Git のフィーチャー ブランチ ワークフロー

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Git のフィーチャー ブランチ ワークフローは、チームでの Bitbucket の作業開始に役立つ効果的な方法です。このワークフローでは、メインの master ブランチから伸びる各ブランチに、すべての機能開発タスクが割り当てられます。これにより、複数の開発者がメインのコードに触れることなく、それぞれの機能開発に取り組むことができます。

master ブランチから作業を開始する

このワークフローは、2 人以上のグループでコードに対して共同で取り組む場合に役立ちます。Bitbucket とローカル リポジトリが同期されているのを確認したら、ワークフローを開始しましょう。

新しいブランチを作成する

取り組むそれぞれの機能や課題ごとに別のブランチを使用します。ブランチを作成したらローカルにチェックアウトして、変更がローカルのブランチに反映されるようにします。詳細情報

更新後、変更を追加、コミット、およびプッシュする

Git を使っているときと同じように、機能での作業を行ってコミットを実行します。準備ができたら、コミットをプッシュして、Bitbucket のフィーチャー ブランチを更新します。詳細情報

コードのレビューを依頼する

Bitbucket でプル リクエストを作成して、コードへのフィードバックを依頼します。ここではレビューアを追加して、マージを実行する前に内容の妥当性を確認できます。詳細情報

フィードバックを解決する

チームメイトがコメントを追加して、コードを承認しました。コメントをローカルで解決して、変更を Bitbucket にコミットおよびプッシュします。更新内容がプル リクエストに表示されます。

プル リクエストをマージする

ほかのユーザーがリポジトリに変更を加えていた場合、マージを行う前に競合を解決する必要がある場合があります。プル リクエストが承認され、競合がない場合は、コードを master ブランチに追加できます。Bitbucket で、プル リクエストからマージを行います。詳細情報


このページではフィーチャー ブランチ ワークフローの使い方のみを説明していますが、ブランチやプル リクエストは Gitflow などの他のプロセスでも利用できます。Gitflow やその他の Git ワークフローについては、Atlassian の Getting Git Right web サイトの説明をご参照ください。

最終更新日 2018 年 1 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.