マージ前にチェックを提案または要求する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ユーザーにチェックを推奨し、全員にマージが許可されるようになる前に内容の検証を依頼できます。Atlassian では、プレミアム プラン向けのマージ チェックもいくつか提供しています。

  • すべてのマージ チェックを解決するまでユーザーがマージできないようにする
  • プルリクエストのソース ブランチが変更されるたびにレビューアに再度承認を要求する

Bitbucket プレミアムの詳細について


マージ チェックでは、個別のブランチのマージやブランチ パターンについて、特定の条件を推奨または要求することができます。マージ チェックはブランチ権限と連携して機能し、柔軟性と開発ワークフローの制御機能をチームに提供します。

このページの内容:

マージ チェックの目的


依存関係のマージ

  • ユーザーが成功したビルドのみを使用して変更をマージするようにします。
  • マージを行う前に成功すべきビルドの数を選択します。
  • Use with Bitbucket Pipelines, a build tool integration, or our commit status REST API.



コードレビューの完了

  • マージをコードレビューに関連付けます。
  • チームが協力してプルリクエストに取り組むようにします。
  • マージを行うために必要な作業を開発者が把握できるよう、ワークフローに一貫性を持たせます。



タスクの完了

  • プルリクエストでタスクを作成し、必要な変更をマークします。
  • プルリクエストが承認に進行するまで管理します。
  • マージの前にプルリクエストのすべてのタスクが完了していることを確認します。

マージ チェック

マージ チェックを使用して、マージ前に次の条件を推奨または要求できます。

プレミアム プランではない場合にこれらのいずれかのオプションを選択すると、未解決のマージ チェックがある状態でマージ可能なときに、ユーザーに警告が表示されます。ユーザーがマージを行うのを防ぐためには、プレミアムへアップグレードし、[未解決のマージ チェックがある場合はマージを行わない] を選択します。プレミアムの詳細についてはこちらをご参照ください。

設定 結果

承認が {#} 以上あるかどうかをチェック

プルリクエストの承認の数がその数を下回った場合、ユーザーに通知されます。
未解決のプルリクエストのタスクをチェック オープンなプルリクエストのタスクがあった場合、ユーザーに通知されます。
最後のコミットで成功したビルドが {#} 以上あるかどうかをチェック 最後のコミットで成功したビルドの数がこの数を下回った場合、ユーザーに通知されます。

プレミアム プランの場合、次の設定にもアクセスできます。

設定 結果
未解決のマージ チェックとのマージを防止する プルリクエストに未解決のマージ チェックがある場合、ユーザーはマージできません。マージを完了するために解決が必要な項目のチェックリストが表示されます。
ソース ブランチが変更されたら承認をリセットする プルリクエストのソース ブランチに変更があった場合、プルリクエストは承認無しで更新され、レビューアはプルリクエストを再びレビューして承認する必要があります。

セットアップの例

マージ チェックはブランチ権限と連携して個別ブランチまたはブランチ パターンに適用されます。このセクションの残りの部分では、ブランチ権限の説明に使用した例と、マージ チェックについて説明します。

たとえば、Alana (主任エンジニア)、Harvey (QA リーダー)、およびその他の 5 人のエンジニアが Teams in space プロジェクトに携わっているとします。全員がリポジトリへの書き込みアクセス権を持っていますが、master ブランチと develop ブランチへのアクセスを制限する必要があります。[ブランチ権限] ダイアログで次のように権限を割り当てることができます。

ブランチ ブランチの権限 マージ チェック
master

書き込みアクセス権限: Alana

プルリクエスト経由でのマージ: Alana、Harvey

  • 最後のコミットで 2 件のビルドが成功していることをチェック
develop

書き込みアクセス権限: Alana、Harvey

プルリクエスト経由でのマージ: Alana、Harvey、
teamsinspace:developers (グループ)

  • 最後のコミットで 3 件のビルドが成功していることをチェック
  • 承認が 2 つ以上あることをチェック
  • 未解決のプルリクエストのタスクをチェック

最初にブランチ権限を制限したいリポジトリへ移動し、[設定] > [ブランチ権限] の順にクリックします。

master ブランチに権限とマージ チェックを追加する

  1. [ブランチの権限の追加] をクリックします。
  2. 各フィールドに以下を入力します。
    1. ブランチまたはパターン: master
    2. 書き込みアクセス: Alana (Alana はプルリクエスト経由でのマージ権限を自動的に取得します)
    3. プルリクエスト経由でのマージ: Harvey
  3. [マージ チェックの追加] を展開します。
    1. [最後のコミットで {#} 件のビルドが成功していることをチェック] を選択します。
    2. ドロップダウンから 2 を選択します。
  4. [保存] をクリックします。

このセットアップにより、チームは master ブランチへのアクセスをコントロールすることができます。このチームは本番対応のコードのみを master にマージするため、成功したビルドに対してのみマージ チェックを行います。

develop ブランチに権限とマージチェックを追加する

  1. [ブランチの権限の追加] をクリックします。
  2. 各フィールドに以下を入力します。
    1. ブランチまたはパターン: develop
    2. 書き込みアクセス: Alana および Harvey Persona (Alana と Harvey はプルリクエスト経由でのマージ権限を自動的に取得します)
    3. プルリクエスト経由でのマージ: teamsinspace:developers
  3. [マージ チェックの追加] を展開します。
    1. [承認が {#} 個以上あるかどうかをチェック] を選択した後、ドロップダウンから 2 を選択します。
    2. [未解決のプルリクエスト タスクをチェック] を選択します。
    3. [最後のコミットで {#} 件のビルドが成功していることをチェック] を選択し、ドロップダウンから 3 を選択します。
  4. 保存をクリックします。
最終更新日 2018 年 6 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.