チームのリポジトリを作成し、アクセスを付与する

チームの [概要] ページで、チームのリポジトリをすべて表示できます。チームを見つけるには、左下のアバターへ移動し、[すべてのチームを表示] をクリックします。チームでリポジトリを作成する際は、プロジェクト別に整理することもできます (個人アカウントで実行することはできません)。

このページの内容

チームのリポジトリを作成する

チームでのリポジトリの作成は、個人アカウントでの作成と同様です。唯一の違いは、チームをオーナーとして選択する必要があるという点です。チームを選択する際、プロジェクト フィールドが表示され、リポジトリの宛先プロジェクトを選択できます。リポジトリ作成の詳細については、「リポジトリの作成とクローン」を参照してください。

チームのリポジトリへのアクセスを付与する

特定のユーザー グループまたは個人ユーザーを追加してチームのリポジトリへのアクセスを制御できます。チームの一部としてのグループだけでなく、個人アカウントから作成したグループを追加することもできます。グループを作成するには、チームの [ユーザー グループ] ページに進むか、個々のアカウント設定に進みます。

ユーザーがアカウントを削除すると、Bitbucket はすべてのリポジトリ アクセス リストからそのユーザーを自動的に削除します。

チームを追加することはできますか?

チームをリポジトリに追加することはできません。リポジトリを所有するチームのみがアクセス権を所有しますが、必要に応じてリポジトリをチームに譲渡することができます。また、新しいグループを作成し、そのグループに追加したい特定のユーザーを追加することもできます。

既存のリポジトリへの新しいグループ アクセス

チームの新しいグループを作成しても、既存のリポジトリに自動的に追加されることはありません。新しいグループに既存のチーム リポジトリへのアクセス権を付与するには、次の手順を実行します。

  1. リポジトリの [設定] を開き、[ユーザーとグループのアクセス権] をクリックします。
  2. [グループ] セクションで [グループの選択] をクリックして、画面をスクロールして新しいグループを見つけます。
  3. 目的のグループを選択したら、次のドロップダウンからアクセス レベルを選択します。
    • 管理者 – ユーザーは、リポジトリの所有者が実行できるすべての作業 (リポジトリの設定変更、ユーザー権限の更新、およびリポジトリ削除) を実行できます。
    • 書き込み – ユーザーは、リポジトリに変更を直接プッシュできます。
    • 読み取り – ユーザーは、リポジトリ コードの表示、クローン、フォークはできますが、変更のプッシュはできません。読み取りアクセス権が付与されると、ユーザーは、課題の作成、課題へのコメント、および Wiki ページの編集も行えます。
  4. [追加] をクリックしてリポジトリにグループを追加します。

以降のリポジトリへのグループ アクセス

既存のユーザー グループを使用してチーム アカウントでリポジトリを作成すると、Bitbucket は、チームに読み取り書き込み、または管理デフォルト アクセス権を持つグループがあるかどうかを判断します。グループがある場合、Bitbucket はこれらのグループを、デフォルト権限付きで新しいリポジトリに追加します。デフォルト権限でなしを選択した場合、Bitbucket はそのグループを無視して、追加しません。

1 つのリポジトリのみのグループ権限を更新する場合、リポジトリ設定の [ユーザーとグループ アクセス] ページから行うことができます。

tip/resting Created with Sketch.

ユーザー グループは、チームのリポジトリへのアクセスを管理する最適な方法です。ただし、状況に応じて、ユーザーを個別にリポジトリへ追加することもできます。

既存のリポジトリへのユーザー アクセス

個人ユーザーをチーム リポジトリへ追加したい場合は、次の操作を実行します。

  1. Bitbucket リポジトリのリポジトリ設定  に移動します。
  2. 左側のナビゲーションから [ユーザーとグループ アクセス] をクリックします。
  3. アクセス権を持つユーザーの現在の一覧については、ページの [ユーザー] セクションを確認します。
  4. テキスト ボックスにユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。
  5. ドロップダウン ボックスから権限を選択します。
  6. [追加] をクリックします。

チーム メンバーが Bitbucket アカウントを持っていないか、チームまたはリポジトリにまだ関連付けられていない場合は、ユーザーに招待メールが送信されます。ユーザーがアカウントを作成するか、リポジトリに追加するための招待を受け入れると、招待の作成時に選択されたアクセス権を使用し、Bitbucket によってアカウントがリポジトリに追加されます。



プランの詳細を更新する

チームが無料プランの場合、チームは 5 ユーザーに制限されます。チームのリポジトリへのアクセス権を持つユーザーの数が 5 ユーザーを超えた場合、すべての非公開リポジトリのアクセス権が読み取り専用となります。リポジトリ管理者は引き続き、各リポジトリへの書き込みアクセス権を保有し、各リポジトリを引き続き管理できます。

アクセス権を復元するには、リポジトリから超過分のユーザーを削除するか、プランをアップグレードします。詳細は、「プランと請求」を参照してください。

最終更新日 2019 年 5 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.