見積りを持たない項目のスケジューリング

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Advanced Roadmaps のライブ プランの使い方について説明します。デザインが変更されたプラン インターフェイスを使用している場合は、こちらのページをご覧ください。

Advanced Roadmaps の自動スケジューリング メカニズムは主要機能の 1 つであり、リソースを現実的に最適化および割り当てるための優れた方法を提供します。

プラン スケジュールで作業項目が紺色または水色の背景色で表示されます。

  1. Dark blue work items are estimated, and are thus scheduled by the automatic scheduling mechanism in Advanced Roadmaps
  2. Light blue work items are unestimated, but are scheduled because these have either a sprint, a release, or targets dates assigned to them
  3. Light blue bars on work items indicate dependencies between work items in the backlog:
    • if the light blue bar is at the beginning of an issue, that issue is dependent on another issue

    • 課題の端に薄い青色のバーが表示されている場合、課題には別の課題との依存関係があります。

スケジュールされておらず、見積りを持たない水色の作業項目の場合、次のようになります。

  • プランが課題ソースとしてプロジェクトまたは JQL を使用している場合、スプリント データはプランに追加されません
  • If the plan is using a Scrum board as an issue source, sprint data will be added to the plan if the board is assigned to the team in the plan.

Long-term work usually has a higher level of uncertainty, and there may be times when work items in your plan are still unestimated. This can be due to a variety of reasons – perhaps at the time of planning, there aren't enough known factors yet, for you to assign accurate estimates to these work items. However, for the sake of preparing and communicating your roadmap to stakeholders, you may still need to push forward and schedule these unestimated items

見積りと持たない作業項目は、Advanced Roadmaps では実際にはスケジュールされません。これらの項目がスプリントまたはリリースに手動で割り当てられている場合、Advanced Roadmaps は、スケジュール内にこれらの項目を薄い青色で表示します。見積りを持たない項目の表示内容は、作業項目に提供されている情報に制限されます。

  • The length of the unestimated items come either from the release duration or the sprint duration. If you have both set, the sprint length takes priority over the release duration.
  • The Schedule range filter will filter unestimated items out, and you won't be able to see them.
  • 固定のリリース割り当てがある場合でも、リリースに期間または固定された終了日が設定されていない場合、項目は表示されません。

By scheduling unestimated items using one of the following options, Advanced Roadmaps can produce a more sensible schedule, even if you're just doing high-level planning of your work:

Base on default estimates

Advanced Roadmaps will schedule unestimated work items based on the default estimates that you configure for each hierarchy level.

  1. プランで、プラン名の横に表示される [その他] () > [設定] > [スケジュール] をクリックします。
  2. In the Unestimated item scheduling section, select Base on default estimates.
  3. Set the default estimate for each hierarchy level.

The default estimates will be applied to the unestimated issues in the plan, if the respective hierarchy level is defined in the plan's planning unit.

次の点に注意してください。

  • The default estimate applies only to unestimated issues in your plan.
  • You can define independent default estimates for time-based or story point-based.
  • When switching the planning unit from story points to time-based, the default estimate will be switched.
  • 子課題を持つ親がいて、子の 1 つに見積りがあった場合、親に既定の見積りは割り当てられません。これは、親は子の見積りの集計値を持ち、見積りを持っていると見なされるためです。
  • 子課題が見積りを持たない場合、親には既定の見積りが割り当てられます。
  • When you import issues that are mapped to the defined hierarchy levels, those issues will take the configured default estimate — unless there is already a defined estimate.

Base on target dates

Advanced Roadmaps は見積りを持たない項目を、割り当てられたスプリント、リリース、またはターゲット日の期間中にスケジュールされます。

  1. プランで、プラン名の横に表示される [その他] () > [設定] > [スケジュール] をクリックします。
  2. In the Unestimated item scheduling section, select Base on target dates.
  3. [計算] をクリックします。

例:

Let's say have the MEX-16 Horizon expansion epic, which contains several stories, and none of these stories are estimated.

You'll need to assign MEX-16 Horizon expansion epic to a release that has a fixed end date. Then, when you click Calculate, the epic will be shown in the timeline as unestimated issues having the duration of that release.


カスタム

Advanced Roadmaps は設定されたカスタム日付を、プランで見積もられていない項目の開始日および終了日として使用します。カスタム日付は、プランで設定されたカスタム フィールドから取得されます。

  1. プランで、プラン名の横に表示される [その他] () > [設定] > [スケジュール] をクリックします。
  2. In the Unestimated item scheduling section, select Custom.

カスタム日付を設定していない場合、見積りを持たない項目の開始日と終了日はそれぞれ、ターゲット開始日と終了日の既定の値を取得します。

オフ

By choosing not to schedule unestimated items, Advanced Roadmaps will ignore any unestimated items in your plan. These items will not have any impact on the schedule as well.

最終更新日 2020 年 4 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.