データをバックアップする

システム管理

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Jira データのバックアップ方法、および継続的なバックアップを維持するためのプロセスの確立方法について説明します。Jira データのバックアップは、サーバーを新しい Jira リビジョンにアップグレードしたり、複数のサーバーに Jira インスタンスを分割したりするための最初の手順です。

データの復元」と「プロジェクトをバックアップから復元する」もご参照ください。

Jira の完全なバックアップ作成は、2 つの段階からなっています。

1. データベース コンテンツのバックアップ

データベース コンテンツをバックアップするためのオプションは 2 つあります。 

  1. 推奨 ネイティブのデータベース バックアップ ツールの使用
  2. Jira のバックアップ ユーティリティの使用

本番環境での定期的なバックアップには、Jira の XML バックアップ サービスではなく、ネイティブのデータベース バックアップ ツールを使用することを強くお勧めします

Jira を使用している場合、バックアップ処理中にデータベースが更新される可能性があるため、XML バックアップの整合性は保証されません。整合性がない XML バックアップが生成されても、Jira アプリによる警告やエラー メッセージの報告は行われません。このようなバックアップは復元処理中に失敗します。ネイティブのデータベース バックアップ ツールでは、Jira が動作中であっても、整合性と信頼性がはるかに高いデータの保存 (と復元) の手段が提供されます。

オプション 1: ネイティブ データベース バックアップ ツールの使用

あらゆる重大なデータベースには、データベースをバックアップ、復元するためのツールが付属します (RDBMS の "MS")。次のような理由から、バックアップ オプションではこれらのツールを強くお勧めします。

  • 単一時点でバックアップを取ることによって、データベースの整合性を確保します。
  • Jira の XML バックアップより処理が速く、少ないリソースで済む
  • 既存のバックアップ戦略と統合できる (例: データベースを使用するすべてのアプリで 1 回のバックアップ実行を許可)
  • "完全な" バックアップではなく、インクリメンタル バックアップが可能であり、ディスク スペースを節約する
  • Jira がバックアップ形式として XML を使用することに関して、文字エンコーディングやフォーマットの問題を防ぐ

定期的なバックアップのセットアップ方法については、ご利用のデータベースのドキュメントを参照してください。これには一般に、mysqldumppg_dump などのコマンドライン ツールを呼び出す cron ジョブまたは Windows スケジュール タスクが含まれます。

オプション 2: Jira のバックアップ ユーティリティの使用

次のすべての手順を行うには、Jira システム管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

一回のみのバックアップを実行するには (例: アップグレード前)、次の手順に従います。

このセクションでは、1 回限りのバックアップを実行する方法をご説明します (例: アップグレード前)。「Jira アプリ バックアップの自動化」での記載通り、スケジュールされた XML バックアップも設定できます。

1 回限りのバックアップを行うには、次の手順に従います。

  1. 画面右上で [管理] > [システム] の順に選択します。
  2. [インポートとエクスポート] (左側のパネル) で [バックアップ システム] を選択して、「Jira データのバックアップ」ページを開きます。

  3. "ファイル名" フィールドに、バックアップ ファイルの名前を入力します。Jira が、この場所に書き込むために必要なファイル システム権限を持っていることを確認します。

    バックアップは Jira アプリ (共有) ホーム ディレクトリの export サブディレクトリに保存されます。

  4. [バックアップ] ボタンを選択して、Jira データのバックアップが完了するのを待ちます。Jira は XML バックアップを zip 形式のアーカイブ ファイルとして保存します。

  5. バックアップが完了すると、ユーザーが指定したファイルに Jira がデータを書き込んだことを確認するメッセージが表示されます。

2. data ディレクトリをバックアップする

Jira アプリの data ディレクトリを必ずバックアップしましょう。これは Jira アプリ ホーム ディレクトリ (略して jira-home) のサブディレクトリです。

data ディレクトリには、Jira インスタンスのアプリ データが含まれています。たとえば、課題の添付ファイルは <jira-home>\data\attachments ディレクトリに保存されます

Jira インデックスのバックアップ

The Jira index is stored in a different sub-directory, <Jira-home>\caches. On large instances, we recommend that you enable "restorable index" in the system options to create backups of the index that you can restore later.

data ディレクトリのバックアップに特定の方法はありませんが、検討可能ないくつかのメソッドを次に示します。

  • Microsoft Windows の場合は、ディレクトリをコピーしてバッチ スクリプトを記述し、定期的に実行するようにスケジュールできます。スケジュールされたタスクをセットアップするには、Windows のタスク バーでタスク スケジューラ」を検索します。
  • Linux/Solaris の場合は、小規模なシェル スクリプトを記述して、/etc/cron.daily. に配置できます。このスクリプトが /var/backup/jira などのディレクトリにファイルをバックアップします。ローカルの規則 (ファイルの場所、ロックファイル、権限) を確実に順守するため、既存のスクリプトを /etc/cron.daily にコピーすることをお勧めします。

attachments ディレクトリを data ディレクトリ内ではないカスタムの場所に配置した場合、attachments ディレクトリを別途バックアップする必要があります。

ファイルが大きい場合は、「アトラシアンに大きなファイルを転送する方法」をご参照ください。

最終更新日 2022 年 11 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.