リリース

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Advanced Roadmaps の「リリース」は、Jira Software では修正バージョンと呼ばれています。

Jira Software に変更を保存するには、Advanced Roadmaps ユーザー権限が必要です

さらに、プロジェクト横断型リリースに関連するすべてのプロジェクトにおいて、プロジェクトの管理権限が必要となります。


Advanced Roadmaps のリリース機能を使用すると、期限を念頭に置いてプロジェクトを追跡できます。各リリースには 1 つ以上のチームの作業が含まれていて、目標に対して概略ビューを表示できます。プロジェクトをリリースに関連付けると、予定の期日に対する進捗状況を追跡できます。

リリースの表示と管理のすべては、プラン名にある [リリース] タブで行われます。以下に示すように、このリストにはプラン内の Jira Software で作成したリリース セット (または修正バージョン) が含まれます。

リリース日に合わせてスケジュールを設定する前に、チームのキャパシティ設定をチェックして目標日が達成可能であることを確認します。これらの設定は、タスクが順番にスケジュールされる方法に影響します。これらの設定を確認したら、リリースのプランを立ててプランにスケジュール設定できます。

このページでは、Advanced Roadmaps でのリリースに対する設定と追跡の作業について説明します。リリースの健全性を監視する方法については、「リリースの監視」ページをご覧ください。

リリース タイプ: プロジェクト リリースとプロジェクト横断型リリースの比較

Advanced Roadmaps には 2 つのタイプがあり、微妙に異なるものとして扱われます。単一プロジェクト リリースには 1 つのプロジェクトのみが含まれます。プロジェクト横断型リリースでは複数のプロジェクト リリースを 1 つのプランにまとめるため、日付の整列、作業の優先順位付け、複数のプロジェクトの監視を一括して行えます。

1 つの主な違いは、単一プロジェクト リリースを修正バージョンとして Jira Software に保存できることです。プロジェクト横断型リリースは、Advanced Roadmaps での計画目的にのみ使用されます。プロジェクト横断型リリースを Jira Software に保存すると、プラン内でチームに関連付けられた単一プロジェクト リリースのみが保存されます。

単一プロジェクト リリースを作成する

  1. [リリース] タブで、プロジェクト名の横にある [リリースを作成] を選択します。
  2. リリースに名前を付けて説明を追加します。
  3. このリリースの開始日を選択します。Advanced Roadmaps には次のオプションがあります。
    1. できるだけ早く: プランの自動スケジューリング時に、リリース内の課題に取り組むチームがあるとすぐにリリースが開始されます。
    2. 固定日: 開始日に希望日を設定できます。
    3. 前のリリース日と関連付ける: 前のリリースが終了してから新しいリリースの作業を開始するまでに割り当てる時間差を指定します。たとえば、ベータ リリースについてはアルファ リリースが完了してから 1 日後に作業するものとします。
  4. リリース日を選択します。Advanced Roadmaps には次のオプションがあります。
    1. すべての課題の完了後: リリース日は、事前定義されたキャパシティとベロシティを使用して、リリースの課題が完了するようにスケジュールされている日付に基づいて自動で生成されます。
    2. 固定日: リリースはこの選択した日付に発生して、キャパシティとベロシティの設定を上書きします。キャパシティが不足しているリリースでは、タイムライン上のリリース アイコンが赤に変わります。詳細についてはリリースの監視」をご参照ください。
  5. リリースの作業が完了したら、[作成] を選択すると新しいリリースがプランに追加されます。

これでリリースをプランで利用できるようになりますが、[変更を確認] ボタンを使用して選択した変更を Jira Software で保存するまで変更は確定されません。

プロジェクト横断型リリースを作成する

  1. [リリース] タブで、プロジェクト名の横にある [リリースを作成] を選択します。
  2. リリースに名前を付けて説明を追加し、追加するプロジェクトリリースを選択します。次に [リリースを追加] を選択します。
  3. 繰り返して必要な数のリリースを追加します。
  4. リリースの作業が完了したら、[作成] を選択すると新しいリリースがプランに追加されます。

プロジェクト横断型リリースは Advanced Roadmaps でのみ使用されて、Jira Software には保存できません。

リリースを編集する

プランのリリースをいつでも編集できます。

  1. まず、[リリース] タブに移動して、編集するリリースの [その他] > [編集] の順に選択します。
  2. 必要な変更を加えて [変更を保存] を選択し、プランのリリースの詳細を更新します。この変更は、[変更を確認] ボタンを使用して選択した変更を Jira Software に保存するまで確定されません。

プロジェクト横断型リリースでリリース日を調整する

複数のリリース全体で作業を管理する際は、リリース日がずれないようにご注意ください。プロジェクト横断型リリースであれば、リリース日を調整してこれらの課題を迅速に修正できます。

プロジェクト横断型リリースで日付を揃えるには、次の手順に従います。

  1. [リリース] タブに移動して、リリース日を調整するプロジェクト横断型リリースを探します。
  2. [その他] > [日付を調整] の順に選択すると、単一リリースの作成時に説明した同じ日付オプションが表示されます。
  3. 準備ができたら、[Set dates (日付の設定)] を選択してプランの日付を更新します。

リリースを消去して削除する

時間の経過とともに、すでに提供または完了したリリースがプランに蓄積され始めます。リリースを消去または削除できるかどうかは、そのリリースが Jira Software に保存されたかどうかによって異なります。リリースが Jira Software に保存されている場合は Advanced Roadmaps プランから消去できますが、Jira インスタンスには残されます。リリースが Jira Software に保存されていない場合 (まだ保存していないか、プロジェクト横断型リリースであり保存できない場合)、リリースを削除するオプションが表示されます。リリースは一度削除すると復元できません。

プロジェクト リリースを消去するには、次の手順に従います。

  1. [リリース] タブで、プランから消去する単一プロジェクト リリースを探します。
  2. [その他] > [消去] の順に選択します。次にモーダル ウィンドウで [消去] を選択して確定します。

リリースを削除するには、次の手順に従います。

  1. [リリース] タブで削除するリリースを探して、[その他] () > [削除] の順に選択します。
  2. モーダルには、プランからすべてのリリースを消去するためのオプションが表示されます。これによって、プロジェクト横断型リリースが削除されるだけでなく、含まれているリリースもプランから消去されます。Jira Software にこれまで保存されていたプロジェクト リリースは、そのまま Jira に残ります。保存されていないすべてのリリースは完全に削除されます。
  3. 準備ができたら [削除] を選択して確定します。
最終更新日 2021 年 8 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.