オブジェクト タイプを扱う

オブジェクト タイプは、共通の属性で伝達される同種の情報を使用するオブジェクトをグループ化します。オブジェクト タイプは 1 台の PC ではなく、コンピューター、ハードウェア、ソフトウェア、従業員などを示します。任意の数のさまざまなオブジェクト タイプを作成して、その中にさまざまなオブジェクトをグループ化できます。Insight は非常にオープンで柔軟性があるため、オブジェクト タイプは自由に設定できます。

一般的なオブジェクト タイプには次のものがあります。

  • ビジネス サービス
  • ホスト
  • ラップトップ
  • ソフトウェア

しかし、IT アセットである必要はありません。たとえば、多くのユーザーが次のようなその他の有用な情報を追加しています。

  • ベンダー
  • 場所
  • 従業員
  • ビジネス上の優先順位

階層ツリー内のオブジェクト タイプは、理にかなった方法で整理できます。このツリーは、主にナビゲーションと読みやすさを目的としています。ここには空のオブジェクト タイプがあります (例: 右の画像のハードウェア)。

属性によってオブジェクト タイプを定義する

属性は、オブジェクト タイプ (および基礎となるオブジェクト) を定義するものです。これらは、データを追加するフィールドのように機能します。Jira の課題フィールドが比較に最適です。オブジェクト タイプの属性を選択すると、ユーザーがオブジェクトを作成するたびに同じ属性を基になるオブジェクトに入力する必要があります。属性は必要な数だけ持てます。また、テキスト、日付、他のオブジェクトへの参照、ステータスなど、さまざまな形とサイズにできます。

属性を持つオブジェクト タイプの例を次に示します。

  1. オブジェクト タイプ: Server が選択されているスキーマ内のオブジェクト タイプのリスト。
  2. 属性: この特定のオブジェクト タイプに設定されている属性のリスト。
  3. タイプ: 属性のタイプ。ここには、初期設定の属性またはオブジェクト (他のオブジェクトへの参照) が表示されます。
  4. タイプと追加値: 属性タイプに依存する追加値。ステータスに関する注記 – これらは基盤となるサーバーのいずれかに対するインシデントが発生した際に、Automation を経由して変更されます。

概要

次の動画で、オブジェクト スキーマの簡単な概要をご確認ください。

オブジェクト タイプの使用を開始する

次は、必要なすべての情報が掲載されているページ リストです。

最終更新日: 2021 年 2 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.