リポジトリをコピーしてファイルを追加する

このページの内容

Still need help?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティへの質問

  1. Git または Mercurial リポジトリを作成する
  2. リポジトリをコピーしてファイルを追加する
  3. Bitbucket でリポジトリから変更をプルする
  4. Sourcetree ブランチを使用して更新をマージする

宇宙ステーションのファイルを追加して共有する場所ができたので、これをローカル システムから取得する方法が必要です。これをセットアップするまず、Bitbucket リポジトリをシステムにコピーします。Sourcetree では、リポジトリをコピーすることを「クローンする」と言います。リポジトリをクローンする際には、Bitbucket サーバーとローカル システムの間の接続を作成します。


ステップ 1. リポジトリをローカル システムにクローンする

Sourcetree を使用して、コマンド ラインを使用せずに、リポジトリのクローンをローカル システムへ作成します。

  1. Bitbucket の使用頻度が増えると、複数のリポジトリで作業するようになる可能性があります。そのため、すべてのリポジトリを含むディレクトリを作成することをおすすめします。まず、ローカル システムでディレクトリを作成し、repos という名前をつけます。

  2. Bitbucket で、BitbucketStationSupplies リポジトリへ移動します。

  3. Click the Clone button in the top right corner.
    Bitbucket displays the Clone this repository dialog.
  4. [このリポジトリをクローン] ダイアログから、[Sourcetree でクローン] をクリックします。
  5. [新規クローン] ダイアログ ボックスから、宛先パス<ローカル ディレクトリ>/repos/bitbucketstationsupplies に更新します。この宛先パスは、先ほどリポジトリ用のフォルダと合わせて作成したディレクトリを参照します。名前フィールドは、リポジトリのフォルダ名と同じになります。

  6. [クローン] ボタンをクリックします。

おめでとうございます。ローカル システムにリポジトリをクローンしました。

ステップ 2. ファイルを作成してローカルに追加し、Bitbucket にプッシュする

ローカル システムにリポジトリがあるため、宇宙ステーションに必要なすべてのサプライのリストの作成を開始することができます。これを行うため、サプライ用のファイルを作成しましょう。

このセクションの作業では、Git と Mercurial リポジトリのどちらで作業しているかによって、イメージが少し異なる場合があります。

  1. Sourcetree で bitbucketstationsupplies リポジトリをダブルクリックすると、ローカル リポジトリからリモート リポジトリへコミットするものがないことがわかります。

  2. テキスト エディターを使用して次の 3 行を追加します。

    space ice cream
    nerf darts
    telescope light shield
  3. Save the file as supplies.txt to the bitbucketstationsupplies directory on your local system. The supplies.txt file now appears in Sourcetree since you created it in your local repository.

  4. Now is the point where you prepare a snapshot of the changes before committing them to the official history. From the options menu of the supplies.txt file, select Stage file (for a Git repository) or Add file (for a Mercurial repository).

  5. 一番上の [コミット] ボタンをクリックしてファイルをコミットします。
  6. メッセージ ボックスに、「Initial commit」と入力します。
  7. Click the Commit button under the box. Your new file is now committed to the project history.

    Up until this point, everything you have done is on your local system and is invisible to your Bitbucket repository until you push those changes to your remote Bitbucket repository.

  8. From Sourcetree, click the Push button to push your committed changes. Pushing lets you move one or more commits to another repository, which serves as a convenient way to publish contributions.

  9. 表示されたダイアログ ボックスでは、Git または Mercurial のどちらを使用しているかに応じて次のステップが変わります。

    • Git–Under the Push? column, select the master branch to indicate that you are pushing that branch to origin and click OK.

    • Mercurial - すべてが自動で実行されるため、必要な操作は [OK] をクリックするだけです。
  10. Bitbucket の BitbucketStationSupplies リポジトリに移動します。

    If you click Commits in the sidebar, you'll your commit in the repository. Bitbucket combines all the things you just did into that commit and shows it to you.

    If you click Source in the sidebar, you'll see your file in the repository, the supplies.txt file you just added.

次へ

最終更新日 2018 年 1 月 20 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.