Configure your Advanced Roadmaps plan settings

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページは、Advanced Roadmaps 管理者アクセス権を持つユーザーのみを対象としています。

管理者は、Advanced Roadmaps がプランのほぼすべての側面 (課題をプルする場所からどのように依存関係の処理するかまでを含む) を処理する方法を定義します。

このセクションでは、次の項目の調整方法について説明します


課題ソース

正確なプランを作成して維持するためには、まず、Jira Software のどこに課題があるかを Advanced Roadmap に伝える必要があります。これは課題ソースと呼ばれ、新しいプランの作成時に最初に定義されますが、プランの作成後にも課題ソースを変更したり、追加したりすることができます。

プランの課題ソースを追加または変更するには、次の手順に従います。

  1. [ロードマップ] タブから、[設定] > [構成] に移動します。
  2. [課題ソース] を選択します。プランの課題のソースとしては、プロジェクトボードフィルターを選択できます。


見積単位

プランで課題を見積もる際に、使用する単位を選択できます。課題の見積もりは、時間 (時間数または日数) またはストーリー ポイントに基づいて行えます。

プランの見積単位を変更するには、次の手順を実行します。

  1. プランの [ロードマップ] タブから、[設定] > [構成] に移動します。
  2. [スケジュール] タブで、プランの見積もりを [時間]、[]、または [ストーリー ポイント] のどれで行うかを選択します。

ストーリー ポイントと時間ベースの見積もり (日および時間) は相互交換できません。そのため、この設定を変更すると、Jira Software に保存されていない課題の見積もりはすべて消去されます。

時間ベースの見積もり

時間ベースの見積もりはスクラム チームとカンバン チームの両方に使用できます。既定のキャパシティは週あたり 200 時間ですが、この値は変更できます。変更方法については、「キャパシティ」のセクションを参照してください。

スクラム チームの場合、既定のイテレーションの長さは 2 週間に設定されています。カンバン チームの場合、各イテレーションは 1 週間続きます。

ストーリー ポイント

課題の見積もりにストーリー ポイントを使用する場合、プランではスクラム チームのみを使用できます。チームの既定のベロシティは 30 ストーリー ポイントに設定されており、既定のイテレーションの長さは 2 週間に設定されています。


日付

既定では、ターゲット開始日とターゲット終了日は、プランで課題をスケジュールするときに使用されます。チームの作業の仕方に合わせて、期限、スプリントの日付、その他のカスタム日付を使用してプランをスケジュールできます。

ターゲットの開始日と終了日は、ローカル タイムゾーン設定から独立しています。期限日とカスタム日付は、ユーザーのローカル タイムゾーン設定に基づいています。ただし、プランの開始日と終了日として期限日とカスタム日付を使用している場合は、異なるタイムゾーンにいるユーザーに対して、Advanced Roadmaps では同じ日付が、Jira Software では異なる日付が表示されます。これは、Jira Software と Advanced Roadmaps では日付とタイムゾーンの設定が異なる方法で処理されるためです。

プランの日付設定を変更するには、次の手順を実行します。

  1. [ロードマップ] タブから、[設定] > [構成] に移動します。
  2. [スケジュール作成] タブの [日付] セクションでは、Advanced Roadmaps でプランの日付をどのように処理するかを選択できます。


カスタム日付

プランでカスタム日付を使用するには、プランの課題ソースに関連付けられているすべてのプロジェクトのスキームに、カスタム日付フィールドを追加する必要があります。追加すると、日付設定 (上述) でカスタム日付が対応する ID とともに利用できるようになり、より識別しやすくなります。

タイムラインの日付列に、カスタム日付が日付バッジ (D) とともに表示されます。


スプリントの日付

この内容はスクラム チームにのみ適用されます。

課題がスプリントに割り当てられている場合、課題はスプリントの開始日と終了日に基づいてスケジュールできます。これらの日付は、日付フィールド セクションの課題にスプリントのバッジ (S) とともに表示されます。また、スプリントの開始日と終了日に基づいて、タイムラインにスケジュール バーが表示されます。

日付のない案件でスプリントの日付を使用する手順は、次のとおりです。

  1. [ロードマップ] タブから、[設定] > [スケジュール作成] に移動します。
  2. [日付] で、[Use sprint dates when issues don't have start and end dates (課題に開始日と終了日がない場合にスプリントの日付を使用する)] チェックボックスを選択します。


依存関係

ある課題を他の課題よりも先に完了しなければならない場合や、ある課題の進捗が他の課題の進捗に依存している場合、これは依存関係と呼ばれます。Advanced Roadmaps では、次の 2 種類を使用できます。

  • 依存元は、別の課題が完了するのを待ってからでないと作業を開始できません。
  • 依存先は、次の課題を開始する前に完了させる必要があります。

These can be further configured by your administrator. Learn how to configure dependencies on the Configure your Jira Software instance for Advanced Roadmaps page.

依存関係の設定は、Jira インスタンスのすべてのプランに適用されます。

連続依存関係および並行依存関係

依存課題を順番に処理するか、同時に処理するかを選択できます。Advanced Roadmaps ではこれらは連続または並行依存関係と呼ばれます。連続依存関係の場合、同時に処理できませんが、並行依存関係の場合は可能です。このことは、課題が手動でスケジュールされているか、自動でスケジュールされているかにかかわりません。

連続および並行依存関係を変更するには、次の手順を実行します。

  1. [ロードマップ] タブから、[設定] > [スケジュール作成] の順に移動します。
  2. [依存関係] で、連続依存関係または並行依存関係のいずれかを選択します。


自動スケジューラー

管理者権限を持つユーザーは、自動スケジューラーがどのフィールドを上書きする権限を持つかを設定できます。また、プランの空のフィールドのみを自動入力するか、すべてのフィールドを自動入力するかを設定できます。これらの設定は、管理者が [プランの表示] から [自動スケジュール] タブを選択すると使用できます。

スプリント、リリース、またはチームの値を持つ見積りを持たない課題は、自動スケジュール設定に関係なく上書きされません。

最終更新日 2021 年 9 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.