サブタスクの設定

一般にサブタスク課題は、複数のタスクを割当て、個別にトラッキングできるよう、元の課題を分割しておきます。

サブタスクは通常の課題と同じフィールドをすべて持っていますが、「課題タイプ」は通常の課題タイプのものではなく、サブタスク課題タイプ (下記参照) のものである必要があります。

サブタスクの実効において、少なくとも1つのサブタスク課題タイプを定義した場合、以下の作業が実行出来ます。

  • サブタスクの作成
  • サブタスクへの課題変換 (またはその逆)

このページの内容:

サブタスクを無効化する

サブタスクは既定で有効になっています。(info)ただし、この機能は "サブタスク管理" ページで無効化することも可能です。
Jira インストールが、サブタスクが無効化されている 4.2 よりも前のバージョンからアップグレードされている場合、サブタスクはデフォルトで無効化されます。

  1. Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインします。
  2.  > [課題] を選択します。[課題タイプ] > [サブタスク] を選択して [サブタスク] ページを開きます。

  3. サブタスクの 「無効化」 リンクをクリックします。ページがリロードされ、サブタスクが無効になった旨が表示されます。

(info)注: システムにサブタスクが1つ以上存在する場合、無効化出来ません。この機能を無効化する前に、既存のサブタスクを取り除いておいて下さい (または、標準課題に転換して下さい)。

サブタスクを有効化する

サブタスクは サブタスク管理画面から有効化することができます。

  1. Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインします。
  2.  > [課題] を選択します。[課題タイプ] > [サブタスク] を選択して [サブタスク] ページを開きます。

  3. サブタスクの「有効化」リンクをクリックします。ページがリロードされ、サブタスクが有効化された旨が表示されます。
    (info) デフォルトのサブタスクの課題タイプは、自動的に使用できるようになっています。「オペレーション」欄の編集リンクをクリックして、サブタスクの課題タイプを編集することができます。

サブタスク課題タイプを定義する

通常の課題タイプとは異なり、サブタスクにはサブタスク課題タイプの 1 つが割り当てられる必要があります。ユーザーがサブタスクを作成するためには、Jira に 1 つ以上のサブタスク課題タイプが定義されている必要があります。

サブタスク課題タイプは、(前述の)サブタスク管理ページ内でカスタマイズすることができます。サブタスク管理ページでは、自分のサブタスク課題タイプの作成、編集(名前、説明、またはアイコン)、及び変換を行うことができます。

サブタスク課題タイプを作成する

  1. Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインします。
  2.  > [課題] を選択します。[課題タイプ] > [サブタスク] を選択して [サブタスク] ページを開きます。

  3. 新規サブタスク課題タイプを追加ボタンをクリックして、新規サブタスク課題タイプを追加ダイアログボックスを開きます。
  4. 以下の情報を全て入力します。

    • 名前 — 新しいサブタスク課題タイプをうまく説明する短いフレーズを入力します。

    • 説明 —このサブタスク課題タイプを使う状況説明を1、2行入力します。

    • アイコン URL — アクセス可能な URL の画像のパスか、Jira アプリケーションのインストール ディレクトリ<jira-application-dir>/images/icons 内に格納されている画像のパスを入力します。

サブタスク課題タイプを編集する

  1. Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインします。
  2.  > [課題] を選択します。[課題タイプ] > [サブタスク] を選択して [サブタスク] ページを開きます。
  3.  編集リンク (オペレーション列内の) をクリックして、サブタスク課題タイプを編集します。
  4. 上記の サブタスク課題タイプの作成」 の名前説明アイコンを編集します。

サブタスク課題タイプを削除する

サブタスク課題タイプは、[課題タイプ管理] ページでのみ削除できます。詳細については、「課題タイプの削除」を参照してください。

サブタスク ステータスによる課題ワークフローのブロック

課題のサブタスクのステータスに応じて、ワークフローの課題の進捗を制限することができます。例えば、すべてのサブタスクが解決されるまで課題を解決するのを制限する必要があるとします。これを実現するには、カスタムワークフローを作成し、サブタスクステータスで制限されるワークフロー遷移にサブタスクブロック条件を使用します。

親課題に表示されたサブタスク フィールドの設定

Jira システム管理者は、1 つ以上のサブタスクを持つ親課題の "課題の表示" ページのサブタスク セクションに表示するサブタスクのフィールドを定義できます。これを行うには、Jira の [高度な設定] ページで jira.table.cols.subtasks プロパティの値を編集します。

親課題の "課題の表示" ページのサブタスク セクションに表示するフィールドを指定するには、各フィールドの適切な "値" を、カンマ区切りの一覧として入力します。 jira.table.cols.subtasks プロパティでは、Jira の API ドキュメントの「定数フィールド値」ページの IssueFieldConstants テーブルの右側の列に記載された値が許可されます。

(info) 注意:

  • このリストの各値の順番によって、親課題の「課題の表示」ページのサブタスクセクションにおける各代表フィールドの順番が決まります。
  • summary フィールドは、このプロパティの値における最初の位置を仮定する必須値です。


tip/resting Created with Sketch.

Jira を使いこなす

Atlassian Marketplace の次のようなアプリを使用することで、サブタスクを拡張できます。  

  • Create on Transition for Jira: 選択した課題がワークフローでトランジションするときに、複数の課題とサブタスクを自動的に作成
最終更新日 2018 年 8 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.