クリーンアップ ガイド

ビジネス クリティカルなアプリケーションの速度が低下し、パフォーマンスの課題が発生した場合、無関係の検索結果が表示され、JQL クエリは想定外の結果を返し、カスタム フィールドの迷路にはまったようだと、チームから苦情が出始めたら、サイトをクリーンアップする必要があるサインです。

パフォーマンスの問題に対する一般的な解決策は、より強力なハードウェアに投資するか、クラスターにノードを追加することです。インスタンスで重い操作を実行している場合や負荷が高い場合を除き、より強力なハードウェアの導入によって解決されるのは問題の原因ではなく症状であるため、最適なオプションではない可能性があります。サイトで何が起こっているのかを定期的に確認し、クリーンアップを行う方が良いえしょう。そして、これが、パフォーマンス評価の出発点でなければなりません。

徹底的なクリーンアップの結果、追加のハードウェア投資は不要であることが判明する可能性があります。また、チームは、Jira、Confluece、または Bitbucket の方が使いやすく、必要なものをすばやく見つけることができ、生産性が高いと感じているかもしれません。


クリーンアップを Jira 保守ルーチンの一部にしてください。頻繁にクリーンアップを行う方が、長い間隔で行うよりも時間を節約できる傾向があります。
クリーンアップ前クリーンアップ後
  • クラッター
  • パフォーマンスの問題
  • 想定外の検索結果
  • 不要なカスタム フィールド (Jira)
  • 生産性の高いチーム
  • より速いクエリと関連性の高い検索結果
  • パフォーマンスが向上したより小規模なインスタンス 
  • チームの満足

インスタンス クリーンアップ プロセス

準備

および

優先付け

このプロセスこのプロセスでは、インスタンスを確認し、クリーンアップする領域を決定

この段階では、すぐに成果を出す方法、チームとのコミュニケーション、ベースラインの確立について決定します。

識別

および

クリーンアップ

このプロセスでは、クリーンアップするエンティティを特定し、クリーンアップ アクティビティを実行します。

この段階では、クリーンアップに必要なものを決定し、四半期および年次クリーンアップ アクティビティについて学習します。

自動化

および

改善点

このプロセスでは、手順とプロセスを刷新します。ここで、クリーンアップ アクティビティの所要時間を短縮するために、自動化できる項目も把握できます。

この段階では、プロセスを確認し、チームとの刷新作業に時間を費やします。また、データ保守計画を準備する必要があります。

この段階を完了する方法についてはこちら...

Jira でこの段階を完了する方法についてはこちら...

Confluence でこの段階を完了する方法についてはこちら...

Bitbucket Server でこの段階を完了する方法についてはこちら...

この段階を完了する方法についてはこちら...

クリーンアップに関する考慮事項

これはアプリケーションによって異なります。 

Jira

それは、データベース内のデータ量と Lucene インデックスのサイズです。そのため、インデックス作成が数日ではなく数分で済むように、インデックスを小さく保つことが最重要になります。Jira におけるインデックス作成に時間がかかるのにはいくつかの原因があるかもしれません。古いプロジェクト、クローズ済みの課題、大量のカスタム フィールド、未使用のワークフロー - これらはすべて Jira とそのインデックス作成時間に影響します。それらを管理すると、事態が改善されます。

他にも考えられる原因があります。未使用のプロジェクト、忘れられた課題、未確認のユーザー ベースが多くある場合、その情報がすべて、検索結果、ピッカー、ブラウザに表示される傾向があります。これにより、チームの生産性が低下し、手元にあるはずのデータを探し回って時間を無駄してフラストレーションが溜まります。

Confluence

Confluence には、主に 2 種類のクラッターがあります。1 つは、長い期間をかけて蓄積されてきたプロジェクトとチームのためのスペースといった廃止済みのコンテンツです。もう 1 つは、コンテンツが繰り返し編集される中で時間をかけて積み上げられたページ、ブログ投稿、添付ファイルの以前のバージョンといった過去のデータです。 

前者のコンテンツによって、検索結果に古いコンテンツが溢れ、チームにとって適切なコンテンツを見つけるのが難しくなります。後者のクラッターは、データベース、インデックス、および (添付ファイルの場合) ディスク容量の大きさに影響します。これらはすべて Confluence のパフォーマンスに影響を与える可能性があります。 

Bitbucket

Bitbucket の同じインスタンスを長期間使用すると、データが増えて古くなり、クラッターが増え、ユーザーが適切な情報を見つけることがより困難になります。 

クリーンアップが必要なインスタンスはどれか

各インスタンスには時々多少の掃除が必要ですが、インスタンスが大きくなり、成長が速くなるほど、より頻繁で徹底したクリーンアップが必要になります。より強力なハードウェアに投資することで大規模なインスタンスのパフォーマンスの問題を解決できますが (これは短期的な解決策であることがわかりますが)、大規模なインスタンスの場合にはより困難でコストがかかります。そのため、定期的なクリーンアップは、通常のインスタンス保守の一部として扱う必要があります。

また、重要なのは、最初のクリーンアップの後に、確実なデータ保守ポリシーを構築する必要があることです。このようなポリシーを適用すると、以降のクリーンアップはより所要時間が短く、より簡単になります。このようなプロセスの作成方法のヒントについては、以下の「観測とデータ管理プロセス」を参照してください。

クリーンアップには毎回時間がかかるか

通常、最初のクリーンアップには時間と労力の投資が必要です。しかし、保守の一部であり、強力なデータ保守ポリシーを伴う通常のタスクになってしまえば、所要時間が短くなり、それほど労力がかからなくなります。そのため、インスタンスだけでなくデータの徹底的なレビューが必要なタスクとして、グローバルな方法でクリーンアップを検討することをお勧めします。管理プロセスとポリシー

クリーンアップの目標

クリーンアップは、パフォーマンスだけでなく、チームの生産性を高め、使用するツールに対する信頼を取り戻す作業です。多くの場合、クラッターが発生し、構成に問題があると、アプリケーションを十分に活用できず、ユーザーは目標を達成できず、膨大なデータから必要なものを見つけることに時間がかかるため、不満を抱きます。チーム メンバーに、Jira は役に立つが現在の構成では活用しきれないと伝えなければならないとすれば、クリーンアップが有効である可能性が高いです。すべてのクリーンアップ プロジェクトにおける 3 つの目標は、クラッターの削減、パフォーマンスの向上、チームの生産性の向上です。