フィルターを管理する

フィルターは課題の検索を保存したものです。Jira ユーザーは、基本検索または詳細検索で異なる条件を使用して課題を検索し、結果をフィルターとして保存し、フィルターの所有者になることができます。所有者は、フィルターを個人用に非公開にするか、他のユーザー、プロジェクト、グループなどのエンティティと共有するかを指定できます。フィルターを非公開にすると、そのフィルターを表示および変更できるのは所有者と Jira 管理者のみとなります。

次のすべてのタスクを完了するには Jira 管理者である必要があります。

フィルターの表示

管理領域から既存のフィルターすべてを、フィルターが共有されているか非公開かにかかわらず、表示および管理できます。

  1. [管理] () > [システム] に移動します。

  2. サイドバーの [フィルター] を選択します。

  1. 検索/所有者: 既存のフィルターを名前や説明で検索するか、ユーザー名を入力してそのユーザーに所属するすべてのフィルターを表示します。

  2. 名前: フィルター名を選択して開きます。フィルターの検索条件の編集、既存の共有の追加または変更、および購読の管理を行えます。

  3. 共有対象: フィルターを共有するユーザーまたはその他のエンティティを確認します。詳細については、「共有について」を参照してください。

  4. アクション: フィルターの所有者の変更やフィルターの削除を行います。

  5. 人気度: このフィルターをお気に入りとして登録しているユーザーの数を確認します。

フィルターの編集

フィルターの検索条件、所有者、権限、または購読を変更できます。 

  1. フィルター名を選択します。検索ページに移動します。

  2. [詳細] をクリックしてフィルターの簡単な情報を表示します。ここでは、次のことが実行できます。

    • 権限を編集 – 閲覧者および編集者を追加または変更します。

    • サブスクリプションの編集 – サブスクリプションの追加または変更。

フィルターの削除、または所有者の変更

フィルターの所有権を変更したり、削除したりすることができます。これは、次の場合に役立ちます。

  • フィルターの所有者が組織からいなくなった場合

  • フィルターが返す課題が多すぎて、パフォーマンスに影響する可能性がある場合

tip/resting Created with Sketch.

フィルターの所有者を変更または削除する前に、フィルターの現在の所有者に意図を知らせておくことをおすすめします。

  1. フィルター名の横にある [操作] () を選択します。

  2. [所有者の変更] または [削除] を選択します。

 共有について

[共有対象] の列では、フィルターを表示または編集できるユーザーを確認できます。フィルターの共有先として使用できるエンティティのタイプは次のとおりです。

共有対象説明
非公開フィルターは非公開であり、所有者と Jira 管理者のみが表示および編集できます。
ユーザー/グループ/プロジェクトフィルターはユーザー、グループ、またはプロジェクトと共有されます。付与される権限に応じて、フィルターを共有されるユーザーはフィルターを表示または編集できます。
任意のログイン済ユーザーフィルターは Jira インスタンスのすべてのユーザーと共有されます。
Web 上のすべてのユーザー

フィルターが web 上のすべてのユーザーと共有されている場合、サイト上の特定の情報へのパブリック アクセスが許可されます。未ログインのユーザーによるこのような情報の閲覧を禁止し、ログイン済みのユーザーのみがアクセスできるように制限する場合は、次のいずれかを実行します。

  • フィルターの権限を変更します

  • これらのフィルターへのパブリック アクセスを削除します。「匿名ユーザー アクセスの制御」を参照してください。

最終更新日 2020 年 7 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.