Documentation for GreenHopper 6.2.x. Documentation for other versions of JIRA Agile is available too.
GreenHopper is now called JIRA Agile. Learn more.

メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

Welcome to GreenHopper 101, an introductory guide to the GreenHopper add-on for JIRA and a tour of the most interesting GreenHopper features. Use this page to guide your evaluation process or quickly get up to speed with GreenHopper.

本書は、Agile 方法論に精通したソフトウェア開発者を対象としています。

You may also like to watch the GreenHopper 6 video.

まずはじめに

First things first. If you haven't already got the GreenHopper add-on up and running, carry out the following steps.

1. Installing GreenHopper

(warning) If you are using Atlassian OnDemand, you can skip this section. GreenHopper OnDemand can be added to your account by configuring your subscription at http://my.atlassian.com.

  1. Log in to JIRA as a user with the 'JIRA System Administrators' global permission.
  2. 上部バーの「設定」アイコンをクリック(または JIRA の古いバージョンを使用している場合は管理者)、アドオンを選択します。「ユニバーサルプラグインマネージャ(UPM)」ページが表示されます。
  3. On the Find new add-ons page, type 'GreenHopper' in the search box.
  4. The GreenHopper add-on will appear in the list below the search box. Click the Install button. A confirmation message and the add-on details will display, if it is installed successfully.

(warning) If you are using Atlassian OnDemand, you can skip this section. You may order and manage your GreenHopper OnDemand license by logging into your account at http://my.atlassian.com.

  1. Log in as a user with the 'JIRA System Administrators' global permission.
  2. 上部バーの「設定」アイコンをクリック(または JIRA の古いバージョンを使用している場合は管理者)、アドオンを選択します。「ユニバーサルプラグインマネージャ(UPM)」ページが表示されます。
  3. On the Purchased Add-ons page, click Check for Purchases then locate GreenHopper.
  4. Click the Manage button. The details for the GreenHopper add-on will display.
    (info) Your Support Entitlement Number (SEN) is also shown on this screen.
  5. Paste your license into the License Key field and click Update.
    (info) You can copy your GreenHopper license from https://my.atlassian.com, where you can either generate a new Evaluation License Key, or retrieve your old License Key if you already have one.

(info)詳細は、「ライセンスの詳細の入力」を参照してください。

(warning) チームメンバーが既に JIRA ユーザーログインを持っている場合は、このセクションをスキップしてください。

JIRA ユーザーを追加するには:

  1. 一番上のナビゲーションバーで「管理」を選択します。
  2. 「ユーザー」>「ユーザー」を選択してから、「ユーザーの追加」をクリックします。
  3. Enter the Username, Password, Full Name and Email Address; and (optionally) tick the box to send the user an email containing their account details. Then click Add.
    (info) For more details, please see the JIRA documentation on Managing Users.
  4. ユーザー ブラウザが表示されます。新しいユーザーを見つけ、「操作」列の「グループ」リンクをクリックします。
  5. jira-developersグループを選択し、「参加」をクリックします。

2. 初めに: Scrum

Scrumは一般的に、製品の今後のバージョンとして計画されている機能のロードマップに従う開発者チームが使用します。スクラム チームはスプリントで作業を行います。

  1. Click the Agile menu in the top navigation bar. The Getting Started page will appear.
  2. Scrum」タブで:
    • 他のメンバーが既にユーザー用の Kanban ボードを作成済みの場合は、「既存のボードを開く」をクリックします (ステップ2)。
    •  その他の場合:
      • If you already have a JIRA project in which to store your Agile tasks, click create a new Scrum board (in step 2). Otherwise, click create a new project and board (in step 1). Type a descriptive Name and unique Key for your project, and select the Project Lead (that is, the person who will manage this project).
        (info) Note that you will need the 'Administer Project' permission  and the 'JIRA Administrators' global permission in order to create a JIRA project. If you don't have these permissions, you will need to ask your JIRA administrator to create a project for you. For more details, please see the JIRA documentation on Defining a Project.
      • Enter the name of your new board, and select the project(s) you wish to work on.
        (info) Note that you will need the JIRA 'Create Shared Objects' global permission in order to create a board.

詳細は、「ボードの作成」を参照してください。

Many Scrum teams estimate stories in Story Points, then track tasks using hours. GreenHopper therefore gives you the flexibility to set your estimation and tracking statistics differently, depending on what best suits your team. By default, your Scrum board will use Story Points for estimation, and will also use Story Points for tracking.

時間 (Story Points の代わりとして) を使用するには:

  1. 上部ナビゲーションバーで「 Agile」>「ボードの管理」を選択します。
  2. ボードの管理」画面で、対称のボードに対応した構成リンクをクリックします。
  3. On the Board Configuration screen, click the Estimation and Tracking tab.
  4. 時間追跡」フィールドで、「残りの見積もりおよび所要時間」を選択します。

詳細は、「見積もりと追跡の構成」を参照してください。

...または...

はじめに: Kanban

    1. Click the Agile menu in the top navigation bar. The Getting Started page will appear.
    2. Kanban」タブで、
      • 他のメンバーが既にユーザー用の Kanban ボードを作成済みの場合は、「既存のボードを開く」をクリックします (ステップ2)。
      • その他の場合:
        • If you already have a JIRA project in which to store your Agile tasks, click create a new Kanban board (in step 2). Otherwise, click create a new project and board (in step 1). Type a descriptive Name and unique Key for your project, and select the Project Lead (that is, the person who will manage this project).
          (info) Note that you will need the 'Administer Project' permission  and the 'JIRA Administrators' global permission in order to create a JIRA project. If you don't have these permissions, you will need to ask your JIRA administrator to create a project for you. For more details, please see the JIRA documentation on Defining a Project.
        • Enter the name of your new board, and select the project(s) you wish to work on.
          (info) Note that you will need the JIRA 'Create Shared Objects' global permission in order to create a board.
ボードの作成

詳細は、「ボードの作成」を参照してください。

制約は、列に含めることができる課題の数を指定します。列の制約を超過すると、制約は赤色で強調表示されます。

指定された列の課題に基づいた制約を設定にするには:

  1. 上部ナビゲーションバーで「 Agile」>「ボードの管理」を選択します。
  2. ボードの管理」画面で、対称のボードに対応した構成リンクをクリックします。
  3. On the Board Configuration screen, click the Columns tab.
  4. 列の制約」ドロップダウンで、「課題数」を選択します。
  5. To set the columns Max constraint, click the red box at the top of the column, type the new value and press the Enter key. E.g. if your business practice is to have no more than 5 issues 'In Progress' at any one time, you would specify 5.
  6. Click the Use Board button (at the top of the page). Your board will refresh with the column constraint applied. If the total number of issues in that column exceeds the maximum capacity, the column will be highlighted in red.

詳細は、「列の構成」を参照してください。

 

ここから、すべての操作をボードで実行できます。

作業の計画

3.  課題の作成

  1. ページ上部の「課題の作成」をクリックします。

  2. Enter your issue details into the 'Create Issue' dialog box.
    (tick) If you select the Create another check box, JIRA will create your issue and automatically pre-populate a new 'Create Issue' dialog box with your previous issue details, while leaving the Summary field blank. This allows you to rapidly create a series of issues with similar details.
    (tick) If you wish to choose which fields will appear when you create (or edit) an issue, click the Configure Fields button.

詳細は、「課題の作成」を参照してください。

4. 課題のランク付け

Scrum チームは一般的に実装が必要な順に、バックログ内の項目をランク付けします (上から下へ)。 Kanban チーム (バックログを持たない) は「TODO」の列を同様に整理します。

In Plan mode (if you are using Scrum):

  1. Select Plan mode on your preferred board.
  2. 課題をドラッグアンドドロップし、バックログ内の上または下へ移動させます。

For more information, please see Ranking an Issue.

...または...

In Work mode (if you are using Kanban):

  1. Select Work mode on your preferred board.
  2. 現在の列内で課題をドラッグアンドドロップし、上または下へ移動させます (一番上が最も優先順位が高い)。
 

5. 課題の見積もり (Scrum)

  1. Select Plan mode on your preferred board.
  2. 画面左側の各課題 (ストーリー) をクリックすると、画面右側に詳細が表示されます。
  3. 画面右側の「見積もり」フィールドをクリックし、各ストーリーに「見積もり」を入力します。詳細は、「課題の見積もり」を参照してください。

 

6. スプリントの開始 (Scrum)

課題にランクを付けて見積もりを終えたら、スプリントを開始する準備が整ったことになります。

  1. Select Plan mode on your preferred board.
  2. バックログ上部の「スプリントの作成」をクリックします。
  3. 作成されたスプリントは、ボード内にある他のスプリントの下に追加されます。スプリント名や開始日および終了日を編集することもできます。
  4. 関連する課題を新しいスプリントへドラッグアンドドロップします (「課題をスプリントに追加する」を参照)。
  5. Click Start Sprint.
    (info) You will need to have the JIRA 'Project Administrator' permission in the project(s) whose issues are to be included in the new sprint.
    (info) If you do not have an estimation statistic applied to an issue, you will receive a warning when starting the sprint (unless you are using Issue Count, as this is calculated automatically).
  6. The issues will move into Work mode.

詳細は、「スプリントの開始」を参照してください。

課題での作業

7. 「To Do」リストの閲覧

  1. Select Plan mode on your preferred board.
  2. 自分に割り当てられた課題のみを表示するには、「自分の課題のみ」ボタンをクリックします。

For more information, please see Using Work Mode.

8. 課題のフィルタリング

クイックフィルタを使用して、課題を動的にフィルタリングできます。これにより、例えば特定のタイプ (「バグ」など) の課題のみを表示できます。

  1. 希望するボードで、「ツール」 > 「設定」を選択します。
  2. ボードの設定」画面で、「クイックフィルタ」タブをクリックします。
  3. 名前」フィールドで、「バグのみ」(または必要な設定) を入力します。
  4. JQL」フィールドに、「type = bug」(または必要な設定) と入力します。
  5. 追加」ボタンをクリックしてから、「使用」をクリックします。
  6. 新しいクイックフィルタ用のボタンが新しく追加されました。

詳細は、「クイックフィルタの設定」を参照してください。

 9. ステータスを通じて課題を切り替える

  1. Select Work mode on your preferred board.
  2. Drag and drop the desired card(s) to the column that matches the status to which you want to assign the issue(s).
    (warning) If moving an issue causes a constraint to be exceeded, the affected constraint will be displaed in red (maximum) or yellow (minimum).

For more information, please see Transitioning an Issue.

10. スプリントの完了 (Scrum)

  1. Select Work mode on your preferred board.
  2. スプリント名の横の歯車ドロップダウンをクリックすると、ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. 希望する場合は、スプリント名、開始日および終了日を編集できます。
  4. Click Complete Sprint.
    (info) You will need to have the JIRA 'Project Administrator' permission in the project(s) whose issues are included in the sprint.
    (info) When you try to close a sprint, and you have parent issues not Done but all sub-tasks are Done, you will be prompted to make the parent Done before continuing.
  5. You will be taken to the Sprint Report. Your issues will move out of Work mode. Any incomplete issues will move back into the backlog and will be visible in Plan mode.

詳細は、「スプリントの終了」を参照してください。

多くの Scrum チームはスプリントの最後にバージョンをリリースしませんが、必要な場合は簡単に実行できます。

  1. 完了済みのスプリント レポート完了済みの課題セクションで、課題ナビゲーターで表示をクリックします。
  2. You can then use JIRA's Bulk Edit to assign all of the issues to the relevant version (for details, please see the JIRA documentation on  

...または...

バージョンのリリース (カンバン)

  1. Select Work mode on your preferred board.
  2. Click the Release link at the top of the Done (rightmost) column.
    (info) You will need to have the JIRA 'Project Administrator' permission in the project(s) whose issues are to be included in the version.
  3. リリース」ウィンドウが表示されます。バージョン名およびリリース日 (オプション — デフォルトでは本日の日付) を入力します。
  4. Click the Release button to save your new version and mark it as 'released' throughout JIRA and GreenHopper.
ボードの作成

詳細は、「バージョンのリリース (Kanban)」を参照してください。

 

検索とレポート

12. 進捗状況の追跡: Scrum

A Burndown Chart shows the actual and estimated amount of work to be done in a sprint, and helps you to project the likelihood of achieving the sprint goal.

  1. Select Report mode on your preferred board.
  2. 左側のドロップダウンからバーンダウン チャートを選択し、アクティブなスプリントのバーンダウン チャートを表示します。
  3. 範囲に対する変更 (例: スプリントに追加された課題、スプリントから削除された課題) は、グラフ下の表に表示されます。

詳細は、「バーンダウン チャートの表示」を参照してください。

A Sprint Report shows the list of issues in each sprint. It is useful for your Sprint Retrospective meeting, and also for mid-sprint progress checks.

  1. Select Report mode on your preferred board.
  2. 左側のドロップダウンから「スプリント レポート」を選択します。
  3. スプリント ドロップダウンから関連スプリントを選択します。

詳細は、「スプリント レポートの表示」を参照してください。

A Velocity Chart shows the amount of value delivered in each sprint, enabling you to predict the amount of work the team can commit to in future sprints. 

  1. Select Report mode on your preferred board.
  2. 左側のドロップダウンから「ベロシティチャート」を選択します。
  3. スプリント ドロップダウンから関連スプリントを選択します。

詳細は、「ベロシティチャートの表示」を参照してください。

...または...

進捗状況の追跡: Kanban

  1. Select Report mode on your preferred board.
  2. CFD を表示するには、左側のドロップダウンから「累積フロー図」を選択します。

詳細は、「累積フロー図の表示」を参照してください。

コントロールチャートには、製品、バージョンおよびスプリントのサイクル時間 (または納期) が表示されます。

  1. Select Report mode on your preferred board.
  2. 左側のドロップダウンからコントロールチャートを選択し、管理図を表示します。
  3. グラフの上にカーソルを置くと、移動平均の値が表示されます。

詳細は、「コントロールチャートの表示」を参照してください。

 

13. Wallboard の表示

Wallboardは、プロジェクとの進捗状況に関する仮想データを示します。

  1. Ensure that the JIRA Wallboards add-on has been installed. (This is similar to installing the GreenHopper add-on as described above.)
  2. Click the Dashboard menu in the top navigation bar and create a new JIRA dashboard for your new wallboard.
    (info) Since existing dashboards may contain gadgets which are not wallboard-compatible, avoid copying an existing dashboard.
  3. On your new dashboard, click the Add Gadget link (top right). The Gadgets Directory will display. Find the GreenHopper Wallboard Gadget in the list of gadgets and click Add it now.
  4. Add any other wallboard-compatible gadgets to your new dashboard.
    (tick)Tip: By default, all available gadgets are listed. However, many of these gadgets are not wallboard-compatible. To restrict the list of gadgets to wallboard-compatible ones only, select the Wallboard category at the left of the Gadgets Directory.
  5. ダッシュボードの「ツール」ドロップダウンから、「Wallboard として表示する」を選択し、新しいウォールボードを見ます。画面エリアを有効利用するには、ブラウザを全画面モード (= Firefox 3.6 および Chrome 5 では F11、Safari では全画面モードを有効にするためにプラグインが必要) にしてからページを更新します。Wallboards は 1920x1080 および 1920x1200 ピクセル解像度の画面向けに最適化されていますが、一部の別の解像度モデルでも動作します。

For more information, please see the documentation on Using the GreenHopper Gadgets, the Wallboards add-on and the JIRA Dashboard.

ヒント/ コツ

14. キーボードショートカットを使用する

  • 課題を割り当てるには「a」を押します。
  • 課題にラベルを付けるには「l」を押します。
  • 課題にコメントを付けるには「m」を押します。
  • 「プロジェクター」モード (例: 全画面など) でボードを表示するには「z」を押します。
  • JIRA 操作ダイアログを表示するには「.」を押します。
  • ボード上の列内にある次の課題 (下) へ移動するには「j」を押します。

  • ボード上の列内にある前の課題 (上) に移動するには「k」を押します。
  • ボード上の次 (右) の列へ移動するには「n」を押します。
  • ボード上の前 (左) の列へ移動するには「p」を押します。
  • ボード上で現在選択中の課題の詳細ビューの非表示/表示を切り替えるには「t」を押します。
  • ボードの詳細ビューに現在表示中の課題を開くには「o」を押します。
  • ボードの詳細ビューで編集中のフィールドの内容を送信するには「Enter」を押します。
  • ボードの詳細ビューで現在編集中のフィールドに新しい行を追加するには「Shift」+「Enter」を押します。
  • 課題をボード上の現在の列の一番上に移動させるには、「s」+「t」を押します。(ランク付けが有効になっている場合のみ使用可能。)

  • 課題をボード上の現在の列の一番下に移動させるには、「s」+「b」を押します。(ランク付けが有効になっている場合のみ使用可能。)

(info)詳細は、「キーボード ショートカットの使用」を参照してください。

15. Agile を「ホーム」にする

  • あなたのユーザーアイコンが表示されたドロップダウンへ移動し、「My JIRA ホーム」> 「Agile」を選択します。

(info) For more information, please see Going to GreenHopper Automatically.

高度なトピック

16. ストーリーをエピックにグループ化する (Scrum)

ストーリーが非常に大きく、複雑な場合、作業のさまざまな側面をカバーする小さなストーリー (課題) を複数作成することが必要な場合があります。エピックを使用すると、これらの課題を一緒にまとめることができます。

  1. Select Plan mode on your preferred board.
  2. If the Epics panel is not shown at the left of the screen, select Tools > Show Epics Panel.
  3. エピックパネルにカーソルを重ね、「エピックの作成」をクリックします。
  4. エピック名」フィールドに短い名前を入力します。エピック名は、エピックや、そのエピックに所属する課題を特定する際に使用します。
  5. 新しいエピックが、ボードエピックパネルに追加されます。関連する課題をドラッグアンドドロップで新しいエピックに移します (「課題をエピックに追加する」を参照)。

17. バージョンの計画 (Scrum)

課題をバージョンに割り当てると、製品の今後のリリースの計画に役立ちます。

  1. Select Plan mode on your preferred board.
  2. If the Versions panel is not shown at the left of the screen, select Tools > Show Versions Panel.
  3. バージョン」パネルにカーソルを重ね、 「バージョンの作成 」をクリックします。
  4. Choose the relevant project and type a name for your new version.
    (info) For more details, please see the JIRA documentation on Managing Versions.
  5. 必須ではありませんが、バージョンの開始日およびリリース予定日を指定することができます。
  6. 新しいバージョンがボードバージョンパネルに追加されます。関連する課題をドラッグアンドドロップで新しいバージョンに移します (「課題をバージョンに追加する」を参照)。

18. ストーリーをサブタスクに分割する

ストーリー(課題) の実装が必要な各作業項目に対してサブタスクを作成することができます。

  1. Scrum を使用中で、課題が現在計画段階にある場合は、「計画」または「作業」をクリックします。
  2. 新しいサブタスクの親課題 (ストーリー)を見つけて、その課題キーをクリック (または作業モードで t と入力) して、画面の右側に課題詳細ビューを表示します。
  3. Click the sub-tasks icon:
  4. サブタスクの作成」をクリックします。
  5. 課題の作成」ダイアログ ボックスにサブタスクの詳細を入力します (「課題の作成」を参照)。

本ガイドをお読みいただきありがとうございました。

Thanks for taking the time to try GreenHopper using this guide. To help continue your journey, our support staff are always ready to answer your questions in Atlassian Answers, or solve specific problems at our support portal http://support.atlassian.com.

  • ラベルなし