Advanced Roadmaps に Jira Software インスタンスを設定する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページは、Jira Software 管理者アクセス権を持つユーザーのみを対象としています。

Advanced Roadmaps にはすぐに使用できる完全な機能が含まれており、Jira Software との互換性もありますが、特定のカスタム フィールドと機能は管理者が設定する必要があります。これらのフィールドを設定しない場合でも Advanced Roadmaps で使用できますが、これらのフィールドで行った変更を Jira 課題には保存できません。

参考情報

改善されたインターフェイスを有効にする

Jira Software の次のメジャー リリースで、ライブ プランのインターフェイスはなくなります。ライブ プランを使用していて、改善されたインターフェイスにアップグレードする場合は、次の手順に従います。

  1. プランで、プラン名の横にある を選択し、[Try the improved interface (改善されたインターフェイスを試す)] を選択します。
  2. [改善されたインターフェイスを有効にする] を選択して、プランの新しいインターフェイスをオンにします。

Jira Software 課題の修正バージョンを見える化

Advanced Roadmaps のリリースは、Jira Software では修正バージョンとして知られ、処理されます。課題で [修正バージョン] フィールドが非表示になっている場合、プランで設定したリリースは対応する課題に表示されません。

Jira Software で修正バージョンを表示するには、次の手順を実行します

  1. 右上の アイコンを使用して Jira Software 管理パネルに移動し、[課題] を選択します。
  2. 左側のメニューから、[フィールド設定] を選択し、目的のフィールド設定を選択します。
  3. [設定] を選択し、[修正バージョン] フィールドを見つけます。
  4. [操作] 列で、[表示] をクリックします。

プラン内で課題にリリースを設定し、その変更を Jira Software に保存するたびに、そのリリースが対応する課題の修正バージョンとして表示されます。

Jira の Advanced Roadmaps でカスタム フィールドを有効化する

Advanced Roadmaps でラベル、コンポーネント、チーム、カスタム日付を使用するには、まず Jira 設定で定義する必要があります。

Advanced Roadmaps では、次のカスタム フィールド タイプのみがサポートされています。

  • ラベル
  • component
  • teams
  • チェックボックス
  • 日付ピッカー
  • ユーザー ピッカー (単一ユーザー)
  • Number (番号)
  • ラジオ ボタン
  • 単一選択の選択リスト
  • 複数選択の選択リスト
  • 単一行テキスト
  • URL (読み取り専用)

これらのフィールドを追加するには、次の 2 つのステップに従います。

1. Jira 課題にカスタム フィールドを追加する

  1. > [課題] の順に選択します。
  2. [フィールド] で、[カスタム フィールド] を選択します。
  3. [カスタム フィールドを作成] をクリックします。利用可能なフィールド オプションを表示するには、[すべて] を選択するようにします。
  4. 作成するフィールドのタイプを選択し、[次へ] をクリックします。 
  5. フィールドの詳細を追加します。
    1. 選択した名前は、フィールドが表示されるときにカスタム フィールドのタイトルとして表示されます。説明は、課題の作成または編集時にフィールドの下に表示されますが、課題の参照時には表示されません。
  6. フィールドの詳細を入力したら、[作成] を選択します。
  7. カスタム フィールドを 1 つ以上の画面に追加するには、対応するボックスを選択して [更新] をクリックします。

これらのカスタム フィールドのデータは Jira 課題に保存されますが、フィールドがインスタンスに追加されるまでは表示されません。

オプション: カスタム フィールドを作成したら、そのフィールドに規定値を設定できます。Jira のカスタム フィールドの規定値を設定する方法をご確認ください。

2. 課題スキームにカスタム フィールドを追加する

  1. > [課題] の順に選択します。
  2. 左側のメニューで、[フィールド] に表示される [カスタム フィールド] を選択します。
  3. 最近追加したフィールドを見つけて、次に [画面に関連付ける] を選択します。
  4. 適切な画面を選択して、一番下までスクロールして [更新] を選択します。

これで、課題とスキームにカスタム フィールドが追加されました。Advanced Roadmaps ユーザーはこのフィールドを自分のプランに追加できます。追加方法については「Advanced Roadmaps にカスタム フィールドを追加して表示する方法」ページをご確認ください。

カスタム階層レベルを設定する

Advanced Roadmaps でカスタム階層レベルを使用できるようにするには、まず管理者が Jira で課題タイプを作成する必要があります。作成後、課題タイプを Advanced Roadmaps 階層に関連付ける必要があります。

これは 3 ステップのプロセスです。

1. Jira Software で課題タイプを作成する (まだ存在しない場合)

  1. > [課題] の順に選択します。
  2. 左側の列で [課題タイプ] > [課題タイプを追加] の順に移動します。
  3. 新しい課題タイプの名前と説明を入力します。
  4. 標準課題タイプか、サブタスク課題タイプのいずれかを選択します。
  5.  標準の課題タイプはエピック レベル (通常はイニシアチブと凡例) の上に配置されますが、サブタスク課題タイプはサブタスクと併せてストーリー レベルの下に配置されます。 
  6. [追加] を選択します。

2. Jira Software のスキームに課題タイプを追加する

  1. > [課題] の順に選択します。
  2. 左側の列から [課題タイプ スキーム] を選択します。
  3. 該当の課題タイプ スキームを見つけて、編集 をクリックします。
  4. 名前、説明、既定の課題タイプ、選択した課題タイプを編集します。
  5. スキームに課題タイプを追加するには、[利用可能な課題タイプ] から [現在のスキームの課題タイプ] にドラッグします。
  6. 完了したら [保存] を選択します。

3. Advanced Roadmaps プランにカスタム階層レベルを追加する

  1. > [アプリを管理] の順に選択します。
  2. 左側のメニューで、[Advanced Roadmaps hierarchy configuration (Advanced Roadmaps 階層構成)] を選択します。
  3. プランに含める階層レベルを選択または削除します。
  4. [変更を保存] を選択します。

これで、カスタム階層レベルが Advanced Roadmaps で利用できるようになります。

Advanced Roadmaps 用に Jira で依存関係を設定する

初期設定では、Advanced Roadmaps の依存関係はブロック課題リンク タイプを使用します。Advanced Roadmaps 計画でカスタム課題リンクを使用するには、Jira で作成して定義してから Advanced Roadmaps に追加する必要があります。

これは 2 段階のプロセスです。

1. Jira Software で課題リンクを設定する

  1. 右上の アイコンを使用して Jira Software 管理パネルに移動し、[課題] を選択します。
  2. 左側のサイドバーで、[課題の機能] の下の [課題リンク] を選択します。 
  3. [課題リンク] が ON に設定されていることを確認します。なっていない場合は、[Activate (アクティブ化)] を選択して有効にします。
  4. アクティブにすると、右側の列から [編集] を選択することで、既存の課題リンクの [名前]、[Outward description (外向きリンクの説明)]、[Inward description (内向きリンクの説明)] を編集できます。[更新] を使用して変更を保存します。
  5. 新しいリンクを追加するには、[Add New Link Type (新しいリンク タイプを追加)] ヘッダーのフィールドを使用して、新しい課題リンクの名前と説明を定義します。[追加] を使用して保存します。 

2. その設定を Advanced Roadmaps に適用する

  1. 右上の アイコンを使用して Jira Software 管理パネルに移動し、[アプリを管理] を選択します。
  2. [Advanced Roadmaps 依存関係] に移動します。ドロップダウン メニューを使用して課題リンク タイプを追加するか、ボックスに表示される x で削除します。依存関係を逆転するには、右側の [スワップ] を使用します。 
  3. [変更を保存] を選択します。

これらの変更は、インスタンス内のすべてのプランの依存関係に適用されます。 

Advanced Roadmaps が並行依存関係と連続依存関係のどちらを使用するかを決定するオプションもあります。これらが意味する内容の詳細については「計画で連続依存関係または平行依存関係を使用する」ページをご確認ください。

連続および並行依存関係を変更するには、次の手順を実行します。

  1. [ロードマップ] ビューから、 を使用して [設定] に移動し、プラン名の横にある [構成] をクリックします。
  2. [依存関係] で、連続依存関係または並行依存関係のいずれかを選択します。

設定したら、プランで依存関係を使用する方法をご確認ください


最終更新日 2021 年 9 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.