オブジェクト タイプの作成

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

オブジェクト タイプはコンテナーやカテゴリのように機能します。構造に応じて、他のオブジェクト タイプのグループ化もオブジェクトだけのグループ化もできます。たとえば、オブジェクト タイプ ハードウェアで Server、Computer、Mobile phones といった子オブジェクト タイプをグループ化できます。これらはそれぞれ、特定のオブジェクトをグループ化できます。オブジェクト タイプの詳細についてご確認ください。

オブジェクト タイプを作成する

オブジェクト タイプを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. オブジェクト スキーマを開きます。
  2. 右上で [オブジェクト タイプ] > [作成] の順にクリックします (垂直メニューのプラス記号もクリックできます)。
  3. オブジェクト タイプの名前、アイコン、説明を選択します。
  4. オブジェクト タイプの親を選択します。[なし] を選択すると、オブジェクト タイプはアセット ツリーの最上部に表示されます。

オブジェクト タイプの例

サンプルの IT アセット スキーマに基づいたオブジェクト タイプのビューを次に示します。

  1. オブジェクト タイプ: スキーマにあるオブジェクト タイプのリスト。 
  2. オブジェクト タイプ ビュー: オブジェクト タイプのオブジェクト、属性、またはグラフ (参照の視覚的表現) の表示を切り替えます。
  3. オブジェクト タイプ アクション: 現在のオブジェクト タイプの設定オプション。
  4. 属性: オブジェクト タイプの属性のリスト。これらの属性はすべての子オブジェクトに適用されます。

次のステップ

オブジェクト タイプにはそれらを定義する属性が必要です。次のようにして、いくつか追加しましょう。

最終更新日: 2021 年 2 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.