Jira スマート バリュー - 数式

以下のスマート バリューを使って、ルール設定時に数値を挿入してフォーマットできます。

数式を使用するには {{#=}} を使用する必要があります。

{{#=}}{{issue.Invoice Amount}} * 1.2{{/}}

算術演算子

演算子説明結果例
+加算演算子/単項プラス1 + 34
-減算演算子/単項マイナス4 〜 31
*乗算演算子2 * 36
/除算演算子6/41.5
%剰余演算子 (モジュロ)5 % 32
^べき乗演算2 ^ 38

ブール演算子

ブール演算子の結果は必ず 1 または 0 (ゼロ) になり、ゼロ以外は true 値として扱われます。ブール演算子の NOT (否定) は関数で実装されます。

演算子説明結果例
=指定の値に等しい2 = 21
==指定の値に等しい2 == 10
!=指定の値に等しくない2!=11
<>指定の値に等しくない2 <> 20
<未満1 < 21
<=指定の値以下1 <= 11
>指定の値より大きい1 > 20
>=指定の値以上1 >= 20
&&ブール演算子 AND1 && 00
||ブール演算子 OR1 || 01

関数

関数では大文字と小文字は区別されません。

機能説明
NOT()論理否定。式がゼロでない場合は 1 (すなわち true) です。
IF(condition,value_if_true,value_if_false)条件の評価が true の場合に値を 1 つ、false の場合は別の結果を返します。
RANDOM()ランダムな数字を 0 ~ 1 で生成します。
MIN(e1,e2, ...)指定された式の中から最小項目を返します。
MAX(e1,e2, ...)指定された式の中から最大項目を返します。
ABS()式の中から絶対値 (非負) を返します。
ROUND(expression,precision)値を特定桁数で四捨五入します。現在の四捨五入形式によって数字の形式を設定するのに役立ちます。
FLOOR()最も近い整数に値を切り下げます。
CEILING()最も近い整数に値を切り上げます。
LOG()式の中から自然対数 (底 e) を返します。
LOG10()式の中から常用対数 (底 10) を返します。
SQRT()式の平方根を返します。
SIN()角度の三角関数の正弦 (度数) を返します。
COS()角度の三角関数の余弦 (度数) を返します。
TAN()角度の三角関数の正接 (度数) を返します。
ASIN()角度の逆正弦 (度数) を返します。
ACOS()角度の逆余弦 (度数) を返します。
ATAN()角度の逆正接 (度数) を返します。
SINH()双曲線関数の正弦値を返します。
COSH()双曲線関数の余弦値を返します。
TANH()双曲線関数の正接値を返します。
RAD()測定した角度 (度) を、ラジアンで測定したほぼ同等の角度に変換します。
DEG(expression)ラジアンで測定した角度を、度で測定したほぼ同等の角度に変換します。

定数

定数説明
Eネイピア数 (e) の値 (70 桁ちょうどまで)
PIPI の値 (100 桁ちょうどまで)
TRUE値 1
False値ゼロ
NULLnull 値
最終更新日 2022 年 6 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.