組織の Okta アカウントを作成する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

アイデンティティ プロバイダーは、クラウド製品の全従業員のユーザー ID を管理できる 1 つのシステムを提供します。貴社が現在 Active Directory でユーザーを管理している場合、アイデンティティ プロバイダーでユーザー ID をそれぞれの Atlassian アカウントと同期させることもできます。

アイデンティティ プロバイダーを利用していない場合、Okta (一般的なサードパーティのアイデンティティ プロバイダー) に簡単にサインアップして、アトラシアンのクラウド製品に自動的に接続できます。Okta アカウントをお持ちの場合は、Atlassian 組織に対して SAML シングル サインオンユーザー プロビジョニングを有効にすることができます。

自身のアトラシアン組織から Okta アカウントを作成する場合、本番環境に対応したアイデンティティ プロバイダーを無料で利用できます。アトラシアン以外の製品に接続する場合にのみ Okta アカウントの料金を支払う必要があります。Okta Cloud Connect の詳細についてはOkta の Web サイトで詳細をご覧ください。

無料の Okta アカウントを作成するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com で、自身の組織で、[ディレクトリ] > [ユーザー プロビジョニング] または [セキュリティ] > [SAML シングル サインオン] に移動します。

  2. 右上の [アイデンティティ プロバイダーがない場合] パネルから、[無料の Okta アカウントに登録する] をクリックします。

  3. Okta Cloud Connect 画面で、フォームにお客様の情報を入力してから、[Create your free Okta account] ボタンをクリックします。

アカウントが正常に作成されると、画面に "We created your Okta account" と表示されます。そこから Okta に直接ログインしてアカウントを管理できます。

Active Directory をお持ちの場合、次に Okta Active Directory エージェントをインストールし、Active Directory ユーザーとグループを Okta にインポートします。Okta Active Directory エージェントの設定方法をご覧ください。

最終更新日: 2019 年 9 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.