Pipelines のビルド番号に新しい値を設定する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Pipelines のビルド番号の更新

You can use the Bitbucket REST API to set the Pipelines build number $BITBUCKET_BUILD_NUMBER to a higher value. You might want to do this if you are moving from another build tool where you already have built versions of your software with a higher build number.

手順

  1. Bitbucket にログインし、ユーザー メニューで [Bitbucket 設定] > [アプリ パスワード] の順に移動します。
  2. Pipelines の "edit variables" 権限を持つ新しいアプリ パスワードを作成します。新しいパスワードをクリップボードにコピーします。
  3. curl を使用して Pipelines build_number config API に PUT します。
curl -v -H 'Content-Type: application/json' -XPUT \
  -d '{ "next": 1000 }' \
  --user 'USERNAME:PASSWORD' \
  'https://api.bitbucket.org/2.0/repositories/USERNAME/REPONAME/pipelines_config/build_number'

この例で、次の情報を置き換えます。

  • 1000: を対象のビルド番号で置き換え
  • USERNAME: Bitbuket のユーザー名で置き換え (コマンド内に USERNAME は 2 つあることにご注意ください)
  • PASSWORD: 前述の手順で生成およびコピーしたアプリ パスワード
  • REPONAME: リポジトリの短縮名

正常に完了すると、Bitbucket が次のような応答を返します。

{"type": "pipeline_build_number", "next": 1000}

次に実行する Pipelines ビルドではこれがビルド番号として使用されます。

エラー応答

エラー応答には次のようなものがあります。

  • HTTP/1.1 401 Unauthorized – this comes back as an HTTP header if Bitbucket cannot identify your username. Make sure you update the command above to have the correct username in both the URL and --user parameter.
  • Your credentials lack one or more required privilege scopes – you need to ensure your app password has the permission to edit Pipelines variables.
  • An invalid field was found in the JSON payload – you need to ensure your JSON payload matches the format above, a single object with a next field with an integer value (type is optional).
  • The request body contains invalid properties - your build number is lower than existing builds in Pipelines.

制限事項

Bitbucket の web UI からビルド番号を更新することはできません。ビルド番号の変更は Bitbucket REST API 経由でのみ行うことができます。

ビルド番号を、リポジトリ内の既存のビルド結果よりも小さい値に設定することはできません。これは、現在 Pipelines ビルドを削除することができず、以降のビルドが既存のビルドと競合しないようにするためです。

 

最終更新日 2017 年 8 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.