Modify a view in Advanced Roadmaps

Preconfigured timeline views in Advanced Roadmaps

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Advanced Roadmaps をさらに使用する場合は、カスタム フィールドを追加することで含まれる事前設定済みのビューを変更することをお勧めします。Advanced Roadmaps ではビューを変更して保存できるため、必要に応じてビューにアクセスできるようになります。

まず、[ビュー] ドロップダウン メニューを使用して変更するビューを選択します。

次に、[表示設定] メニューを使用して、課題のグループ化キャパシティの表示色の追加値のロールアップ警告の表示課題の並べ替えをプランで実行できます。ビューに変更を加えると、変更がまだ保存されていないことを示す EDITED バッジが名前の後に表示されます。

ビューを保存する

ビューの保存には 2 つのオプションがあります。どちらも [ビュー] ドロップダウン メニューの横にある [その他] をクリックしてアクセスできます。

[保存] を選択すると、選択したビューに加えた変更が適用されて以前のバージョンが上書きされます。

[名前を付けて保存] を選択すると、Advanced Roadmaps で設定が新しいビューとして保存されて名前を指定するように求められます。また、保存する前に [Make default for everyone (全員にデフォルトにする)] チェックボックスをオンにして、プランに初めてアクセスするすべてのユーザーにこのビューを表示できます。

同時編集

他のユーザーがあなたと同じビューで作業していて保存する前に変更を加えると、2 つのオプションを含むモーダルが表示されます。必要に応じて、他のユーザーが行った変更に上書きしてその変更を削除できます。また、自分の変更を新しいビューとして保存して他のユーザーの変更を残し、新しい別のビューとして保存できます。

決定したら、[確認] を選択して続行します。

無題 [下書き] ビュー

インスタンス内のプランにアクセスしているときに、無題 [下書き] ビューが表示される場合もあります。これが表示されるのは次の 2 つの理由があります。

  1. 以前に構成されて保存されていない課題フィルターとビュー設定を使用して、既存のプランにアクセスしようとしている。この下書きを確定するには、新しいビューとして保存する必要がある。
  2. ビューでの作業中に他のユーザーがビューを削除した。

ビューで加えた変更を破棄する

ビューの変更中に、その変更が不要であることに気付く場合があります。変更を破棄すると、変更は完全に削除され、ビューは最後に保存された設定に戻ります。

変更を破棄するには、次の手順を実行します。

  1. ビュー ドロップダウンの横にある メニューで、[Discard changes (変更を破棄)] を選択します。
  2. 確認ダイアログで [Discard changes (変更を破棄)] を選択します。
最終更新日 2021 年 9 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.