属性の継承を設定する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

オブジェクト タイプをその親オブジェクト タイプから属性を継承するように設定できます。これは、互いにネストされた複数のオブジェクト タイプと同じ構造を維持する必要がある場合に役立ちます。

継承の良い例が Host オブジェクト タイプです。子オブジェクトの Linux HostWindows Host があり、IP アドレスやホスト名といった共通の属性を継承させられます。

既存のオブジェクト タイプの構造には継承を設定できません。親を作成してから子オブジェクト タイプを作成する際にのみ設定できます。

属性の継承を有効にするには、次の手順に従います。

  1. 最初の親オブジェクト タイプを作成します。
  2. [オブジェクト タイプ] > [設定] の順に選択します。
  3. [Let the attributes be inherited by the subclasses (属性をサブクラスに継承する)] チェックボックスをオンにします。 
  4. オプションで、このオブジェクト タイプを [抽象] に設定してオブジェクトが作成されないようにします。これは、オブジェクトをグループ化せずに、属性を渡すためだけにオブジェクト タイプが存在する場合に便利です。
  5. 子オブジェクト タイプを作成します。

継承は孫やその子などに行われます。

関連ページ

次のページをご参照ください。

最終更新日: 2021 年 2 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.