Teams

Bitbucket Cloud では、チームを利用することで、素晴らしいソフトウェアを開発すると同時に、複数のプロジェクト、リポジトリ、およびユーザーを連携させ、管理できます。チームでは次の内容を行うことができます。

  • チームのリポジトリを作成し、アクセスを共有する。
  • プロジェクトを作成して、チームの作業やその優先度を整理する。
  • 異なる役割や機能チームに応じて特定の権限を設定する。
  • チームのコストを 1 つのユーザー プランで管理する。
  • チームのプロジェクトを Jira Software や Hipchat などのサービスと連携する。

チームの仕組みについて

チームには、ユーザー、グループ、およびリポジトリの異なる要素があります。それぞれの詳細と、関連性について説明します。

あなたのチームはあなたのリポジトリを所有します。

 

 

すべてのチームにはユーザー グループがあります。グループは、チームのリポジトリに対して既定の権限を指定します。


チームのグループにユーザーを追加し、リポジトリへのアクセス権限を与えます。

 

ユーザー、グループ、およびリポジトリの関連性について説明しました。次に、それらが Bitbucket でどのように表示されるかについて説明します。

各チームには既定で管理者ユーザー グループと開発者ユーザー グループの 2 つのユーザー グループがあります。ユーザー グループの表示例を次に示します。グループのアクセス権限と、そのグループに含まれるユーザーが表示されます。ユーザー グループに関する詳細はこちらをお読みください

リポジトリのアクセス ページを見てみましょう。チームのグループは、既定の権限でリポジトリに追加されますが、グループのアクセス権はいつでも変更できます。リポジトリ アクセス設定に関する詳細はこちらをお読みください

チームのメンバーがチーム リポjジトリの作成権限を持っている場合、そのユーザーは自身が作成した各リポジトリの管理者になります。


 

チームの編成について

ここまで、チームの仕組みについて説明しました。次に、さまざまなタイプのチームでチームやリポジトリをどのようにセットアップするかについて、例を紹介します。これらは単なる例に過ぎません。チームは、それぞれの組織に適した方法で編成できます。

小規模のチーム

一般に、小規模なチーム (2 ~ 10 ユーザー) のセットアップは最もシンプルです。各チームには既に管理者および開発者ユーザー グループがあるため、新しいグループを作成せず、既存の権限を更新してチームに必要な権限を設定できます。次に、両方のグループにユーザーを追加して、シンプルなアクセス制御と柔軟性の両方をチームに提供します。

小規模なチームのユーザー グループ

グループ名 既定のリポジトリ アクセス チームの権限
管理者 管理 チームの管理、リポジトリの作成
開発者 読み取り リポジトリを作成する

ユーザー グループのリポジトリ シナリオの例:

リポジトリ 1: ジョン (管理者の 1 人) が リポジトリ 1 を作成します。

  • 開発者グループは既定の書き込みアクセス権を持ちます。

リポジトリ 2: シェリー (開発者の 1 人) が リポジトリ 2 を作成します。

  • 彼女は、自身が作成したリポジトリの管理者アクセス権を自動的に保持します。
  • 開発者グループは既定の書き込みアクセス権を持ちます。

複数のチームがある大規模な企業

大規模な企業に複数のソフトウェア チームがある場合、請求アカウントを 1 つにするため、すべてのユーザーに対して 1 つのチームを作成します。そのチームで、社内のさまざまなグループすべてに対して異なるユーザー グループを作成できます。これらのグループは、役割、製品、機能などに基づいたものにすることができます。このシナリオでは、機能チームに基づく、100 ユーザーを超えるチームでの例を示します。

複数のチームを持つ大規模な企業でのユーザー グループの例:

グループ名 既定のリポジトリ アクセス チームの権限
管理者 管理 チームの管理、リポジトリの作成
開発者 1 書き込み リポジトリを作成する
開発者 2 書き込み リポジトリを作成する
開発者 3 書き込み リポジトリを作成する
開発者 4、開発者 5 など

ユーザー グループのリポジトリ シナリオの例:

リポジトリ 1: パウラ (管理者の 1 人) が リポジトリ 1 を作成します。

  • 彼女は開発者 1 に書き込みアクセス権を与えます。
  • 開発者 1 と 2 には既定の読み取りアクセス権があります。

リポジトリ 2: パウラ (管理者の 1 人) が リポジトリ 2 を作成します。

  • 彼女は開発者 2 に書き込みアクセス権を与えます。
  • 開発者 1 と 2 には既定の読み取りアクセス権があります。

リポジトリ 3: デイブ (開発者 3の 1 人) が リポジトリ 3 を作成します。

  • 彼は、自分が作成したリポジトリに関する管理者アクセス権を自動的に所有します。
  • 彼は開発者 3 に書き込みアクセス権を与えます。
  • 開発者 1 と 2 には既定の読み取りアクセス権があります。

一時的な請負業者を持つ中規模のチーム

チームがフルタイムの開発者および/あるいは一時的な請負業者で構成されている場合、各グループに異なる権限を付与する必要があることがあります。たとえば、請負業者グループには既定のアクセス権を指定しないことができます。ただし、彼らがリポジトリへアクセスする必要がある場合は、そのリポジトリにアクセスし、そのグループで必要な書き込みまたは読み取りアクセス権をオンにできます。このシナリオでは、ほかの開発者や外部のグループを追加することもできます。

一時的な請負業者を持つ中規模のチームのユーザー グループの例:

グループ名 既定のリポジトリ アクセス チーム権限
管理者 管理 チームの管理、リポジトリの作成
開発者 読み取り リポジトリを作成する
外部グループ なし なし

ユーザー グループのリポジトリ シナリオの例:

リポジトリ 1: ウィル (管理者の 1 人) が リポジトリ 1 を作成します。

  • 開発者グループは既定の書き込みアクセス権を持ちます。

リポジトリ 2: ジュリー (開発者の 1 人) が リポジトリ 2 を作成します。

  • 彼女は、自身が作成したリポジトリの管理者アクセス権を自動的に保持します。
  • 彼女は、外部グループに読み取りアクセス権を与えます。
  • 開発者グループは既定の書き込みアクセス権を持ちます。

リポジトリ 3: スティーブ (管理者の 1 人) が リポジトリ 3 を作成します。

  • 彼は、外部ユーザーに書き込みアクセス権を与えます。
  • 開発者グループは既定の書き込みアクセス権を持ちます。

開発者以外のユーザーを持つ中規模のチーム

異なる開発者グループに対して異なる権限を設定する必要がない場合、チームのユーザー グループを役割ごとに設定することもできます。この場合、グループ間での重複は少なくなることがほとんどです。1 つのグループ (開発者など) に他のグループよりも多くのアクセス権を与えたい場合、グループ間に異なるアクセス レベルを設定することもできます。このシナリオでは、さらに多くのユーザーやグループを含めることもできます。

開発者以外のユーザーを持つ中規模のチームのユーザー グループの例:

グループ名 既定のリポジトリ アクセス チームの権限
管理者 管理 チームの管理、リポジトリの作成
開発者 読み取り リポジトリを作成する
デザイナー 書き込み なし
QA エンジニア 書き込み なし

ユーザー グループのリポジトリ シナリオの例:

リポジトリ 1: ポール (管理者の 1 人) が リポジトリ 1 を作成します。

  • 開発者グループは既定の書き込みアクセス権を持ちます。

リポジトリ 2: ジュリー (開発者の 1 人) が リポジトリ 2 を作成します。

  • 彼女は、自身が作成したリポジトリの管理者アクセス権を自動的に保持します。
  • 彼女は、デザイナーと QA エンジニアのアクセス権を削除します。
  • 開発者グループは既定の書き込みアクセス権を持ちます。

 

最終更新日 2017 年 11 月 15 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.