データを領域に移動

データ レジデンシーの管理

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robotsnoindex
robotsnoindex

特定の領域に移動してピン留めすることができるのは、Jira Software、Jira Service Management、Enterprise プランの Confluence のみです。今年後半には、Jira Software、Jira Service Management、Standard プランまたは Premium プランの Confluence でも、領域を移動してピン留めできるようになります。Standard プランと Premium プランのデータ レジデンシーについての詳細を確認し、アップデートにサインアップする

データ レジデンシーを使用すると、スコープ内の製品のコンテンツを EU、米国、グローバル領域にホストすることができます。領域移動とは、地理的な境界線内で製品コンテンツを再配置し、ピン留めするプロセスです。移動をリクエストする前に、領域移動の際の動作、製品への影響について確認しておくことをお勧めします。

領域移動の際の動作を確認する

製品のダウンタイムが発生する

一般的には、領域移動には 2 ~ 4 時間程度の時間がかかります。これは、製品コンテンツのサイズやタイプなど、さまざまな要素によって異なります。移動のリクエストは、少なくとも 3 営業日前までに行うことをお勧めします。ダウンタイム中は、製品がオフラインになり、アクセスできません。

製品が再びオンラインになった場合も、検索機能が完全に動作するまでに最大 20 分かかることがあります。

ユーザーが Confluence ページを編集モードで開いていおり、領域移動中に変更を行った場合、変更内容は保存されません

共有 URL に関連付けられた Jira 製品もピン留めされます

Jira Cloud 製品ファミリーは Jira プラットフォームの上に構築されています。つまり、Jira Software Enterprise 製品のコンテンツを別の領域に移動すると、同じサイト URL を共有する Jira Service Management と Jira Core 製品のコンテンツも移動します。Jira Software Enterprise を移動すると、この URL に関連付けられているすべてのプランの Jira 製品が移動され、ダウンタイムが発生します。移動が完了すると、同じ URL に関連付けられているすべての Jira 製品に PINNED (ピン留め) ステータスが表示されます。

Jira Service Management でダウンタイムが発生している間も、Jira プラットフォームの一部ではないため、ユーザーは Opsgenie が提供する機能にアクセスできます。


サンドボックスはリンクされた製品とともに移動しない

すでに製品が領域にピン留めされていて、その URL にリンクされたサンドボックスを作成した場合、そのサンドボックスは自動的に製品の領域にピン留めされます。ただし、領域を移動し、製品の URL にリンクされているサンドボックスも同じ領域にする場合は、別途移動をリクエストする必要があります。Jira Cloud サンドボックスは Jira プラットフォーム上に構築されていますが、リンクされた本番環境と一緒に移動することはありません。Jira Software サンドボックスを移動する場合、本番環境と同じ理由で、すべての Jira Cloud サンドボックスにダウンタイムが発生します。サンドボックスの詳細

製品コンテンツの移動の仕組み

選択した領域にコピーを作成し、領域が一致していることを確認したあと、ソースのコンテンツを削除して、製品コンテンツを移動させます。ソースのコンテンツの削除は、製品コンテンツが選択した領域にあることを確認したあとにのみ実行されます。

製品が領域を移動すると、すべてのファイルは元々アップロードされていたページやチケットに添付されたままになりますが、製品内のメディア ピッカーのポップアップには表示されなくなります。新しい製品内通知はすべて宛先領域にピン留めされ、古い製品内通知は最大 30 日間元の領域にピン留めされます。

領域移動をリクエストする

領域へのデータの移動をリクエストすると、サポート チケットが作成されます。サポート チケットは、[データ レジデンシー] ページのビュー チケット リンクからフォローすることができます。フォローすると、Jira Service Management チケットに移動します。Atlassian アカウント情報で Jira Service Management にログインします。Atlassian アカウントの詳細

製品コンテンツの移動をリクエストするには、

  1. admin.atlassian.com で組織の名前を選択し、組織の 管理概要にアクセスします。

  2. [セキュリティ] > [データ レジデンシー] に移動します。

  3. データ レジデンシーの表で、[Request move (移動をリクエスト)] を選択します。

リクエスト ワークフローでは、移動先の領域と移動の希望日時を選択します。移動をリクエストすると、[場所] 列の下に移動スケジュール済みのステータス バッジが表示されます。

チケットが作成され、チケットの詳細を記載した確認メールが送信されます。このチケットの作成には数分かかることがあります。[View ticket (チケットを表示)] リンクが表示されない場合は、ページを更新してみてください。

現在、移動のステータスをデータ レジデンシー ページで自動表示するシステムに取り組んでいますが、それまでは必要に応じてチケットを通じてステータスの更新をお知らせします。また、領域移動に別の日時を予定する必要がある場合には、連絡を差し上げます。

領域移動についてご質問がある場合は、チケットにコメントしてください。Atlassian エンタープライズ サポートでサポート リクエストを登録します。

領域移動をキャンセルする

現在のところ、移動をキャンセルできるのは、移動が開始される前までですこの操作はすぐに実行されるわけではなく、キャンセルを確認する通知があります。

領域移動をキャンセルするには、

  1. admin.atlassian.com で組織の名前を選択し、組織の 管理概要にアクセスします。

  2. [セキュリティ] > [データ レジデンシー] に移動します。

  3. データ レジデンシーの表で、[操作] で [Cancel move (移動をキャンセル)] を選択します。

  4. [Cancel move (移動をキャンセル)] を選択すると、自動ステータス チケットに移動します。領域移動をキャンセルする場合はチケットにコメントします。


Last modified on Mar 2, 2021

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.