Jira スマート バリュー - 課題

スマート値が返す内容をテストするには、ログ アクション手動トリガーを使用すると、監査ログに結果が表示されます。

課題

アクティブな課題。ドット表記を通じて、課題タイプ、ステータス、カスタムの各フィールドにアクセスできます (これらによって Jira の REST API とやり取りする方法の詳細はこちらをご覧ください)。

{{issue.components.name}}
{{issue.created.format("dd/MM/yyyy")}} - this is the date the issue was created
displayed in the format 21/03/2019
{{issue.description}} - the content in the description field
{{issue.project}} - the project this issue is a part of.
{{issue.duedate}} - this is the due date for scheduled issue
{{issue.issuetype.name}} - the name of the type of issue
{{issue.key}} - the issue's unique identifier, comprised the project key and the
issue's number
{{issue.status.name}} - the name of the status the issue is at in its workflow.
{{issue.toUrl}} - use this to display a url
{{issue.CustomField.property}} - some of these are:
  * {{issue.CustomField.id}} - the unique id for the field assigned by Jira. It is
    better to use this than name as it cannot be changed.
  * {{issue.CustomField.name}} - the visible label displayed on the left of the
    field
  * {{issue.CustomField.description}} - the text displayed below the custom field
    viewed in the Simple Search column.
  * {{issue.CustomField.defaultValue}} - the value displayed on first view of the
    field

issues

JQL 検索を実行するトリガー (一括処理するように設定された受信 Webhook トリガー、またはスケジュールされたトリガー) によって生成された課題のリスト。トリガーによって検出されたすべての課題は、課題の単一バンドルとして扱われます。これによって返された課題を数えられます。たとえば、優先度が「最高」の課題を数えてアラートを送信できます。または、同じラベル、同じ fixVersion などを持つ課題を数えられます。さらに、これはリストでも使用できます。課題が利用可能となる時期の詳細については「課題に対してルールを一括で実行する」をご参照ください。

{{#issues}}{{key}}{{/}} - the key for each issue
{{issues.size}} - count of the issues

issue.comments

アクティブな課題に関する複数のコメント (この例はスマート値の使用方法に詳述)

{{#issue.comments}}
Comment by: {{author}} at: {{created}}
{{body}}
{{/}}

{{issue.comments.last.body}}
{{issue.comments.first.body}} - the body of the first of many comments
{{issue.comments.size}} - count of comments for the issue

{{#issue.comments}}{{#first}}First:{{author.key}}{{/}}{{body}}{{/}} - prints all of the comments and only prints the first author's key

issue.components

リストとしての課題のコンポーネント。「複数値フィールドへのアクセス」をご参照ください

{{issue.components.first.name}}

issue.epic

追加者: これは課題が追加されるたびに追加されます。

課題がエピックにある場合、epic はエピックの課題を参照します。エピックのすべてのフィールドにアクセスできます。

{{issue.epic.key}}
{{issue.epic.status.name}}
{{issue.epic.My Custom Field}}

issue.fixVersions

課題の修正バージョンのリスト。複数値フィールドにアクセス」をご参照ください
バージョンのプロパティには、名前、説明、アーカイブ済み、リリース済み、リリース日などが含まれます。

{{issue.fixVersions.first.releaseDate}}

issue.latest

課題の最新状態を Jira から再取得します。

{{issue.latest.description}}
tip/resting Created with Sketch.

ヒント

これは、課題データの負荷が高いリロードを必要とするため、使用すべきではありません。後続アクションが課題の最新ステータスを把握する必要がある状況でのみ使用してください (例: フィールド値の上書きではなく追加する必要がある [課題を編集] アクション 2 件)

issue.parent

この課題がサブタスクである場合、parent は親課題を参照します。親のすべてのフィールドにアクセスできます。

{{issue.parent.key}}
{{issue.parent.priority.name}}
{{issue.parent.Epic Link}}
{{issue.parent.epic.summary}}

issue.properties

ここで、任意の課題プロパティにアクセスできます。プロパティはアドオンや統合で値を保存するためによく使用されます。

{{issue.properties.some.value}}

issue.project

このスマート値によって、プロジェクト固有の属性にアクセスできます。

{{issue.project.key}}
{{issue.project.name}}

issue.Request Type

Jira Service Management 固有のリクエスト タイプ オブジェクト。このオブジェクトから情報を取得できます。

{{issue.Request Type}}
{{issue.Request Type.requestType.name}} - Customer request type
{{issue.Request Type.currentStatus.status}} - Current JSD status
{{issue.Customer Request Type}} - Customer request type for older Jira instances

「リクエスト タイプ」のプレフィックスは、
Jira の旧式インスタンスでは「顧客リクエスト タイプ」である可能性があります。これを確認するには、グローバル管理セクションの [カスタム フィールド] ページに移動します。
そこには「リクエスト タイプ」または「顧客リクエスト タイプ」という名前のロックされたフィールドがあります。

issue.security.name

セキュリティ レベルのテキストです。

{{issue.security.name}}
{{issue.security.id}}

issue.url

課題にアクセスするための URL。Jira Service Management の課題用のカスタマー ポータル URL も提供します。

{{issue.url}}
{{issue.url.customer}}

issue.versions

課題の影響を受けたバージョンのリスト。複数値フィールドにアクセス」をご参照ください
バージョンのプロパティには、名前、説明、アーカイブ済み、リリース済み、リリース日などが含まれます。

{{issue.versions.first.releaseDate}}

issue.watchers

課題の現在のウォッチャーにアクセスします。

{{issue.watchers.displayName}}
{{issue.watchers.emailAddress}}

triggerIssue

追加者: [関連する課題] アクション。

チェーンのブランチを作成する際に元の課題を参照します。

{{triggerIssue.description}}

... {{issue}} で利用できるすべてのフィールドもここで使用できます

添付ファイル

  • filename {{attachment.filetype}}: 添付ファイルのファイル名
  • mimeType {{attachment.mimeType}}: 添付ファイルのファイル フォーマット。
  • author {{attachment.author}}: 添付ファイルを追加したユーザー。
    • accountId {{attachment.author.accountId}}: ユーザー名に関連付けられた ID
    • emailAddress {{attachment.author.emailAddress}}: ユーザー名に関連付けられたメール アドレス
    • displayName {{attachment.author.displayName}}: Jira インスタンスに表示される名前
    • active {{attachment.author.active}}: ユーザーがアクティブ ユーザーか、またはアカウントが非アクティブ化されているか
    • timeZone {{attachment.author.timeZone}}: ユーザーが登録されているタイムゾーン (ユーザーのログイン場所に基づいた動的な変化はせず、ユーザー アカウントに登録されているタイムゾーンです)。
  • created {{attachment.created}}: 添付ファイルが課題に追加された日時
  • size {{attachment.size}}: 添付ファイルのサイズ (バイト)

ベース URL

Jira インスタンスの URL を出力します。

変更履歴

追加者: 課題を編集する Jira トリガー

変更されたすべてのフィールド。各フィールドは変更のリストです。トランジション中に以前のステータスなどのデータにアクセスできます。

  • これは一部のトリガーでのみ利用可能です。

{{#changelog.summary}}
  {{toString}}
{{/}}
{{#changelog.issuetype}}
  {{fromString}}
{{/}}
// Previous status name
{{#changelog.status}}{{fromString}}{{/}}
// Previous status id (for using in another Edit action
{{#changelog.status}}{{from}}{{/}}

comment

追加者: コメントを含む Jira トリガー (例: 課題のコメント時)

{{comment.body}}
{{comment.author}}
{{comment.created}}
{{comment.visibility.type}} - comment restriction type, if any e.g. role
{{comment.visibility.value}} - comment restriction label, if any  e.g. Developers 
{{comment.internal}} - for Jira Service Management comments, returns false if the comment is visible to customers.
{{comment.properties}} - Way to access any comment property. Properties are frequently used by add-ons and integrations to store values.
{{comment.properties."sd.public.comment".internal}}

createdIssue

このルールで作成された過去の課題

{{createdIssue.some field}}

createdIssues

追加者: [課題のクローンを作成]、[課題を作成]、[サブタスクを作成] の各アクション

ルールで作成された課題のリスト

{{#createdIssues}}{{key}}{{/}}

eventType

ルールをトリガーしたイベントのタイプ (例: jira:issue_updated :issue_commented)

{{eventType}}

fieldChange

スマート値がサポートされる場所であれば、{{fieldChange}} 置換によって変更後のフィールド値を利用できます。{{fieldChange.fromString}}{{fieldChange.toString}} によって表示値にアクセスして、{{fieldChange.from}}{{fieldChange.to}} によって (選択フィールドなどの) 未処理の値にアクセスします。

{{fieldChange}} には最初に変更された値のみが含まれます。(複数の修正バージョンを設定する際など) 複数の値が変更された場合は、{{#changelog.fixVersion}}{{toString}}{{/changelog.fixVersion}} 表現によってこれらを反復処理します。

Jira Service Management の顧客満足度

レート

Jira Service Management のレート カスタム フィールドの値を返します。

{{issue.Satisfaction.rate}}


規模

Jira Service Management のスケール カスタム フィールドの値を返します。

{{issue.Satisfaction.scale}}

ルール

{{rule.name}} - Prints out the name of the running rule
{{rule.actor}} - Accesses the rule actor user.

sprint

追加方法: スプリント作成、開始、完了の各トリガー

{{sprint.id}}
{{sprint.name}}
{{sprint.isStarted}}
{{sprint.isClosed}}
{{sprint.startDate}}
{{sprint.endDate}}
{{sprint.completeDate}}
{{sprint.originBoardId}}
{{sprint.goal}}

VERSION (バージョン)

Jira でのリリース/バージョンを表します。

{{version.name}}
{{version.id}}
{{version.description}}
{{version.archived}}
{{version.startDate}}
{{version.released}}
{{version.releaseDate}}
{{version.project.key}}
{{issue.versions.first.name}}

webhookData

追加者: Webhook トリガー
これによって、受信 Webhook と一緒に送信されたデータにアクセスできます。
Webhook リクエストの本文

{{webhookData.someValue.childValue}}

webhookResponse

追加者: Web リクエストを送信 (応答待ちが有効)
リクエストが成功すると、次のスマート値によって Webhook レスポンス データにアクセスできます

{{webhookResponse.status}} - response code e.g. 200
{{webhookResponse.headers}} - headers that can be accessed with dot nation
{{webhookResponse.headers.Content-Type}}
{{webhookResponse.body}} - body that can be accessed with dot nation
{{webhookResponse.body.name}}
{{webhookResponses}} - list of responses made when list operations
{{webhookResponses.last.body}}

次のフィールドによって複数の応答にアクセスできます。

{{webhookResponses.last.someValue.childValue}}
{{#webhookResponses}}
    Data from response: {{someValue.childValue}}
{{/}}

作業ログ

追加者: 作業ログ トリガー
課題に対してログに記録されたばかりの作業ログ エントリ。

{{worklog.comment}}
{{worklog.started}}
{{worklog.timeSpentSeconds}}
// Cloud only
{{worklog.timeSpent}}
// Visibility is available when the worklog is restricted
{{worklog.visibility}}
{{worklog.visibility.type}}
{{worklog.visibility.value}}

インサイト フィールド

tip/resting Created with Sketch.

ヒント

現在、Insight オブジェクト内にあるフィールドへのアクセスはサポート対象外です。

インサイト フィールドのフルネーム、キー、要約には、次のスマート値によってアクセスできます。

{{issue.InsightField}}          // returns Some Client Name (ABC-123)
{{issue.InsightField.key}}      // returns ABC-123
{{issue.InsightField.summary}}  // returns Some Client Name

Tempo Account フィールド

TEMPO アカウント フィールドのプロパティには、次のスマート値によってアクセスできます。

{{issue.TempoAccountField}}       // Provides the name of the account
{{issue.TempoAccountField.id}}    // Provides the ID of the account
{{issue.TempoAccountField.name}}  // Provides the name of the account
{{issue.TempoAccountField.key}}   // Provides the key of the account
最終更新日 2022 年 11 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.