メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

Application links are the connections that support most of the integrations between Atlassian server applications. Read more about using your Atlassian tools together at Streamline software development with Atlassian tools.

If you're just wanting to set up an application link see Link Atlassian applications to work together.


 1. 最近環境内で何かを移動または変更させましたか?

環境 (リバース プロキシ、物理サーバー、URL など) を変更した場合は、万が一に備え、リンクを再度作成するのが最適です。アプリケーションリンクを再度作成してもデータは削除されません。アプリケーションリンクを活用する既存のマクロ、プラグイン、ページは、アプリケーションリンクが再度作成され次第動作し始めます。

リンクを再度作成すると、ユーザー全員が強制的に再度ログインする必要があります。

 2. 最近アプリケーションをアップグレードしましたか?
最近のアップグレード後にアプリケーション リンクが動作しなくなった場合、アプリケーションの server.xml ファイルへのカスタマイズが上書きされた可能性があります。カスタム変更にはリバース プロキシ構成や HTTPS 構成が含まれる場合があります。アップグレード後の server.xml ファイルがアップグレード前の server.xml に一致するかどうかを確認します。
 クリックして server.xml ファイルの場所を確認...

server.xml ファイルの場所は、ご利用のアプリケーション、オペレーティング システム、およびインストール先に応じて異なります。 

アトラシアン アプリケーションで共通の既定のインストール先は、次のとおりです。

  • Linux: /opt/atlassian/<application-name>
  • Windows: C:\Program Files\Atlassian\<application-name>
  • Windows: C:\Atlassian\<application-name>

アトラシアン アプリケーションのフォルダ構造内の場所:

アプリケーションserver.xml の場所
Bamboo<install-path>/conf/
Confluence<install-path>/conf/
Crowd<install-path>/apache-tomcat/conf/
CrucibleFisheye と同様
FisheyeThe Fisheye configuration file is config.xml, see Configuring the Fisheye web server and How to enable Fisheye/Crucible to listen to web requests on additional ports.
Jira アプリケーション<install-path>/conf/
Bitbucket Server 5.0

なし。<Bitbucket home directory>/shared/bitbucket.properties に置き換えられています。

bitbucket.properties への server.xml のカスタマイズの移行」を参照してください。

Bitbucket Server 4.0 〜 4.14<Bitbucket home directory> /shared/server.xml
Stash 3.8 〜 3.11

<Stash home directory>/shared/

このリリースを利用しているが、上述のディレクトリに server.xml が存在しない場合、<install-path>/conf/server.xml から実行しています。

インスタンスのアップグレード時の考慮事項をへらすため、<install-path>/conf/server.xml<Stash home directory>/shared/ にコピーすることをおすすめします。


Stash 3.7 以前<install-path>/conf/

<install-path> は、システムでのアプリケーションのインストール先です。

 

 3. Atlassian Cloud アプリケーションにリンクしていますか?

If an application involved in your application link is hosted on Atlassian Cloud, there are a couple of considerations. Your local server must use a valid SSL certificate, and it must be accessible on port 80 or 443. For more information, see this Cloud documentation.

If you have a internet-facing firewall, make sure to allow the IP range used by Atlassian to reach your internal network. For up-to-date information on that, see Atlassian cloud IP ranges and domains.

 4. アプリケーション間に双方向のアプリケーションリンクを作成しましたか?

Full integration between Atlassian applications, such as Bitbucket Server and Jira Software, requires a reciprocal (two-way) application link between the applications.

アプリケーションリンクの両側で同じ認証モードを使用する必要があります。アトラシアンは OAuth 認証のみを推奨しています。

アプリケーションリンクの作成時に完全な統合を実現するには、チェックボックスをオンにし、このサーバーに戻るリンク... も作成し、リモート アプリケーションの管理者認証資格情報を入力してから、認証を構成するユーザーベースのシナリオを選択する必要があります。

アプリケーションリンクを既に双方向で作成済みだと思う場合は、次の方法で確認できます。

  1. ローカル アプリケーションで、管理 > アプリケーションリンクに移動し、リモート アプリケーションのアプリケーションリンク エントリがあることを確認します。
  2. リモート アプリケーションで管理 > アプリケーションリンクへ移動し、ローカルのアプリケーションへ戻るアプリケーションリンク エントリがあることを確認します。

See our instructions for how to create an application link at Link Atlassian applications to work together.

 5. お使いのローカル アプリケーションおよびリモート アプリケーションはネットワーク上でお互いを見ることができますか?

お使いのローカルおよびリモート アプリケーションがネットワークで通信できない場合は、ネットワーク エラーで「アプリケーションリンクの設定」ページのリンクをご確認ください。

Refer to our Network and connectivity troubleshooting guide for detailed information about how to diagnose and fix connection problems.

 6. アプリケーションリンクはお使いのネットワーク トポロジー用に正しく設定されていますか?

アプリケーションリンクの設定は、ネットワークにファイアウォール、リバース プロキシ、ロード バランサーやその他のネットワーク デバイスやサービスが含まれるかどうかによって異なります。

特に、アプリケーションリンクに使用するアプリケーション URL は、リモート アプリケーションへのアクセスに使用する URL にする必要があります。

詳細はこれらのページを参照してください。

 7. アプリケーションリンクは正しく認証されていますか?

アプリケーションリンクに OAuth 認証を使用する必要があります。アトラシアンは基本 HTTP 認証や信頼済みアプリケーション認証の使用を推奨しなくなりました。

さらに、アプリケーションリンクの両側で、同じ認証設定を使用する必要があります。

OAuth authentication is set by default for newly created application links, but you can modify an existing application link to use OAuth.

確認方法: 

  1. ローカル アプリケーションで、管理 > アプリケーションリンクをクリックします。
  2. アプリケーションリンクの編集をクリックします。アプリケーションリンクの受信認証および送信認証タブでOAuth 設定を確認します。
  3. リモート アプリケーションで、管理 > アプリケーションリンクをクリックします。
  4. もう一度、アプリケーションリンクの編集をクリックします。アプリケーションリンクの受信認証および送信認証タブでOAuth 設定を確認します。送信認証タブの設定が、ローカル アプリケーションの受信認証設定と一致していることを確認します (およびその逆も確認します)。

Refer to our OAuth Troubleshooting Guide for detailed information about how to diagnose and fix OAuth problems.

 8. アプリケーションリンクを設定した後も、ユーザーはログインするよう求められますか?

このシナリオは、アプリケーションリンクが使用する認証で、2 つのアプリケーションが完全に互いを信頼していない場合に発生します。次の方法で修正できます。

  1. ユーザーに認証を求めるアプリケーションで、アプリケーション リンクの送信構成設定タブを、2-Legged OAuth 認証を許可するよう変更します。
  2. ユーザーが接続しようとしているアプリケーションで、アプリケーション リンクの受信構成設定タブを、2-Legged OAuth 認証を許可するよう変更します。

See Link Atlassian applications to work together for more information.

 9. サーバーは同期されていますか?

サーバーが同期されていない場合、認証に失敗する可能性があります。

  • Is the time and date significantly different between each machine? Consider using a Network Time Server to ensure all machines are in synchronization.
  • 各マシンは、マシン所在地のタイム ゾーンを把握していますか?タイム ゾーンが無効な場合、OAuth 認証中に問題が発生する場合があります。

Refer to our OAuth Troubleshooting Guide for detailed information.

 10. アプリケーション リンクで偽装を使用する必要がありますか?

2-Legged OAuth with Impersonation (2LOi) is recommended when you require an application to use impersonation (such as Jira Service Desk); or when you wish to avoid the confirmation prompts when accessing information across applications.

偽装を有効にする必要があります。

  • 各アプリケーション間のユーザー ベースが同一の場合。
  • When using applications that require impersonation, such as Jira Service Desk.

See OAuth security for application links for more information.

 11. ローカルおよびリモート アプリケーションはセキュア (HTTPS) 接続経由で通信していますか?
Refer to our SSL and application link troubleshooting guide for detailed information about how to diagnose and fix SSL problems with application links.
 12. エラー メッセージのログを確認しましたか?

アトラシアン サーバー製品は Java アプリケーションで、Tomcat アプリケーション サーバーがバンドルされています。アプリケーションと Tomcat の両方でログが作成されます。このログは、アプリケーションリンクの問題を診断するのに役立ちます。

 クリックしてログの場所を確認する...

ロギング構成アプリケーション ログTomcat Web サーバーログ
Bamboo <Bamboo installation directory> /logs  
Bitbucket Server / Stash

<Bitbucket home directory>/log

<Stash home directory>/log

<Bitbucket Server installation directory>/logs

<Stash installation directory>/logs

Confluence <Confluence home directory>/logs <Confluence installation directory >/logs
Crowd <Crowd home directory>/logs <Crowd installation directory>/apache-tomcat/logs
Crucible <Crucible installation  directory>/var/log/  
Fisheye <FishEye installation  directory>/var/log/  
Jira アプリケーション <JIRA application home directory>/log <JIRA application installation directory>/logs

より詳細なログを取得するには、アプリケーションで DEBUG レベルのロギングを有効にすることをご検討ください。DEBUG はすべてのスタック トレースを追加し、HTTP 応答のメッセージを含みます。

ログのエラー メッセージを使用して、次のうちいずれかのページの問題に関する解決策を見つけることができます。

 13. 最後に、リンクを再度作成します...

リンクを再作成することで、問題のトラブルシューティング中に行った構成の変更を、アプリケーション リンクが使用していることを確認します。

注: アプリケーションリンクの削除や変更は、非破壊的プロセスです。既存のマクロやガジェットは、リンクが正しく再作成されると動作を再開します。アプリケーション リンクを削除しても内容は削除されません。

ただし、以下に注意してください。

  • アプリケーション リンクを再度作成すると、ユーザー全員が再ログインを強制されます。
  • If your instance has Project Links defined, these will be deleted along with the application link. They must be recreated after the application link has been recreated.

See Delete an application link for instructions.

See Link Atlassian applications to work together for instructions.

 

アトラシアン製品の「アプリケーションリンクの構成」画面は、アプリケーションリンクで発生する可能性がある次のネットワークと接続の問題に対する診断を提供します。

上記のリンクに従い、これらの接続の問題を解決するための診断や具体的な操作をご確認ください。

Otherwise, see our Network and connectivity troubleshooting guide for general solutions or see the error messages related to network and connection problems.

 

アトラシアン製品の「アプリケーション リンクの構成」画面は、アプリケーション リンクで発生した次の OAuth の問題に対する診断を提供します。

上記のリンクに従い、これらの OAuth の問題を解決するための診断や具体的な操作をご確認ください。

Otherwise, see our OAuth troubleshooting guide for general solutions or see the error messages related to OAuth problems.


アトラシアン製品の「アプリケーション リンクの構成」画面は、アプリケーション リンクで発生した次の SSL の問題に対する診断を提供します。

上記のリンクに従い、これらの SSL の問題を解決する診断や具体的な操作をご確認ください。

Otherwise, see our SSL and application link troubleshooting guide for general solutions or see the error messages related to SSL problems.

  • ラベルなし