単一ノードでの Confluence Data Center の実行

Data Center を使用することで、複数のノードを含むクラスタで Confluence を実行したり、単一サーバー (非クラスタ、またはスタンドアロン Data Center とも呼ばれます) で Confluence を実行したりすることができます。

このページでは、非クラスタ Confluence Data Center デプロイメントのアーキテクチャと要件に加えて、メリットや考慮事項についても説明します。

アーキテクチャ

非クラスタ Data Center デプロイメントのアーキテクチャは、Server インストールと同じです。ここでは、典型的なセットアップの様子を示します。

単一のノードにデプロイされた Confluence Data Center は、Server インストールと同じようになり、以下で構成されます。

  • 単一ノードで実行する Confluence Data Center
  • Confluence が読み取りと書き込みを行うデータベース

単一サーバーでの Confluence のインストールの詳細については、「Confluence 管理者入門」をご確認ください。 


要件

非クラスタ Confluence Data Center のインストールの最小要件は、Confluence Server のインストールと同じです。必要となるサポート対象のプラットフォームとハードウェアについては、Confluence のシステム要件ガイドをご覧ください。

非クラスタ Data Center デプロイメントを実行するメリット

単一ノードの Data Center を選択する理由はさまざまです。メリットには以下が含まれます。

  • 既存のインフラストラクチャの保持
    単一ノード上で実行する場合、インフラストラクチャへの追加を行うことなく Server から Data Center にアップグレードできます。ほとんどの場合、Data Center への移動は、ライセンス更新と同じくらい簡単です。

  • Data Center のみの機能へのアクセス
    Data Center ライセンスは、一連の追加のセキュリティ、コンプライアンス、および管理機能を解放し、エンタープライズ グレードの Confluence サイトの容易な管理を実現します。このような機能には、SAML シングル サインオン、高度な権限管理、レート制限などがあります。完全な一覧を見る

非クラスターの Confluence Data Center インストールはクラスターに対応しています。スケーリングが必要になったときにはいつでも、クラスター化を有効にして構成することができます。クラスターのセット アップ方法の詳細をご確認ください。

考慮事項

非クラスタ Data Center のセットアップは非常に簡単ですが、いくつかの制限事項があります。Server のインストールと同様に、アプリケーション サーバーが引き続き単一障害点になるので、高可用性やディザスタ リカバリ戦略はサポートできません。

一部のデプロイメントでは、サイズ プロファイルが "Large" または "XLarge" になるとパフォーマンスや安定性に問題が生じるようになります。ほとんどのクラスタ化されたデプロイメントには、インフラストラクチャを拡張して高負荷に対処する (さらに、低負荷時には縮小してコストを削減する) 柔軟性があります。AWS や Azure では、異常な動作を示すノードを新しいものに置き換えることで、安定性に関するほとんどの問題に迅速に対処することもできます。

tip/resting Created with Sketch.

サイズ プロファイルの詳細については、「Data Center のパフォーマンス – サイジング」をご参照ください。また、「アトラシアンがエンタープライズ デプロイメントの監視に使用している方法」で、クラスタ デプロイメントの管理戦略についても説明しています。



最終更新日 2021 年 4 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.