セッション長の管理

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ユーザーのセッション長とは、ユーザーがログインし続けることができる時間です。これを過ぎるとユーザーは製品によってログアウトされ、再度ログインする必要があります。

ユーザーがログアウトされるまでの時間は、アトラシアンのクラウド製品によって異なります。

製品

セッション長

Jira

アイドル状態になってから 30 日。管理対象アカウントに対してはアイドル セッション長 (後述) を更新できます。

Confluence

アイドル状態になってから 30 日管理対象アカウントに対してはアイドル セッション長 (後述) を更新できます。

Bitbucket

ログイン後 14 日

Trello

なし。ユーザーは自身でログアウトするまでログイン状態を保つことができます。

Statuspage

アイドル状態になってから 3 日

Opsgenie

ログイン後 4 時間ユーザーがログイン時に [Remember me] を選択した場合、そのユーザーのセッション長はログイン後 14 日 + 4 時間になります。

セッションのアイドル状態とは、ユーザーがその期間に製品の操作を行わないことを指します。操作にはアクティブなもの (ユーザーによるボタンのクリック) も、パッシブなもの (開いたページの自動更新) も含まれます。

ユーザーによる Jira および Confluence へのログインをさらに制御したい場合、対象の製品のアイドル セッション長を指定できます。この設定は管理対象アカウントにのみ適用されます。この設定は以下には適用されません。

  • 組織が管理していないアカウント
  • モバイル セッション

セッション長を更新する前に、1 つ以上のドメインを認証します。ドメインを認証すると、そのドメインのメール アドレスを使用するすべての Atlassian アカウントが組織で管理されるようになります。詳細については「組織のドメインを認証する」をご参照ください。

アイドル セッション長を更新するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com の自身の組織で、[Security] > [Session duration] の順に選択します。

  2. [Idle session duration] ドロップダウンで、時間を選択します。

    期間として 24 時間未満を選択する場合、頻繁にログアウトされるようになる可能性がある旨をユーザーに伝えることをおすすめします。この時間が短い場合、Jira および Confluence のワークフローに影響を与える可能性があります。

  3. [Update] をクリックして保存します。

セッション長の変更を保存しても、ユーザーが自身のセッションからログアウトされるわけではありません。新しいアイドル セッション長は、ユーザーの次回のログイン時に適用されます。

最終更新日 2019 年 11 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.