Discovery エージェントの設定 (オプション)

Discovery-Agent (Windows) はオプションであり、次の状況で使用します。

  • 常時オンラインではないシステム (オフィス コンピューターやノートブックなど) からデータを検出する
  • インバウンドの WMI ポートとダイナミック DCOM ポートを開かずに Windows システムからデータを収集する

「Discovery_x.x.x.zip」の中には「Discovery_Agent_Setup.msi」インストーラー パッケージが入っています。

Discovery Agent をインストールして、ファイアウォールがインパウンド ポート 51337 からの接続を受け入れることを確認します。

データを収集するには、Discovery ツールの [オプションのエージェント設定] を構成します。

Discovery ツールと Windows エージェント間のファイル転送は、AES 128 で暗号化されます。
転送ごとに、両ツール間で暗号化用のセッション キーが交換されます。

構成

Discovery-Agent で設定できることはわずかです。

変更を加えずに単に Agent をデプロイして実行することをお勧めします。

必要な場合は、Agent.cfg で次の設定を手動で編集できます。

設定説明
ScanLogLevel

"Normal" に設定すると、基本的な情報のみがログ ファイルに格納されます。

"Extended" に設定すると、Discovery スキャンに関するすべての情報がログ ファイルに格納されます。

"Debug" に設定すると、問題のサポートに役立つ非常に多くの情報がログ ファイルに格納されます。

AgentPort初期設定のリスナー ポートは 51337 です。このポートを変更する場合は、Discovery ツールの構成ファイル (Discovery.cfg) にあるエージェント ポートも変更する必要があります。
JustUseFirstIP

既定値は "false" です。その場合、エージェントはシステムの任意のアクティブなネットワーク インターフェースでリッスンします。

"true" に設定すると、エージェントは最初のネットワーク インターフェースでのみリッスンします。

DeleteLogsAfterログ ファイルが削除されるまでの日数を設定できます。初期設定は 7 日です。
DisableTCPListener

"true" に設定すると、エージェントは TCP リスナーを起動しません。

直接コピー オプションを使用する際に便利です。

DirectCopyPath

必要に応じて、スキャン結果ファイルをエージェントから別のシステム (Jira/Insight システム) に直接コピーできます。

"\\myserver\import\schemaname" のように完全な UNC パスを使用する必要があります。

これらのオプションを設定した場合、エージェントは結果データを .xml ファイルとして設定したターゲット パスに転送します。

スキャンの間隔

スキャンの実行間隔を時間単位で設定します。

初期設定は 24 時間です。

SFTPSettings

SFTP 転送の設定を追加できます。

これらのオプションを設定した場合、エージェントは結果データを .xml ファイルとして設定したターゲット パスに転送します。

次の xml コンテンツを Agent.cfg に追加します (<Settings>-Node 内)。

<SFTPSettings>
    <ExportPath>192.168.2.2/discovery/import</ExportPath>
    <UserName>yourUser</UserName>
    <Password>mysecurepassword</Password>
    <TransferReties>5</TransferReties>
    <TranserRetryInterval>30</TranserRetryInterval>
</SFTPSettings>

または、"Discovery_Agent.exe -setupsftp" を使用します (これによって、sftp 転送用の小さなコンソール構成が実行されます)。

パスワードは初回起動時に暗号化されることにご注意ください。

最終更新日 2021 年 9 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.