ブランチの権限

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ブランチ権限は、特定のワークフローを強制し、新しいチーム メンバーが master を削除してしまうようなエラーを防ぐために役立ちます。

ブランチ権限でできること:

  • 任意のブランチに書き込みまたはマージできるユーザー/グループを厳密にコントロールします。
  • Create permissions for a specific branch pattern like /PROJECT-* to limit access to all branches with names like PROJECT-1234.

チームのワークフローをさらに厳密に管理したい場合はマージ チェックについて確認してください。マージ チェックでは、個別のブランチやブランチ パターンのマージについて、特定の条件を推奨または要求することができます。マージ チェックについて詳細を読む

マージ チェックは、Bitbucket Cloud のプレミアム機能です。Bitbucket プレミアムについて詳細を読む

このページの内容

関連ページ

権限のセットアップの例

たとえば、Alana (主任エンジニア)、Harvey (QA リーダー)、およびその他の 5 人のエンジニアが Teams in space プロジェクトに携わっているとします。効果的に作業できるよう、全員がリポジトリへの書き込みアクセス権を持っています。今回は、リポジトリの master ブランチと develop ブランチへのアクセスを管理する必要があります。次のように権限を割り当てます。 

  • Alana にのみ master への直接書き込みを許可
  • Alana と Harvey にのみ master へのマージを許可
  • 全員に develop へのマージを許可 (ただしプルリクエスト経由でのみ)
ここをクリックしてこの例のセットアップ方法を表示

権限を制限したいリポジトリに移動し、[設定]、[ブランチ権限] の順にクリックします。

master ブランチに権限を追加する:

  1. [ブランチの権限の追加] をクリックします。
  2. 各フィールドに以下を入力してから、[保存] をクリックします。
    1. ブランチまたはパターン: master
    2. 書き込みアクセス権限: Alana Persona
    3. プルリクエスト経由でのマージ: Harvey Persona

次に、develop ブランチに権限を追加します。

  1. [ブランチの権限の追加] をクリックします。
  2. 各フィールドに以下を入力してから、[保存] をクリックします。
    1. ブランチまたはパターン: develop
    2. 書き込みアクセス: Alana Persona および Harvey Persona (Alana と Harvey はプルリクエスト経由でのマージ権限を取得します)
    3. プルリクエスト経由でのマージ: Developers


結果は次のようになります。

両方のブランチで、履歴の削除/書き換えが全員に対して制限されていることもわかります。

ブランチ パターン

文字列の先頭または末尾にワイルド カード文字 (*) を追加して、特定のパターンのブランチ名 (「PROJEJCT」など) に対する権限を設定できます。次のような例があります。

PROJECT-* Matches branch named PROJECT-*, even in a name space, so restrictions would apply to the following branches:

  • PROJECT-1234
  • PROJECT-new
  • PROJECT-1.1

Differences with Mercurial branch management

For Mercurial repositories, branch management differs in that bookmarks are also supported. Similar to Git’s branch permissions, Bitbucket Cloud allows you to limit pushes for both bookmarks and named branches by setting branch permissions. Unlike in Git, you can’t allow the rewriting of branch history or the deletion of a branch via the Branch permissions settings, but you can prevent the deletion of a bookmark by adding the bookmark name to your Bookmark management settings.

If a user has write access to your Mercurial repository, you can't prevent history rewrites or rebasing.

ブランチ権限の重複

ブランチ権限の重複は通常、次のような場合に発生します。

  • 既存のブランチと一致するブランチを作成したが、権限が異なる場合
  • 別の権限でブランチを作成し、それが既存の権限付きブランチ パターンと一致する場合

たとえば、develop ブランチを作成してから、develop* というブランチ パターンを作成すると、権限の重複が発生します。

つまり、ブランチとブランチ パターンの両方に権限が適用されます。

ワイルドカード (*) ブランチ パターン 特定の ("master") ブランチ パターン 両方の制限に含まれるブランチに適用される制限
ユーザーまたはグループ制限 (書き込みまたはマージ アクセス)
ユーザーまたはグループがリストされていない Alana Alana のみがアクセス権を保持
すべてのユーザーまたはグループ Alana Alana のみがアクセス権を保持
Alana Harvey Alana と Harvey の両方がアクセス権を保持
Alana ユーザーまたはグループがない Alana のみがアクセス権を保持
Alana すべてのユーザーまたはグループ Alana のみがアクセス権を保持
最終更新日: 2019 年 2 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.