Confluence 5.9 アップグレード ノート

以下は、Confluence 5.9 へのアップグレード時の重要注意事項です。このリリースの新機能と改善点に関する詳細は、「Confluence 5.9 リリースノート」を参照してください。

バージョン番号に関する注意: 5.9 の最初の公開リリースは Confluence 5.9.1 です。Confluence 5.9.0 は内部リリースでした。 

アップグレード ノート

インフラストラクチャの変更

Atlassian プラグイン 4 や Soy 3 への移行など、Confluence 5.9 のインフラストラクチャへの重大なアップグレードがいくつかあります。詳細については「Confluence 5.9 アップグレード ノート」ページをご参照ください。

アップグレードする前に、マーケットプレイスのアドオンが Confluence 5.9 における使用をサポートしていることをご確認ください。

ダッシュボードの変更

このリリースの刷新されたダッシュボードでは、サイトで起こっていることを把握する、未完了の作業を再開するといったことが簡単にできます。

ダッシュボードのグローバル レイアウトをカスタマイズした場合は、新しいダッシュボードのカスタマイズ内容が大きく異なる場合があります。 

  • [ネットワーク] タブはダッシュボードから完全に削除されました。
  • ダッシュボード マクロ システム アドオンでモジュールを無効にしても、[人気] フィードを非表示にできなくなりました。
  • 管理者向けに表示される「はじめに」のヒントはなくなりました (グローバル レイアウト内の dashboard-get-started)。
  • system.dashboard.button に追加された Web アイテムは右上に引き続き表示されますが、アイコンなしで表示されます。さらに、アイテムの数によっては、省略記号のメニューとして折りたたまれる場合があります。
  • atl.dashboard.left に追加された Web パネルは、右側のサイトのウェルカム メッセージに表示されます。この場所は廃止されていて将来のリリースで削除される予定であるため、ダッシュボード レイアウトにコンテンツを引き続き追加する場合は atl.dashboard.secondary を代用する必要があります。

お気に入りスペースがマイ スペースになりました

これまであった [お気に入りスペース] 機能の名前が [マイ スペース] に変更されているほか、場所も新しいダッシュボードのサイドバーに移動したため簡単にアクセスできるようになりました。これは名前の変更だけで、機能の動作に変更はありません。一部のマクロ パラメーターなどで [お気に入りスペース] とリストされることがありますが、それらは同じものなので心配無用です。 

最新機能の変更

新着情報ダイアログ (アップグレード後に初めて Confluence にログインした時に表示されるダイアログ) が削除されました。新着情報はヘルプ メニューの下に引き続き表示されますが、今後はリリース ノートを参照します。この機能はカスタマイズできなくなりましたが、Confluence 新着情報システム アドオンを無効にすると、ヘルプ メニューの新着情報が非表示となります。

Confluence Data Center におけるインデックス用のディスク容量

バージョン 5.9 の Confluence Data Center は、検索インデックスのスナップショットを共有ホーム ディレクトリに書き込むことで、ディザスタ リカバリのデータ レプリケーション戦略を簡単に実装できるようにします。これらのインデックス スナップショットのため、インデックスには約 2 倍の容量が必要になります。

C3P0 をバージョン 0.9.5.1 にアップグレードしました

Confluence 5.9 で、C3P0 をバージョン 0.9.1.2 から 0.9.5.1 にアップグレードしました。

中止または廃止された機能

最新ステータス

Confluence エクスペリエンスを簡素化するため、Confluence 5.9 のステータスの更新機能を削除しました。これには次の機能が含まれます。

  • ステータスの更新
  • プロファイルまたはユーザーステータス一覧マクロを介して他のピープルのステータスを表示。

サイトにある任意のページでユーザー状態のリスト マクロを使用していると思われる場合は、アップグレードする前にこれらのマクロを削除することをお勧めします。アップグレード後、これらのマクロは「不明なマクロ」として表示されます。

このマクロを使用するページの検索方法...

This search will return all pages that contain a User Status List macro (hint: copy the text below into the search field in Confluence).

macroName:status-list

ファイル マクロの表示

Confluence 5.7 では、Office と PDF の各ドキュメントのアップロード、埋め込み、プレビュー、コメントを可能にする、素晴らしい新しいファイル エクスペリエンスを導入しました。

パフォーマンスを向上させて Confluence を使いやすくするための取り組みの一環として、古い「ファイルを表示」マクロ (Office Word、Office PowerPoint、Office Excel、PDF) の正式な廃止が決定しました。このマクロは Confluence 5.9 で引き続き利用できますが、今後のリリースで削除される予定です。 

詳細についてはお知らせをご参照ください。

ドキュメント用テーマ

以前の発表でお知らせしたように、Confluence 6.0 ではドキュメント テーマを削除する予定です。 

アトラシアンでは、多くのカスタマーがサイドバーにページ ツリーを配置することを好むために、ドキュメント用テーマを使用していることを理解しています。これは、複数のリリースの既定のテーマで利用可能になっております。また、既定のテーマにはサイドバーのショートカット、JIRA リンク、表見出しの固定などの優れた機能もあります。 

一部のドキュメント テーマ機能はなくなると困ることがわかっていたため、このリリースでは次を追加する機能を用意しています。

  • ヘッダーおよびフッターの追加
  • サイドバーへのカスタムコンテンツの追加

これらのフィールドは wiki マークアップを引き続き使用するため、既存の wiki マークアップをドキュメンテーション テーマからデフォルトのテーマに直接ドロップできます。

今すぐに行う必要があることは何もありませんが、使用中のスペースで既定のテーマを試すことを強く推奨します。テーマの切り替えをサポートするため、既定テーマをオンにする方法、テーマを使用しているスペースを見つける方法、ドキュメント テーマがサイト全体のグローバル テーマの場合にするべきことなど、すべてを記載したステップ バイ ステップ ガイドを用意しました。 

サポート終了のお知らせ

  • Internet Explorer 9 のサポート終了
    以前お知らせしたように、このリリース以降、Internet Explorer 9 はサポートされません。 
  • オラクル 11.1 と 11.2 のサポート終了
    以前お知らせしたように、このリリースから Oracle 11.1 と 11.2 はサポートされなくなります。
  • Microsoft SQL 2008 のサポート終了
    以前お知らせしたように、このリリース以降は Microsoft SQL 2008 はサポートされません。

詳細については「Confluence のサポート終了のお知らせ」をご参照ください。また、Confluence 5.9 のサポートされているプラットフォームをご確認ください。

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Confluence のバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. > [一般設定] > [サポート ツール] > [ヘルス チェック] の順に移動して、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベース設定などを確認します。
  2. アップグレードする前に、インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、データベースをバックアップすることを強くお勧めします。
  3. ご利用の Confluence のバージョンが 5.8 より前の場合は、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリース ノートとアップグレード ガイドお読みください。
  4. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  5. アップグレード ガイド」の手順に従います。

既知の問題

  • 新しいキャンバス ボード マクロは挿入できません CONF-40011 - 課題詳細を表示... ステータスをご参照ください。このサードパーティ アドオンを使用する場合は、Confluence 5.9 にアップグレードする前に、この問題が解決するまで待つことをお勧めします。

  • パフォーマンスの問題が Crowd 2.7.x と Confluence 5.9 で報告されています。Crowd でユーザーを管理する場合は、最新バージョンにアップグレードすることをお勧めします。 

既知の問題のチェックとConfluenceアップグレードのトラブルシューティング

Confluence インストールのアップグレードに必要な手順が完了したら、「Confluence のアップグレード後のチェックリスト」のすべての項目を確認し、すべてが期待どおりに動作していることを確認します。適切に動作していないところがあれば、既知の Confluence の問題を確認し、以下に記載されているアップグレードのトラブルシューティングを試してください。

  • 既知の問題を確認してください。Confluence のリリース後にその最新バージョンで問題が見つかる場合があります。そのような場合、既知の問題に関する情報を Confluence ナレッジベースで公開します。
  • コミュニティで回答を確認してください。他のユーザーに同じ問題が発生している可能性があります。Atlassian Answers のコミュニティから回答を確認することができます。
  • Confluence のアップグレード中に問題が発生しましたか?Confluence ナレッジベースで、アップグレードのトラブルシューティングを行うガイドを参照してください。

  • アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。
最終更新日 2017 年 6 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.