バグ修正

Atlassian cloud product policies

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

要約

  • アトラシアンのサポートチームは、回避策の発見やバグの報告を支援します。
  • クリティカルではないバグについては、さまざまな事項を考慮して修正予定を計画します。
     

バグを報告

 

弊社の API を使用しているか、アトラシアン製品用のアドオン (アプリ) を開発していますか? 関連バグを、アトラシアンの Ecosystem Jira でお知らせください。

このページの内容

バグ レポート

Atlassian Support is eager and happy to help verify bugs—we take pride in it! Create an issue in our support system, providing as much information as you can about how to replicate the problem you're experiencing. We'll try to replicate the bug to verify, and if successful lodge the report for you. We'll also try to construct workarounds if possible.

既存のバグ レポートの検索

既存のバグを検索したり、バグを報告したりするには、アトラシアンの公式の課題トラッカーを使用できます。ご自身にとって重要な課題が見つかった場合、 ウォッチすることをご検討ください。課題をウォッチすると、課題の更新時にメール通知をお送りします。

アトラシアンでのバグ修正へのアプローチ

Atlassian seeks to target the most critical bugs affecting the widest customer set. Bugs are prioritised based on the the estimated impact to Atlassian users. Most bugs are initially reported at Low priority until they are triaged and the true impact is assessed by Atlassian.

The priorities applied to confirmed bugs are:

優先度 1 - Highest

アプリケーションにデグレードが発生している。ユーザーが業務を実行できず、利用できる回避策がない。多くの場合、もっとも影響が大きいバグは障害として扱われ、https://status.atlassian.com で追跡されます。Highest 優先度のバグは、障害の次に影響が大きいと見なされます。

例...
  • ログインの失敗

  • 特定のページを表示不可

  • マイクロサービスの通信の失敗

  • 管理ツールの失敗

Atlassian begins work on Highest priority bugs as soon as reasonably possible.

優先度 2 - High

1 つの機能の利用不可、アプリケーション速度の大幅な低下、またはユーザーの業務実行の一部の実行不可。

例...
  • アプリケーション速度の低下、断続的な失敗

  • アプリケーションは機能しているが、頻繁に使用するガジェットやマクロが機能しない

  • 特定の編集機能の失敗

Atlassian generally seeks to begin work on High priority bugs in the next sprint.

優先度 3 - Medium

The application or specific feature isn't working as expected, but there is a workaround available. Users' experience is impacted, but their job function is not impaired.

例...
  • 一部の検索の失敗

  • ページのセクションの読み込み速度の低下

  • 管理機能が断続的に失敗するが、回避策を利用可能

Medium priority bugs are typically worked on after all High and Highest priority bugs are resolved and there are no other critical priorities.

優先度 4 - Low

一般に、外観の問題や、クリティカルではない機能が意図したように動作しないなどの、小規模な問題。

例...
  • 表示に不具合があるが、機能には影響しない

  • 翻訳またはローカライゼーションの軽微な問題

  • キーボード ショートカットが期待通り動作しない

Low priority bugs are worked at Atlassian’s discretion, and are typically only fixed if our Developers are already working in that area of the product and are able to easily resolve the problem identified.

アトラシアンのバグ修正ワークフローについて

チームに影響をおよぼしているバグをウォッチしたり確認したりする場合、アトラシアンの公式の課題トラッカーである jira.atlassian.com における、アトラシアンのバグの確認、優先付け、および解決ポリシーをご確認ください。

現在のワークフローと、各ステータスの説明は次のとおりです。


ワークフロー ステータスの定義

ワークフロー ステータス定義フェーズ

Needs triage

この課題はアトラシアンの製品チームによる確認待ちです。一般に、直近で作成された課題のみがこのステータスになります。アトラシアンの製品チームはこのような課題を定期的に確認しています。

確認

Gathering impact

この課題の確認は完了しましたが、問題の影響範囲を確認するための追加情報が必要な状態です。

優先付け

Long term backlog

この課題の修正が必要であることを確認していますが、先の段階で行われる予定です。この課題はほかの課題と比べて重大度や影響範囲が小さいことが確認されています。

Short term Backlog

この課題の修正が必要であることを確認しており、近い将来に優先的に行われる予定です。この課題はほかの課題と比べて重大度や影響範囲が大きいことが確認されています。

In progress

開発チームがこの課題に取り組んでいます。

実装



In review

この課題の修正が提案され、開発チームによるレビューおよび品質テストが行われています。

Waiting for release

この課題の修正が実装され、ロール アウト(段階的な適用) 待ちです。

Closed

この課題に対する作業が完了しました。

バグが修正された場合、解決状況は "Fixed" になります。必要に応じ、完全なカスタマー ベースに対してコードの変更が段階的に適用されます。

コードの変更が不要だった場合、解決状況は "Duplicate"、"Won't fix"、"Handled by support"、"Timed out" などになります。

クローズ

バグ修正を適用する方法

Once a bug fix is written, tested, and verified, we’ll progressively roll it out to your site as soon as we reasonably can - in many cases this will occur within a few days.


Please note the above priorities, timeframes and objectives are intended to provide general guidance on how Atlassian internally handles bugs. Any response times or resolution timeframes in this document are non-binding targets, and do not create any representations, warranties, obligations or liabilities. Your agreement with Atlassian governs any use of the applicable cloud service(s) and any related issues.


その他の情報

サポート関連の情報の詳細については、「Atlassian サポート提供」を参照してください。

最終更新日 2016 年 6 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.