Jira Cloud Migration Assistant のサポート対象バージョン

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

description現在お使いのセルフホスト型 Jira バージョン (サーバーまたは Data Center) に Jira Cloud Migration Assistant との互換性があるかどうかをご確認ください。

現在ご利用のセルフホスト型製品のバージョンによっては、Jira Cloud Migration Assistant を使用して Jira Server から Cloud に移行する前に、アップグレードが必要な場合があります。以下は、互換性のあるセルフホスト型バージョンのガイドラインです。

Jira Software または Jira Core

Jira Cloud Migration Assistant を使用するには、Jira Server バージョン 7.6.0 以降を実行している必要があります。 

これよりも前のバージョンを使用している場合、移行アシスタントを使用する前にこのバージョン以降にアップグレードする必要があります。

Jira Service Desk

Jira Cloud Migration Assistant には、Jira Service Desk との互換性はまだありません。Jira Service Desk プロジェクトを移行するには、Jira サイト インポートまたは CSV インポートを使用できます。 

データセンター

The Jira Cloud Migration Assistant is now available on Data Center. Before using the migration assistant on your Data Center instance, check what data is and isn’t migrated.

Limited recovery support

The Jira Cloud Migration Assistant, when installed on Data Center supports limited recovery (in the case of a server failure) during migrations. To maximize recovery capabilities, we recommend only running one migration at a time per 2 Data Center nodes. This capability is only available on the Jira Cloud Migration Assistant.


Expand for technical details...

In the case of a server failure during the migration, the Jira Cloud Migration Assistant will:

  • During export: Automatically recover the migration up to 2 times - as long as there are 2 Data Center nodes per migration, and both don’t crash at the same time.
  • During import: Automatically recover the migration (unlimited times) - as long as there are 2 Data Center nodes per migration, and both don’t crash at the same time.

In the event that all Data Center nodes crash, then recovery (as per above) isn’t guaranteed. Although, it could occur if 1 node (per migration) is restarted within 3 minutes.


詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

最終更新日 2020 年 6 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.