Bitbucket スマート ミラーリングのセットアップ

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Bitbucket Cloud のスマート ミラーリングはプレミアム機能ですが、2017 年 6 月 22 日までは無料でお試しいただけます。

6 月 22 日までにプレミアム プランにアップグレードされない場合、ミラーとの同期は停止します。アカウントをプレミアム プランへアップグレードすると、スマート ミラーのすべての機能を引き続きご利用いただけます。

Bitbucket プレミアムについて詳細を読む

Bitbucket Server のスマート ミラーリングは、お客様自身がホストする Bitbucket Server のローカル インストールを使用して、Bitbucket Cloud でホストされるリポジトリをミラーリングします。詳細は、「Bitbucket Cloud のスマート ミラーリング」をお読みください。

このページでは、有効な SSL 証明書を使用してスマート ミラーリングをセットアップする方法について説明します。

1. ミラーに Bitbucket Server をインストールする

ミラーをインストールして Bitbucket インストーラー実行する簡単な方法は、[新しいミラーのインストール] オプションを使用することです (同じディストリビューションが、Bitbucket Server、Bitbucket Data Center、Bitbucket Cloud または Bitbucket Data Center のいずれかに接続されているミラー インスタンスのインストールに使用されることにご注意ください)。 

  1. www.atlassian.com/software/bitbucket/download に移動し、最新バージョンの Bitbucket インストーラーを、ミラーを実行するサーバーにダウンロードします。以下を確認してください。
    • Bitbucket Serverが 4.10.2 以上である。
    • サーバー マシンが Linux を実行している。MacOS でもミラーを評価することはできますが、現在 Windows はサポートされていません。
    • サーバー マシンが Bitbucket Server のその他の要件を満たしている。詳細な要件 (Java や Git 用も含む) については、「サポートされるプラットフォーム」を参照してください。
    • サーバー マシンがうまくプロビジョニングされている - ミラーは、ピーク負荷を処理するのに十分な CPU、メモリ、および I/O リソースを備えてプロビジョニングされている必要があります。詳細については、「Bitbucket Server のスケーリング」を参照してください。
  2. インストールを実行します。[新しいインスタンスのインストール] を選択してから、[ミラー インスタンスのインストール] を選択します。
  3. インストール ウィザードの残りの部分を完了します。

アーカイブファイルからのインストール...

Bitbucket インストーラーを使用したくない場合は、以下を実行できます。

  1. アーカイブ ファイルから Bitbucket Server をインストールし、起動はしないでください (後述の手順 2 のとおり、ミラーを開始する前に SSL を構成する必要があります)。
  2. Add the following line to your ${BITBUCKET_HOME}/shared/bitbucket.properties:

    application.mode=mirror

2. ミラーで HTTPS をセットアップする

有効な SSL 証明書で HTTPS を使用してセキュアなアクセスを必須にするよう、ミラーを構成する必要があります。SSL 証明書は認証局によって署名され、ルートに配置し、有効期限内である必要があります。ミラーを初めて起動したときに実行されるミラー セットアップ ウィザードは、ミラーが有効な SSL 証明書を持たない場合、処理を続行しません。自己署名証明書を使用することはできません。SSL 証明書は、VeriSignDigiCert または Thawte などの信頼できるサードパーティ認証局 (CA) によって発行されている必要があります。Atlassian では SSL 証明書を提供していません。 

パフォーマンスおよびセキュリティ上の理由から、以下を強くお勧めします。

  • リバース プロキシ (Apache、nginx、HAproxy など) の背後でミラーを実行する
  • SSL をプロキシで終了する

この方法の詳細や、SSL 証明書を使用するようミラーを構成する方法の詳細については、「HTTPS を使用してリバース プロキシを保護する」のオプションを参照してください。

 

3. ミラーの開始

Change directory in a terminal to the <Bitbucket Server installation directory> and run:

bin/start-bitbucket.sh

ミラーの起動と停止の詳細については、「Bitbucket Server を起動および停止する」を参照してください。

 

4. ミラーのセットアップ

Once your mirror has started, navigate to https://<mirror-full-name>  in your browser, where  <mirror-full-name>  is your mirror's fully qualified DNS name which you set up in Step 2. You'll see the Bitbucket Server setup wizard. The  <mirror-full-name>  will be pre-filled as the Mirror base URL

ミラー名 人間にわかりやすい形式でのインスタンス名。この名前は、ユーザーがクローン元のミラーを選択したときに表示されます。
ユーザーが素早く認識できる名前を選択するようにしてください。
ミラー ベース URL ミラーにアクセスできる URL です。
プライマリ サーバーの場所 Bitbucket Cloud を選択します。

Bitbucket Cloud がこの名前でミラーに到達できることを確認してから、[構成の送信] をクリックします。

[構成を送信する] をクリックしてからセットアップ ウィザードの構成を変更することはできまないため、慎重に入力することをおすすめします。送信後にミラーの設定を変更する必要がある場合、ミラーを停止し、ホーム ディレクトリを完全に削除してから、手順 2「ミラーで HTTPS をセットアップする」に戻ります。

応用: 自動セットアップ...

As an alternative to using the setup wizard, you can automate the setup process without needing to navigate to the mirror in a browser. You can supply values for  <Mirror name> ,  <Mirror base URL> , and  <Primary server URL>  to your new mirror by adding the following properties to the  ${BITBUCKET_HOME}/shared/bitbucket.properties  file. These properties can only be applied on the first start of a new mirror, not after the mirror has already been set up.

setup.displayName=<Mirror name>
setup.baseUrl=<Mirror base URL>
plugin.mirroring.upstream.type=cloud

 

構成を送信すると、ミラーを Bitbucket Cloud アカウントに接続する画面が表示されます。


5. ミラーを Bitbucket Cloud アカウントに接続する

ローカル ミラーを Bitbucket Cloud アカウントに接続するには、チームのアカウントの管理者権限が必要です。管理者権限を持っている場合、アカウントにミラー アクセス権を付与する画面が表示されます。

 

承認されたミラーは、Bitbucket Cloud アカウント内のすべてのプロジェクトとリポジトリへのアクセス権を持ちます。Bitbucket スマート ミラーリングは一貫したセキュアな通信を必要とし、すべての機能を適切な権限レベル (例: システム管理者) に制限してすべての機密情報のセキュリティを確保するように設計されています。ただし、サイト管理者はご自身の責任で、Bitbucket Cloud と同じセキュリティ プラクティスをミラーにも設定する必要があります。詳細は、「スマート ミラーリングはどのように守られていますか?」を参照してください。

ミラーリングする Bitbucket プロジェクトを選択する

ミラーの接続に成功すると、Bitbucket Cloud へのリダイレクトが行われ、ミラーリングを行うプロジェクトを設定できます。プロジェクトの名前を検索ボックスに入力して追加します。ミラーリングを行いたいプロジェクトごとにこの手順を実行します。

ミラーは、[スマート ミラーリング] の下のチームの [設定] で、後からいつでも設定できます。 

すべてのプロジェクトをミラーリングするよう選択することもできますが、この操作はミラーを再インストールしないと元に戻せないことにご注意ください。

すべてのプロジェクトをミラーリングすると、後から戻すことはできません

すべてのプロジェクトのミラーリングを停止することを後から選択した場合、ミラー インスタンスを削除して再度インストールする必要があります。

ミラーでの作業

ミラーにプロジェクトを追加したら、日常業務でミラーリングを使用する方法について、「Bitbucket スマート ミラーリングでの作業」を参照してください。

 

最終更新日: 2017 年 9 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.