G Suite 統合の有効化または無効化

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

G Suite の連携を有効にするには、管理者権限と Atlassian アカウントの 2 つを整理する必要があります。

権限

G Suite と統合する前に、以下を確認する必要があります。

  • ドメインの Google 管理 API へのアクセスを許可します。G Suite を統合する前に、ドメインでこの設定が有効になっていることを確認します。
  • 統合をセットアップするために G Suite ドメインの管理者アクセスを用意します。
    注:管理者アクセスが将来的に取り消されると、統合の機能は停止します。
  • Atlassian Cloud のサイト管理者になります。
    注: 接続が確立されると、接続の維持のために、Atlassian Cloud の管理者権限を維持する必要はなくなります。

グループ ベースの同期のセットアップに必要な追加パーミッションについては、G Suite の FAQ をご確認ください。 

G Suite を Atlassian Cloud サイトに接続する方法

  1. > [サイト管理] に移動します。
  2. サイドバーの G Suite を選択します。
  3. [G Suite へ接続] を選択します。
  4. プロンプトに従い、G Suite から同期するグループを選択します。 完了すると、画面は次のようになります。



    複数の Atlassian Cloud を同じ G Suite アカウントに接続できます。そうする場合、ドメインの所有権とドメインに所属するユーザーはインスタンス全体で共有されます。 

ドメイン管理

Atlassian Cloud サイトを G Suite に接続すると、以下が適用されます。

  • ご利用の G Suite アカウントに関連付けられたすべてのドメインおよびサブドメインが自動的に要求されます。
  • 以前に要求されたすべてのドメインは取り消されます。 
  • G Suite への接続が継続している限り、Atlassian 管理からドメインを手動で要求することはできません。
  • クレームされたドメインに所属しているが、同期したグループの一部ではないユーザーがいる場合、そのユーザーの詳細はどこでも変更できません。ユーザーの詳細を更新する場合、同期する必要があります。

詳細については、「ドメイン検証」のページをご覧ください。 

パスワード ポリシー

Atlassian Cloud サイトを G Suite につなぐと、既存のパスワード ポリシーは取り消されます。G Suite で Google によって管理されるユーザーにパスワード ポリシーを設定できます。Google ドメインに所属しなくなったユーザーには、Atlassian Cloud で設定されるデフォルトのパスワード ポリシーが適用されます。詳細については、「G Suite ユーザーのログイン方法」を参照してください。

デフォルト アプリケーション アクセスの設定

G Suite を有効にしたあと、新しい Google ユーザーにアクセス権限を与える製品と、ユーザーが最初に作成されたときに所属するグループをセットアップすることができます。詳細については、「製品アクセスの管理」を参照してください。

G Suite を Atlassian Cloud サイトから切断する方法

G Suite 統合を切断する場合:

  • 切断しても、ユーザーは Google の認証情報で Atlassian Cloud にログインできます。ただし、詳細は同期されません。
  • Atlassian Cloud インスタンスによってドメインが要求されていない場合、そのドメインとのアカウントを持つユーザーは管理されなくなり、アカウントの詳細を編集できます。

  1. [サイト管理] に移動します。
  2. サイドバーの G Suite を選択します。
  3. G Suite を切断するを選択し、プロンプトに従います。


最終更新日 2018 年 4 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.