メンション

メンション (@メンション) は、他のユーザーにページまたはコメントへの注意を促したり、タスクを割り当てたりできる便利な方法です。ユーザーをメンションすると、そのユーザーはメールとワークボックスで通知を受け取ります。タスクでユーザーをメンションすると、タスクがそのユーザーに割り当てられ、ユーザーのタスク一覧に表示されます。

メンションの方法は 2 通りあります。オートコンプリートを使用するか、エディタツールバーの挿入メニューを使用します。

オートコンプリートを使用する

オートコンプリートを使用してユーザーをメンションするには、エディタで '@' を入力し、続けて相手の名前を入力し始めます。候補一覧からメンションする相手を選択します

Confluence には、過去にメンションしたユーザー (自身を除く) が表示されます。


入力すると、引き続き候補が表示されます。最近メンションを行っていない場合、適切なユーザーを素早く見つけられるよう、最近コメントを追加したユーザーや、現在のページに参加したユーザーの情報が参照されます。 

挿入メニューを使用する

挿入メニューを使用する場合は、挿入 > ユーザーのメンションを選択してからメンションするユーザーを検索し、選択します。

注意

  • メンションの無効化 メンション機能は "Confluence Mentions Plugin" というプラグインによって提供されます。サイトからユーザー メンション機能を除去する必要がある場合、プラグインを無効化できます。「プラグインの無効化または有効化」を参照してください。
  • Mentioning groups – You can only mention individual users who have the 'Can Use' Confluence global permission. There's a feature request to allow mentions for groups: CONF-23015 - Getting issue details... STATUS
  • ユーザー プロファイルへのリンク – 角括弧 '[' と個人の名前を使用して Confluence オートコンプリートをトリガーし、個人のユーザー プロファイルまたはパーソナル スペースにリンクします。@mention を使用した場合と同様に、Confluence によってその個人に通知が送信されます (管理者がユーザーメンション機能を無効化していない場合)。
  • メンション通知 - ページのコンテンツであるユーザーに初めてメンションすると、そのユーザーに対して通知が送信されます。以降のメンションでは通知は送信されません。ユーザーに確認を促したいが、ページ内ですでにメンションを行っている場合、コメント内でのメンションを利用することができます。ページのコメントやインライン コメントでは、初回だけでなく、ユーザーにメンションするたびに通知が送信されます。
  • 頻繁にメンションされるユーザー: Confluence は、定期的にメンションするユーザーをブラウザのローカル ストレージから参照します。デバイスを切り替えた場合や、ローカル ストレージを許可していない場合は、異なる結果が表示される場合があります。あるユーザーが最近のメンション先だった場合、Confluence は、そのユーザーが作成者、変更者、またはコメントを追加した人物かどうかを表示しません (ページ自体ではなくローカル ストレージから直接情報を取得するため)。 
  • メンション名の変更 - エディタでメンション名を変更した場合 (例: 名字を削除、メンション リンクを編集してフルネームからニックネームに変更)、これはフリー テキストとして処理され、そのユーザーが名前を変更したり、Confluence から削除されたりしても更新されません。 
最終更新日 2019 年 6 月 17 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.