リクエスト参加者を追加する

リクエスト参加者は、リクエストを表示したり、コメントを追加したり、通知を受信したりすることが可能な、カスタマーおよび組織です。参加者は報告者と同じ通知を受信し、いつでも通知を無効化できます。リクエスト参加者を追加し、リクエストの詳細を提供したり、リクエストの進捗を通知したりすることができます。

エージェントおよびカスタマーの両方がリクエスト参加者を追加および削除することができます。カスタマーが参加者として追加することができるユーザーは、プロジェクトのカスタマー権限設定によって異なります。詳しくは、「サービスデスクへのアクセスを管理する」を参照してください。


このページの内容:

プロジェクトへの参加者の追加

プロジェクトに参加者を追加するには、次の手順を実行します。

  1. サイドバーから [プロジェクト設定] > [ユーザーとロール] を選択し、[ユーザーをロールに追加] を選択します。
  2. 参加者のメール アドレスを入力し、ロール タイプを選択してから、[追加] を選択します。

リクエスト参加者は課題レベルのセキュリティ スキームに従います。たとえば、管理者がリクエストをカスタマイズして、報告者のみがリクエストを表示できるようにした場合、リクエスト参加者はそのリクエストを表示することができなくなります。管理者が課題セキュリティ スキームを更新する場合、「課題レベルのセキュリティ設定」の説明を参照してください。


課題への参加者の追加

リクエスト参加者は、プロジェクトへのアクセス権限を持っている場合にのみ追加できます。サービス デスク プロジェクトにアクセスできるユーザーを設定するには、カスタマー権限を変更します。

リクエストに参加者を追加するには、次の手順を実行します。

  1. リクエスト参加者を追加する課題を開きます。
  2. 課題ビューの右側にある [リクエスト参加者] または [組織] フィールドを選択します。
  3. 参加者の詳細を入力し、チェックマークを選択します。

リクエスト参加者を追加すると、プロジェクト通知設定に応じて、リクエストに参加したことを通知するメールが送信されます。

以下の画像は、課題ビュー内のリクエスト参加者を示しています。

課題ビューのリクエスト参加者フィールドの下に、リクエスト参加者の一覧が表示されます。


カスタマー ポータルでの参加者の追加

エージェントとカスタマーは、カスタマー ポータルで参加者を追加できます。カスタマーが組織に所属している場合、リクエストの作成時にリクエストを共有することができます。既定では、プライベートリクエストを選択した場合を除き、リクエストはカスタマーの組織と共有されます。カスタマーが複数の組織に所属している場合、リクエストは既定でプライベートになります。

エージェントがリクエストに参加者を追加するには、次の手順を実行します。

  1. サイドバーから、[リクエストの起票] を選択します。 
  2. リクエスト フォームに入力し、[作成] を選択します。
  3. 右側のパネルから [共有] を選択し、[このリクエストを共有する] フィールドに名前、メール アドレス、または組織を入力します。
  4. [共有] を選択します。

カスタマーがリクエストに参加者を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 提供されたリンクからカスタマー ポータルにアクセスします。
  2. リクエスト フォームに入力し、[作成] を選択します。
  3. 右側のパネルから [共有] を選択し、[このリクエストを共有する] フィールドに名前、メール アドレス、または組織を入力します。
  4. [共有] を選択します。

参加者には、プロジェクトの通知設定に応じて、リクエストに参加したことを通知するメールが送信されます。参加者は、リクエストの [共有しているユーザー] セクションに表示されます。

以下の画像は、カスタマー ポータルのリクエスト ビュー内のリクエスト参加者を示しています。

カスタマー ポータル ビューの [共有先のユーザー] パネルの下に、リクエスト参加者の一覧が表示されます。


メールでの参加者の追加

カスタマーが組織に所属している場合、リクエストを作成した際にリクエストを共有することができます。既定では、プライベートリクエストを選択した場合を除き、リクエストはカスタマーの組織と共有されます。カスタマーが複数の組織に所属している場合、リクエストは既定でプライベートになります。

メールで参加者を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 参加者のメール アドレスを TO または CC フィールドに追加します。

参加者には、プロジェクトの通知設定に応じて、ユーザーが参加者を追加したことを通知するメールが送信されます。


ウォッチャーの追加

エージェントは課題での支援が必要な場合に、他のエージェントまたは Jira ユーザーを追加することができます。たとえば、Jira Software を利用している開発者に、カスタマーが報告したバグの解析を支援してもらいたいとします。

他のユーザーを関与させるには、ウォッチャーとして追加します。

  1. ウォッチャーを追加する課題を開きます。
  2. 画面右側の、[ユーザー] の下にある [ウォッチャー] フィールドを選択します。 
  3. 数をクリックし、[ウォッチャーの追加] フィールドに名前またはメール アドレスを入力します。

ウォッチャーは、課題の内部アクティビティについて通知され、内部コメントでエージェントとコミュニケーションをとることができます。


最終更新日 2019 年 6 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.