組織セキュリティ

Atlassian 組織で、左側のナビゲーションに [セキュリティ] が表示されます。組織全体にセキュリティ ポリシーを適用する前に、会社のドメインがすべて検証済みであることを確認します。

Atlassian 組織のセキュリティ設定は、会社でのユーザー管理方法やセキュリティの扱い方によって異なります。

  • アイデンティティ プロバイダを使用してユーザーを管理している場合、SAML シングル サインオンを設定できます。SAML SSO を使用する場合、ユーザーが記憶しておく必要があるログイン資格情報は 1 セットだけになり、アイデンティティ プロバイダによってセキュリティ ポリシーが適用されます。もっと詳しく

  • アイデンティティ プロバイダを使用していない場合、組織内のすべての管理対象ユーザーに対するセキュリティ ポリシーを設定できます。

    • すべての管理対象ユーザーに、最低パスワード強度を満たすよう要求したり、パスワード有効期限を設定したりすすることができます。もっと詳しく

    • ユーザーに対し、ログイン時にパスワードに加えて 6 桁のコードの入力を要求することで、2 段階認証を適用します。もっと詳しく

セキュリティ設定に加え、組織の監査ログを使用して、複数のサイトにわたり、ユーザー、グループ、および製品アクセス アクティビティを追跡できます。詳細情報

最終更新日: 2019 年 9 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.