Changes in the improved interface

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページは、ライブ プランから移行済み (バージョン 2.0 から 2.27) であることを前提として作成されており、改善されたインターフェイス (バージョン 3.0 以降) で計画できます。

ここでは、改良されたインターフェイスで作業を計画する際に注意すべき重要な変更点をご紹介します。

プランの設定

チームの作業方法に合わせてプランを設定できます。詳細については「プランの設定」をご覧ください。

Advanced Roadmaps のライブ プランの次の設定も、デフォルトとして使用されます。

  • 作業時間と作業日
    • 地域: システムの既定
    • 作業日: 8 時間
    • 勤務日: 月曜日から金曜日
  • シナリオ: 既定では、既存のプランが新しいプランに変換された場合、現在のシナリオが新しいプランで使用されます。また、変換の前にセットアップされた可能性があるいずれかのシナリオに切り替えることもできます。
  • 課題の担当者をコミット: 改良されたプランニング インターフェイスでは、課題を担当者に割り当てるようになり、チーム メンバーに割り当てることはなくなります。この機能が既定となっているため、プランでこのオプションを設定する必要はもうありません。

プランの課題を表示する

従来は、以下に示すプランの例のように、課題はプランの上部にあるタイムラインに表示され、チームの作業項目は下部のスコープ テーブルに表示されていました。

改良されたインターフェイスでも、プランのほぼ同じ位置にスコープ テーブルが表示されますが、これは "スコープ セクション" と呼ばれます。

ただし、タイムラインはスコープ セクションの右側に移動し、各課題にはそれぞれ対応するスケジュール バーが表示されます。スケジュール バーは、以下のプランの例に示すように、スケジュール方法に応じてタイムラインに表示されます。

プランの作業を視覚化する

従来はテーマ レポートを使用して、プランに単色かつ単一レベルのビューを適用し、さまざまな作業ストリーム (プロジェクト、チームなど) を個別のスイムレーンに分けることができました。

改良されたインターフェイスでは、グループ オプションや配色オプションを組み合わせて、さらに詳細を視覚的に表示できるようになりました。これにより、対象者がより詳細にプランを使用できるようになります。プロジェクト別に課題をグループ化し、課題をステータス別に色分けしたサンプル プラン

詳細については、「表示設定のカスタマイズ」をご覧ください。

タイムラインで依存関係を表示する

以前は、課題に依存関係があるかどうかは、タイムラインのどちらかの端に水色のバーが表示されていれば確認できました。これらの視覚的なインジケータは明らかなものではなく、直感的な使用には適していません。

依存関係を持つ課題を含むプランの例

改善されたインターフェイスでは、プラン内の依存関係を追跡しやすくなりました。[フィールド] セクションの [依存関係] 列で、課題の依存関係を確認することができます。スケジュール バーのどちらかの端で依存関係の数をそれぞれクリックすることもできます。詳細については、「依存関係を管理する」を参照してください。

依存関係を持つ課題を含むプランの例

課題の作成

以前は、課題を作成する方法は数通りありましたが、そのうちいくつかはユーザーにとって明確なものではありませんでした。

改善されたインターフェイスでは、これを明確かつ直感的なものにしました。

  • 課題はスコープ セクションの上部で作成できます。その際、課題の階層レベルや、課題を関連付けるプロジェクトを指定できます。
  • また、任意の階層レベルの課題にマウス カーソルを合わせて、その課題の子課題を作成することもできます。新しい課題は、同じプロジェクトを既定で継承します。

詳細については「課題を作成する」を参照してください。

課題を割り当てる

Advanced Roadmaps では、プランにチーム メンバーの概念が使用されます。このチーム メンバーは Jira の担当者とは別のものです。まず、Advanced Roadmaps でチーム メンバーに課題を割り当て、この変更を Jira に保存すると、課題が Jira の対応する担当者に割り当てられます。

改善されたインターフェイスでは、プラン内で担当者を直接設定できるようにして、このタスクを簡素化しています。これにより、最初にチーム メンバーに課題を割り当て、さらにその変更を担当者の変更として Jira に保存するという余分な手順を減らすことができます。ただし、改善されたインターフェイスでは、課題を割り当てられる担当者は 1 人だけです。

課題のスケジュール

従来は、タイムライン自体を操作するためには計算機能を使用する必要がありました。プランを計算する際、スケジューラーでは課題の開始日と終了日を現実的にスケジュール計算してから、課題の現実的なスケジュールを作成していました。

For a custom date to be available, make sure the custom date field is added to the schemes of all the projects associated with the issue sources of the plan. Once selected, the custom dates will be displayed with the date lozenge ().

また、タイムライン自体を直接操作して、課題のスケジュールを作成できます。課題をスケジュールしたい内容に応じて、タイムラインで課題を手動でドラッグ アンド ドロップできます。

また、プランの課題を自動スケジュールすることもできます。提案されたスケジュールをプレビューし、自動スケジュールによる変更を受け入れるかどうかを決定できます。

詳細については、「作業のスケジュール」をご覧ください。

課題のランク付け

以前は、子課題のあるエピックを高くランク付けすると、その子課題のランキングも高くなりました。これらの変更を Jira でコミットすると、Jira の子課題も上位にランキングされました。

特にチームのバックログまたはアクティブ スプリントで課題のランク付けがすでに行われている場合、こうして子課題のランクが突然上がると、混乱を招くことがあります。

改善されたインターフェイスでは、子課題のランキングが親課題のランキングとは関連しなくなりました。親エピックを上位にランク付けしても、Jira の子課題のランキングはそのままになります。

ランク付けの動作の変更により、ライブ プラン (2.0 から 2.27 の任意のバージョン) と改善されたインターフェイス (バージョン 3.0 以降) で、スケジュール結果に差異が生じることがあります。たとえば、課題が両方のプラン タイプで同じ順序で配置されても、これらのプラン タイプのそれぞれのスケジュール結果が異なる場合があります。

進捗を計算する

進捗は、見積り合計に対する完了した見積りの割合で計算され、プランで視覚的に表示されます。ステータス分析バーには、ステータスのカテゴリ別にグループ分けされた課題が表示されます。
  • : ステータス カテゴリーが作業前の課題
  • 黄色: ステータス カテゴリーが進行中の課題
  • green, for issues in the done status category

Jira で変更を保存する

プランに加えた変更は、ユーザーが変更に慣れるまで Jira には保存されません。これには、プラン内で手動で加えた変更と、自動スケジュールされ承諾した変更が該当します。

どの変更を Jira に保存するかは、確認して選択できます。詳細については、「Jira で変更を保存する」を参照してください。

タイムラインの作業をズーム インおよびズーム アウトする

設定された期間 (3 か月や 1 年間、またはカスタムの日付範囲) で課題を素早く表示できます。これにより、選択された期間内にスケジュールされた課題のみに集中できます。

これはライブ プランでも実行できましたが、その場合はスケジュール範囲フィルターを使用する必要がありました。この方法はあまり使いやすいとは言えません。

チームの管理

従来は、プランの右上の領域で [チーム] タブをクリックしてチームを管理していました。

改善されたインターフェイスでは、範囲テーブルの上にあるチーム ビューからチーム管理にアクセスできます。また、特定のチームごとに課題をフィルタリングすることで、チームに割り当てられたすべての課題をすばやく表示できます。

キャパシティの管理

従来は、チーム メンバーの個々のキャパシティを計画することができました。

改善されたインターフェイスでは、個々のキャパシティ プランニングがチームのキャパシティ プランニングに置き換えられます。プランの自動スケジューリング時には、スケジュールされた作業を完了するためのチームのキャパシティ全体が考慮されます。これを行うには、プラン内にチームのキャパシティを直接設定する必要があります。

リリースを管理する

従来は、プランの右上のセクションで [リリース] タブをクリックしてリリースを管理していました。

改善されたインターフェイスでは、範囲テーブルの上にあるリリース ビューからリリース管理にアクセスできます。また、特定のリリースごとに課題をフィルタリングすることで、そのリリースのすべての課題をすばやく表示できます。

作業をレポートする

従来は、レポート ビューでさまざまなレポート タイプ (キャパシティ レポートや依存関係レポートなど) を使用して、プランについての詳細を共有していました。

アトラシアンでは現在、関連するユーザーにレポートとして共有できる作業ビューの追加に取り組んでいるため、改良されたインターフェイスではレポート ビューは削除されました。レポート機能は現在制限されていますが、ロードマップの読み取り専用バージョンは引き続き共有できます。

最終更新日: 2021 年 2 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.