課題のスケジュール

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

タイムラインで課題の期間を直接設定するか、課題の開始日と終了日を設定することで、課題をスケジュールできます。カスタムの日付を利用できるようにするには、プランの課題ソースに関連付けられているすべてのプロジェクトのスキームにカスタム日付フィールドが追加されるようにします。選択すると、カスタム日付は日付バッジ () とともに表示されます。

Note that you need the Advanced Roadmaps user permission to save scheduling changes in Jira.

  1. Schedule bar of an issue, which you can use to schedule duration of work
  2. 課題の空のターゲット日。作業のスケジュール期間を設定できます

Setting the duration of an issue

  1. タイムライン セクションで、期間を設定する課題のを見つけます。
  2. 行にカーソルを合わせ、+ アイコンと課題の期間が表示されるのを待ちます。
  3. 課題の期間を追加するためにをクリックします。
  4. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。

Setting dates for an issues

  1. スコープ セクションで、日付を設定する課題を見つけます。
  2. その課題の開始終了日を設定します。これにより、タイムライン セクションに課題のスケジュール バーが作成されます。
  3. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。

課題からすばやく日付を削除するには、日付の横にある "x" アイコンをクリックします。

子課題のスケジュール

When scheduling child issues, the start and end dates of these issues have an impact on the dates of their parent issues. Effectively, this means:

  • the start date of a parent issue would be the earliest start date of all its child issues,
  • and the end date would be the latest end date of all its child issues.

If you've enabled roll-up dates as an early access feature, the behavior of parent issue dates in a plan may change. See Rolling up values to parent issues to know more.

Scheduling issues according to sprints

これはスクラム ボードがソースである課題で、課題がスクラム チームに割り当てられている場合にのみ適用されることに注意してください。

Scrum teams work in sprints (or iterations), and they release incremental features of their product at the end of each sprint. When a team and a sprint are set for an issue, you can configure a plan to use sprint dates for issues that don't have any dates set yet.

  • 課題にスプリントの日付が表示されている場合でも、必要に応じて日付を変更できます。日付がスプリントの日付と一致しない場合、この操作を実行しても課題のスプリント割り当ては変更されません。
  • Sprint dates will also be used when monitoring the status of releases and keeping track of issue dependencies.

課題ソースとしてプロジェクトやフィルターを使用している場合

プランでプロジェクトやフィルターを課題ソースとして使用している場合、スプリント データは対応する課題に対して引き続き表示されます。

ただし、スプリント データはボードと直接関連付けることのみができるため、スプリントの右側には  バッジが表示されます。バッジは、外部スプリントがあり、それがプロジェクトとフィルター課題ソースに直接関連付けられていないことを示します。

課題が外部スプリントに割り当てられたプランの例

このプランの例については、次の点に注意してください。

  1. このプランは、課題ソースに iOS App プロジェクトを使用して作成されました。
  2. In Jira, the iOS App project has the Scrum board IOS App. The board has several sprints, including Dingo and Box Jellyfish.

プロジェクト iOS App を課題ソースとして使用してプランを作成すると、次のようになります。

  1. Advanced Roadmaps is not readily able to associate any sprint data to the issues that will be included in the plan. The issues to be included in the plan will come from the iOS App project.
  2. Since Advanced Roadmaps is not able to associate any sprint data, it will create a plan-specific team known as iOS App (IOS) Team. This means that this team is only local to the created plan. This is precisely why you'll see the issues being assigned to an external team as well, the IOS app Team.
  3. Advanced Roadmaps では、スプリントに  マークを表示することで、それを外部のスプリントとして表示します。
  4. プランでは、外部スプリントに割り当てられた課題のスプリント値を更新できます。ただし、スプリント値を選択している場合、外部スプリントをオプションとして選択することはできません。

Because of this, we highly recommend that you use boards as issue sources for your plan. This will allow Advanced Roadmaps to associate any sprint data to the issues in the plan, and the sprints will no longer be displayed as external ones.

課題が外部スプリントに割り当てられなくなったプランの例

ただし、Advanced Roadmaps は引き続き、iOS App (IOS) チームと呼ばれるプラン固有のチームを作成します。上記のプランの例で課題が引き続き外部チームである IOS app Team に割り当てられているのはこのためです。 

次のオプションを検討できます。

Option 1: Add the external IOS app Team to your plan

これを行うには、チームを共有チームとして追加します。外部チームは、Advanced Roadmaps であらかじめ共有チームとして定義しておく必要があります。

IOS app Team has been added to the plan as a shared team

スプリントとキャパシティをタイムラインに表示するよう、新しく追加された共有チームを対応する課題ソースに関連付ける必要もあります。

オプション 2: 課題をプラン固有のチームの iOS App (IOS) Team に割り当てる

プラン固有のチームである iOS App (IOS) Team に、対応する課題を一括で割り当てることができます。これにより、課題はプラン固有のチームに割り当てられ、外部のチームには割り当てられなくなります。

プラン固有のチーム iOS App (IOS) Team に一括で再割り当てされた課題

また、スプリントとキャパシティをタイムラインに表示するよう、プラン固有のチームを対応する課題ソースに関連付ける必要があります。

トラブルシューティング

スプリント データをプランに正確または完全に読み込めない場合があります。これには、いくつかの要因が考えられます。

参考情報

課題がプランに存在しないスプリントに割り当てられている可能性がある

課題が属するプロジェクトが、プランのプロジェクト課題ソースの 1 つであるため、その課題がプロジェクトに含まれている場合があります。この場合、プランの課題のスプリント値は、プラン外のスプリントに割り当てられます。

理想的には、課題ソースは、外部スプリントが作成されたスクラム ボードにする必要があります。これにより、スプリント データをプラン内で正確に反映させることができます。

同じスプリントが 2 つ以上のスクラム ボードに表示されている可能性がある

Depending on the number of sprints on each board, the common sprint could have different dates on the timeline. This only happens for future sprints, since sprints are not given any dates until they become active.

例えば、ボード 1 ボード A の 2 つのボードがあり、両方のボードに共通スプリントが表示されるとします。両方のボードにスクラム チームが関連付けられ、これらのチームは 2 週間のイテレーションで作業します。また、両方のチームにはアクティブなスプリントがあります。

Both boards have the following future sprints:

  • Board 1: Sprint 2, Sprint 3, Common sprint, and Sprint 4
  • ボード A: スプリント B、共通のスプリント、スプリント C、スプリント D

上記の条件で、課題をチーム別にグループ分けし、タイムラインにキャパシティを表示した場合、各チームのスイムレーンの異なる時期に共通のスプリントが発生します。

  • ボード 1 の場合、アクティブなスプリントが完了した 4 週間後 (その前に 2 つのスプリントがあったため)
  • ボード 2 の場合、アクティブなスプリントが完了した 2 週間後 (その前にスプリントが 1 つのみあったため)

この不一致は、共通のスプリントが将来のスプリントになっているときにのみ発生します。共通のスプリントが一度アクティブなスプリントになると、日付は、タイムライン上のチームのグループ分け全体で解決されます。

詳細を確認...
  • In Jira, you cannot configure dates for future sprints. A future sprint gets its dates only when it is started, which essentially means sprints don't get any dates until these become active sprints.
  • You can only control the order of future sprints, i.e. in which order feature sprints should be lined up in your Jira board.
  • Advanced Roadmaps は、各チームに構成されたイテレーションの長さと、そのチーム ボードでのスプリントの一覧に基づいて、タイムラインで将来のスプリントを開始する時期を推測します。このため、両方のボードのタイムラインで共通スプリントが別の日付で表示されます。

2 つのチームが同じスプリントを共有しているが、それらのチームに異なるイテレーション長が構成されている

これは、同じスプリントが 2 つ以上のスクラム ボードに表示されていることに関連します。唯一の違いは、チームに構成されているイテレーションの長さが異なることです。

For example, you have 2 teams, Team 1 and Team 2, and they're both working on Common sprint in their respective Jira boards, and both boards also have an active sprint.

チームは、次の条件で作業します。

  • チーム 1 は 2 週間のスプリントに、Sprint 2、共通スプリント、Sprint 3 の順に取り組みます。
  • チーム 2 は 4 週間のスプリントに、Sprint A、共通スプリント、Sprint B の順に取り組みます。

共通のスプリントが両方のチーム ボードで 2 番目に位置しているスプリントであっても、次のようになります。

  • チーム 1 に対し、共通のスプリントに 2 週間の長さが指定されます。
  • チーム 2 に対し、共通のスプリントに 4 週間の長さが指定されます。

その他の注意事項

How target dates work

Both target start and target end dates are handled consistently across Jira and Advanced Roadmaps, and the date values are independent from local timezone settings. This means Alana from Australia and Will from the USA would see 1st October 2019 as the target end date for TIS-123 in both Jira and Advanced Roadmaps.

期日とカスタム日付の仕組み

Due dates and custom dates are based on the local timezone settings of the user. Due to their corresponding timezone settings, Alana from Australia may see 1st October 2019 as the due date for TIS-123, while Will from the USA may see this as 30th September 2019. However, Alana will see the same date value in both Jira and Advanced Roadmaps, and the same applies to Will.

However, if you're using due dates and custom dates as the start and end dates in the plan, Will and Alana will see the same dates in Advanced Roadmaps, and potentially different dates in Jira. The date values may be off by a day for both of them. This is because of their timezone settings, and because Jira and Advanced Roadmaps handle dates differently.

最終更新日 2020 年 6 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.