クラウド サイトをリセットしてすべてのデータを削除する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

descriptionクラウド サイトのすべてのデータを削除して元のデフォルト設定にリセットするための手順をご案内します。
productJira, Confluence, Opsgenie
プラットフォームクラウド

この記事の内容は ConfluenceJira (Jira Core、Jira Software、Jira Service Desk) および Opsgenie のクラウド バージョンに適用されます。Trello、Bitbucket、Statuspage、およびあらゆるユーザー管理製品 (Atlassian Access) には適用されません。また、あらゆるサーバー製品にも適用されません。

このページでは、クラウド サイトを元のデフォルト設定にリセットする方法について説明します。クラウド サイトをリセットすると、サイトは新規作成時のデフォルト設定に戻り、すべてのデータが削除されます。すべてのデータは削除したくない場合や、プロジェクトを再度移行したい場合、Jira で個別のプロジェクトを削除したり、Confluence で個別のスペースを削除したりすることもできます。

クラウド サイトのリセットは次のような場合に行います。

  • テスト データのインポートや移行を行い、それらが不要になった場合

  • クラウド サイトを引き継いだがデータは不要な場合

  • ユーザーには不要な古いデータや構成が残っている場合

はじめる前に

クラウド サイトをリセットするには、リセットしたいクラウド サイトのサイト管理者である必要があります。

クラウド製品を削除すると、その製品に関連付けられているすべてのデータと設定が即座に削除されます。製品を再アクティベートしてもデータは復元されません。また、アトラシアンでデータの復元を行うこともできません。これはユーザー管理製品や、ユーザーの Atlassian アカウントには影響しません。このプロセスで Atlassian アカウントが削除されることはありません。

We recommend creating a Confluence site backup or Jira site backup before resetting your products to avoid accidental data loss. You can find more information about how we store and manage your data on our data storage FAQs.

For monthly cloud subscriptions, reactivating a product that was previously canceled will begin a new trial period, ending at your next monthly renewal. For cloud subscriptions paid annually, please contact us to have the reactivated product extended through the remainder of your annual term.

2 つ以上のクラウド製品を使用している場合のサイト リセット

クラウド サイトに 2 つ以上の異なる製品がある場合 (Confluence と Jira、Jira と Opsgenie、Confluence と Opsgenie など) はこの手順を使用します。2 つ以上の Jira 製品がある場合、それらは 1 つと見なします。

1 つの製品をリセットすることも、両方をリセットすることもできます。両方をリセットしたい場合、一度に 1 つずつ実行する必要があります。

  1. クラウド サイトで、[管理] > [請求] > [サブスクリプションの管理] に進みます。

  2. リセットしたい製品を見つけ (JIra または Confuence)、3 点アイコンを選択してオプションを表示し、[削除] を選択します。

  3. フィールドに「DELETE」と入力します。 

  4. 完了したら、[管理] > [アプリケーションを見つける] に移動し、リセット済みの製品の [再アクティベート] を選択して、製品を再度有効化します。

  5. 製品の再有効化が完了したら、もう片方を削除できます。

1 つのクラウド製品を使用している場合のサイト リセット

クラウド サイトに製品が 1 つだけある場合 (Jira、Confluence、または Opsgenie)、他の製品のトライアルを有効化することで、サイト全体を削除することなくリセットを行えるようにします。

  1. クラウド サイトで別の製品を有効化します。

    1. クラウド サイトで、[管理]> [アプリケーションを見つける] に移動します。

    2. 他の製品で [無料トライアル] または [再アクティベート] をクリックします (例: Confluence のみを使用している場合は Jira を有効化する必要があります)。

  2. 2 つめの製品が有効化されたら、[管理] > [請求] > [サブスクリプションの管理] に移動します。

  3. リセットしたい製品を見つけ (JIra または Confuence)、3 点アイコンを選択してオプションを表示し、[削除] を選択します。

  4. フィールドに「DELETE」と入力します。 

  5. 完了したら、[管理 ] > [アプリケーションを見つける] に移動し、リセット済みの製品の [再アクティベート ] を選択して、 製品を再度有効化します。

  6. もう片方の製品が不要な場合、ステップ 2 の手順を使用してそれを無効化します。

2 つ以上の Jira 製品を使用している場合のサイト リセット

2 つ以上の Jira Cloud 製品を使用している場合 (例: Jira Software と Jira Service Desk)、データを削除するにはすべての Jira 製品を削除する必要があります。1 つのみを削除してもデータは保持され、再有効化時に再表示されます。

  1. Confluence または Opsgenie が有効化されていることを確認します。有効化されていない場合はいずれかを有効化します。

    1. クラウド サイトで、[管理] > [アプリケーションを見つける] に移動します。

    2. Confluence または Opsgenie で [無料トライアル] または [再アクティベート] をクリックします。

  2. Confluence または Opsgenie が有効化されたら、[管理] > [請求] > [サブスクリプションの管理] に移動します。

  3. 各 Jira 製品で 3 点アイコン > [削除] の順に選択し、製品を削除します。

  4. フィールドに「DELETE」と入力します。

  5. すべての Jira 製品を削除したら、[管理] > [アプリケーションを見つける] に移動し、リセット済みの製品の [再アクティベート] を選択して、製品を再度有効化します。

  6. Confluence または Opsgenie が不要な場合、ステップ 2 の手順を使用してそれらを無効化します。

ユーザーおよびグループのリセット

このページの手順はユーザーやグループの削除は行いません。サイトからユーザーやグループを削除するには、次のガイドをご利用ください。

詳細情報とサポート

これらの手順が意図したように動作しない場合、サポート チームにお知らせください

サポート リクエストには次の内容を含めてください。

  1. リセットしたい製品

  2. 製品内のすべてのデータを削除することへの同意

  3. 完了希望日時 (即時、または希望の日時)

リセットが完了したら、クラウド サポート チームがお知らせします。


最終更新日 2020 年 11 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.