リポジトリのブランチ

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ブランチを利用すると、メインのコードベースに影響を与えずに新しい機能の作業に取り組むことができます。Bitbucket またはターミナルからブランチを作成できます。変更を行った後、そのブランチを Bitbucket にプッシュしてプル リクエストでのレビューを依頼できます。

このページの内容:

ブランチの作成

Git および Mercurial リポジトリでブランチを作成できます。Git ブランチには常に名前がありますが、Mercurial にはブランチと名前付きブランチの概念があります。詳細については、スティーブ・ロッシュのガイドをご覧ください。このドキュメントでは、2 つのシステムでのブランチについてわかりやすく説明されています。

Git ブランチの作成

Git ブランチは 2 つの方法で作成できます。1 つめは、Bitbucket から作成する方法です。

  1. リポジトリのグローバル サイドバーで + をクリックして、[作業に取りかかりましょう] の下の [ブランチの作成] を選択します
  2. 表示されたポップアップで、ブランチ名を入力して [作成] をクリックします。
  3. ブランチを作成したら、ローカル システムからブランチをチェックアウトする必要があります。Bitbucket では、次のコマンドに似たフェッチおよびチェックアウト コマンドを使用できます。

    $ git fetch && git checkout <機能>
  4. ローカル側で変更を行ってから、その変更を <feature> ブランチに追加、コミット、およびプッシュします。

    $ git add .
    $ git commit -m "adding a change from the feature branch"
    $ git push origin <feature>
  5. リポジトリの [ソース] ページをクリックします。ブランチのドロップダウンに master <feature> ブランチの両方が表示されます。<feature> ブランチにコミットを行うと、そのブランチに固有のファイルが表示されます。

リポジトリのクローン バージョンがある場合、ローカルでブランチを作成できます。

  1. ターミナル ウィンドウから、リポジトリのブランチを一覧表示します。

    $ git branch
    * master

    この出力は 1 つのブランチ (master) があることを示し、アスタリスク (*) は現在そのブランチがアクティブであることを示します。

  2. リポジトリで新しいフィーチャー ブランチを作成します。

    $ git branch <feature_branch>
  3. 作業するためにフィーチャー ブランチに切り替えます。

    $ git checkout <feature_branch>

    git branch コマンドを使用いて、再びブランチを一覧表示します。

  4. 新しいフィーチャー ブランチへの変更をコミットします。

    $ git add .
    $ git commit -m "adding a change from the feature branch"
  5. master ブランチに切り替えます。

    $ git checkout master
  6. フィーチャー ブランチを Bitbucket にプッシュします。

    $ git push origin <feature_branch>
  7. Bitbucket でリポジトリの [ソース] ページを表示します。master ブランチとフィーチャー ブランチの両方が表示されます。フィーチャー ブランチを選択すると、そこでのソース ビューが表示されます。フィーチャー ブランチを選択して、そのブランチの最近のコミットを表示します。

Mercurial ブランチの作成

If you want to create a Mercurial branch, the best way to do it is locally.

  1. リポジトリで新しい機能ブランチを作成します。

    $ hg branch <機能ブランチ>

    作業ディレクトリでは何も変更されません。branch コマンドを使用して、次のコミットで使用するブランチ名を Mercurial に指定します。hg branches コマンドを使用すると、まだ既定ブランチしかないことがわかります。

  2. 作業用のコピーでファイルの編集、ファイルの追加、およびコミットを行います。

  3. 変更をコミットします。
  4. hg branches コマンドをもう一度実行します。

    $ hg branches
    feature                     3159:6ab9a159fc43
    default                     3158:5b8b05432593 (inactive)
  5. Push the feature branch back to Bitbucket. To do so, you'll need to do a force push with hg push -f.

    $ hg push --<機能ブランチ>

Listing commits on a branch

Bitbucket は、ブランチ別にコミットのリストを保持します。リストは、master より先の保留中のコミットがある、オープンなブランチのみを示します。特定のブランチに関連付けられているコミットを表示するには、リポジトリを表示して以下を実行します。

  1. [コミット] ページに移動します。
  2. Choose Show all if All branches isn't already selected.
    You'll see a list of commits with branch tags to the right and a graph to the left:
  3. コミット タグのリンクをクリックすると、コンテンツの詳細を表示できます。

Closing a branch

リポジトリのブランチを定期的に取り除くことが重要です。ブランチをクローズすると、Bitbucket インターフェイスからブランチが削除されます。ローカル リポジトリ内のブランチには影響しません。これは、Git または Hg の関連コマンドを使用し、必要に応じて削除する必要があります。

ブランチは 2 つの方法でクローズできます。

  • From the Branches page of the repository, hover over the options link on the right side and pick Delete branch.
  • When you create a pull request on a branch, pick the Close branch checkbox, which closes the branch when the pull request merges.
最終更新日 2018 年 7 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.