Bitbucket Cloud のスマート ミラーリングのトラブルシューティング

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Bitbucket Cloud のスマートミラーリングで発生する可能性のある問題を特定して解決する方法について説明します。

詳細については、「Bitbucket Data Center FAQ」をお読みください。

 

 

一般的な接続エラー

以下の表は、Bitbucket Cloud とスマート ミラーの通信に影響する可能性がある基本的な問題の一覧です。

考えられる原因 可能な処置

ミラー サーバーが稼動していない

  • ミラーをホストするサーバーが稼動中であることを確認します。

ミラー サーバーがネットワークに接続されていない。

  • ファイアウォールの外側から ping を送信して、サーバーにアクセスできることを確認します。

ホスト アドレスとポートの特定の組み合わせを使用する接続が、ファイアウォールまたはその他のネットワーク デバイスによってブロックされている。

Bitbucket からの送信コールは、ミラーの受信コールとなります。同様に、ミラーからの送信コールはBitbucket受信コールとなります。両方が機能する必要があります。

  • 受信: telnetを使用して、ミラーが特定のポートで受信接続を許可していることをテストします。
  • 受信: ネットワーク設定を確認し、Bitbucket がミラーと通信できることを確認します。Bitbucket が使用する IP アドレスについては、「Bitbucket Cloud IP アドレス」をご確認ください。
  • 送信: ミラーサーバーに SSH 接続し、Bitbucket.org に接続できることを確認します。
  • 送信: Bitbucket.org は IPv6 アドレスをアドバタイズしています。IPv6 を使用している場合は、正しく構成されていることを確認します。

接続に使用されているプロトコルが誤っている (例: HTTPS ではなく HTTP を使用している)。

  • ミラー アプリケーションの bitbucket.properties 構成ファイルで、 Server connector ディレクティブの構成を確認します。
    このファイルは $BITBUCKET_HOME/shared/ 内にあります。ここで、$BITBUCKET_HOME 環境変数には、Bitbucket Server ホーム ディレクトリへのパスが含まれます。

    次の行が追加されている必要があります。
server.port=7990
server.proxy-name=<mycompany.com>
server.secure=true
server.scheme=https
server.proxy-port=443

詳細は、「Bitbucket Server の設定プロパティ」を参照してください。

ミラー アプリケーションが実行しているが、Bitbucket Cloud が接続しようとしているポートでリッスンしていない。

トップに戻る

一般的な SSL エラー

SSL 証明書は、次の最小要件を満たす必要があります。

  • 証明書のコモン ネーム (CN) は、アプリケーションのホスト名 (URL アドレス) と一致している必要があります。
  • 証明書のタイムスタンプは引き続き有効である必要があります。
  • 適切な Java トラスト ストアに証明書をインストールする必要があります (Bitbucket Server は、Tomcat アプリケーション サーバーをバンドルする Java アプリケーションです)。Java トラスト ストア内に証明書が存在することを確認するには、「SSL 証明書の場所をチェックする」を参照してください。

証明書の詳細を確認するには、ブラウザでアプリケーションにアクセスし、ブラウザのアドレスバーにある南京錠のアイコンをクリックします。また、SSL 証明書の詳細をオンラインで確認することもできます (例: https://www.digicert.com/help/ を使用)。

トップに戻る

ブラウザの一般的な問題

状況によっては、次のように、ミラー管理 UI を使用すると問題が発生することがあります。

  • プロジェクトを追加または削除しようとしたときにミラーが失敗し、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

     
  • ミラー サポート ツールを使用しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

     


これらの問題はいずれも、お使いのブラウザがサードパーティの cookie を許可していない場合に発生する可能性があります。回避策として、サードパーティ cookie を有効化します。詳細は BSERV-8558 - 課題の詳細を取得中... ステータス をご覧ください。

トップに戻る

有効な HTTPS 構成がない

トップに戻る

ミラー ベース URL が誤って設定されている

  • プロパティ Mirror base URL は一度だけ設定できます。Bitbucket Server を初めて起動したときに実行するウィザードによって設定されます。構成に誤りがある場合や、変更が必要な場合は、ミラーを削除して再度設定する必要があります。

トップに戻る

不明な公開キー

Bitbucket ミラーからクローンやプルを行うと、ターミナルで次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

Cloning into 'local-repo'...
Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.
考えられる原因
可能な処置
公開キーがない
サポートされていない SSH キー タイプ
  • ミラーの認証に使用する SSH キーのタイプをチェックします。Bitbucket Cloud ミラーリングは RSA、DSA および ECDSA SSH キー タイプをサポートします。ED25519 キーは Bitbucket Server (ミラー) ではサポートされません。公開キーを確認し、最初の文字が ssh-ed25519 ではないことを確認します。公開キーの見つけ方については、「SSH の問題のトラブルシューティング」を参照してください。
  • 回避策として、サポートされるタイプの別のキーを構成し、それをミラーに使用します。「SSH キーのセットアップ」を参照してください。

トップに戻る

最終更新日 2017 年 8 月 17 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.