スケジュールされたパイプライン

スケジュールされたパイプラインを使用すると、パイプラインを時間、日、または週単位で実行できます。

  • スケジュールされたパイプラインは、コミットや手動操作でトリガーされるあらゆるビルドに追加して実行できます。

Bitbucket Cloud リポジトリの bitbucket-pipelines.yml ファイルで定義したすべてのパイプラインに対してスケジュールを作成できます。

1. パイプラインの作成

bitbucket-pipelines.yml ファイルでカスタム パイプラインを定義する簡単な例を示します。

pipelines:
  custom: # Pipelines that can be scheduled or triggered manually
    staging: # The name that is displayed in the list in the Bitbucket Cloud GUI
      - step:
          script:
            - echo "Scheduled builds in Pipelines are awesome!"

カスタム パイプラインの詳細については、こちらをお読みください。

2. スケジュールの作成

次のように、パイプラインのスケジュールを作成します。

  1. Bitbucket のリポジトリに移動します。
  2. [パイプライン] > [スケジュール] (右上) の順に移動して [新規スケジュール] をクリックします。
  3. スケジュールを登録したいブランチパイプラインを選択します。
    • スケジュール実行は、ブランチの HEAD コミットを実行します。
    • 選択したブランチの bitbucket-pipelines.yml でパイプラインが定義されている必要があります。  
  4. スケジュールを設定します。
    • パイプラインの実行間隔を選択します (時間、日、または週単位)。
    • ご利用のタイムゾーンで時間を選択します。パイプラインは UTC 時刻でスケジュールされます (夏時間の影響は受けません)。
    • スケジュールされたパイプラインは、選択した期間内の任意のタイミングで実行されます。これは、その期間にスケジュールされたパイプラインのトリガーを分散させるためです。

スケジュールの削除

[パイプライン] > [スケジュール] (右上の) に移動して、リポジトリのすべてのスケジュールを確認します。

  • スケジュールの右側にあるゴミ箱アイコンを使用してスケジュールを削除します。
  • API を使用して作成されたスケジュールは、Cron 表現 (01015** など) で表示されます。
最終更新日 2018 年 1 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.