセスできます。スクリーンショットは、組織にアクセスした際に表示される画面を示しています。別の画面が表示される場合、次のようないくつかの理由が考えられます。1) あなたが組織の管理者ではない、2) 最初に組織を選択する必要がある、または 3) [組織に戻る] をクリックするオプションが表示されている。

  1. ディレクトリ: ドメインの認証後、管理対象のアカウントの一覧が表示されます。また、ここでは、ユーザー プロビジョニングのためにアイデンティティ プロバイダーとの接続を行うことができます。詳細情報

  2. セキュリティ: Atlassian Access をサブスクライブしている場合、より多くの制御およびセキュリティ機能を使用できます。これによって、組織を最大限に活用できます。詳細情報

  3. 設定: 詳細を更新したり、ユーザーを組織管理者にしたり、別のドメインを追加したり、API キーを作成したりします。詳細情報

  4. 請求: 各サイトの製品と Atlassian Access に対する請求を表示します。Atlassian Access の請求製品の請求の詳細をご覧ください。

  5. 製品ドロップダウン メニュー: ドロップダウンをクリックして、製品ごとのオプションの一覧を表示します (ユーザーや製品の管理用のクイック リンクを含む)。

admin.atlassian.com での組織の管理に加え、組織の REST API を使用して、すべてのユーザーやドメインなどの組織の詳細を取得できます。

ユーザーを組織管理者にする方法

組織管理者は別のユーザーを組織管理者にすることができます。Atlassian アカウントを持つ任意のユーザーを組織管理者にすることができます。

  1. admin.atlassian.com で組織にログインします。

  2. [設定] > [管理者] の順に選択します。

  3. [管理者の追加] をクリックします。
  4. Atlassian アカウントのメール アドレスを入力し、[アクセスを許可する] をクリックします。

管理権限の詳細については、「ユーザーに管理権限を与える」を参照してください。

組織にサイトや製品を追加する

Jira または Confluence の新しいインスタンスを組織に追加したい場合、それらを組織から追加することはできません。新しい製品にサインアップし、そのサイトの組織から既存の組織に製品を転送できます。

  1. アトラシアンのクラウド製品に最初にサインアップしたときと同様、atlassian.com に移動します。完了すると、サイトの管理画面が開きます。
  2. サイト管理画面から、[製品に戻る] をクリックします。
  3. [設定] > [詳細] を選択します。
  4. [製品の転送] ボタンをクリックして、画面に従います。宛先組織の選択と変更の確認を行い、転送を確認します。

転送プロセスの詳細については、「別の組織への製品の転送」を参照してください。

組織の名前の変更

組織の名前の変更がユーザーまたはセキュリティ ポリシーに影響を与えることはありません。

組織の名前を変更するには、次の手順を実行します。

  1. [設定] > [詳細] を選択します。

  2. [組織名] の更新を行い、[保存] をクリックします。

[設定] ナビゲーション アイテムが存在しない場合、[概要] ページで [編集] (鉛筆) アイコンをクリックし、組織の名前を変更します。

次のステップ

対象のドメインを所有していることを証明するため、1 つ以上のドメインを検証します。ドメインを検証すると、そのドメインのメール アドレスを使用するすべての Atlassian アカウントが組織の管理対象アカウントになります。詳細については、「組織のドメインを検証する」を参照してください。

これで、Atlassian Access をサブスクライブし、組織の管理対象アカウントにセキュリティおよび認証ポリシーを適用できます。これらのアカウントを持つユーザーはログイン先のアトラシアン製品にかかわらず、設定されたポリシーの対象となります。

Atlassian Access では、ミッションクリティカルなアトラシアン クラウド製品を利用するために必要となるセキュリティとコンプライアンス ポリシーを一箇所で管理および適用できます。 Atlassian Access の詳細についてご確認ください。

最終更新日: 2020 年 10 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.