セットアップ ウィザードの実行

Jira セットアップ ウィザードを使用すると、Jira アプリケーションを、評価およびデモ用、または本番およびテスト用にセットアップできます。

開始するには、Jira アプリケーションのインストール後、ブラウザで新しい Jira アプリケーションにアクセスします。既定のポートを使用している場合、次の URL でサーバーにアクセスできます: http://<jira-server-name>:8080

(info) Jira アプリケーション セットアップ ウィザードは、Jira アプリケーションをインストールした後に一度だけ表示されます。一度完了すると、再度実行できません。ただし、セットアップ ウィザードで構成されるすべての設定は Jira 管理コンソールで設定できます。

評価とデモ

Jira の評価やデモを行いたい場合、ウィザードがほとんどのセットアップを行います。Atlassian アカウントを持っていない場合は、アカウントのセットアップと評価ライセンスの生成もサポートされます。評価用の H2 データベース セットアップも提供されます (サポート対象プラットフォームを参照)。ユーザーに必要なのはインターネット接続だけです。インターネット接続は、Atlassian アカウントの詳細や評価ライセンスの検証および生成に必要です。

こちらのステップに従ってください

本番と
テスト

アップグレード前に Jira アプリケーションを本番またはテスト目的で使用したい場合、カスタム インストール パスの使用をお勧めします。これにより、必要に応じて独自のデータベースに接続し、メール用の SMTP サーバーをセットアップできます。このパスは、インターネット接続がない場合にも使用できます。ライセンス キーを手動で貼り付けることができます。

こちらのステップに従ってください

評価とデモのセットアップ

1. 希望する言語 を選択し、Jira アプリケーションのセットアップとユーザー インターフェースで表示する言語を決定します。注意:

  • [言語] ドロップダウン リストから言語を選択するとすぐに、Jira アプリケーション ユーザー インターフェイスの言語が切り替わります。
  • 言語間で翻訳のレベルが異なる可能性があります。

2.  Set it up for me  を選択し、そして 次へ をクリックします。

3.  アトラシアン ID メール アドレスを入力します。アトラシアン ID アカウントを持っていない場合は、アクセスが可能で、使用を希望するメールアドレス を入力し、次へ をクリックします。

4. アトラシアンでアカウントの検証が行われ、必要に応じてアカウントを新しく作成します。Atlassian ID アカウントは Jira システム管理者の認証情報になるため、詳細を覚えておくようにします。Jira が実行中の場合、Jira 内でシステム管理者の詳細を変更できます。詳細については、「グローバル権限の管理」および「ユーザーの管理」を参照してください。[次へ] を選択してライセンスを生成します。

5.  次へを選択してセットアッププロセスを終了します。これには数分かかる場合があります。

6. セットアップが完了したら、利用を開始できます。[Jira を起動] を選択して進みましょう。

(tick)  以上です!

本番とテストのセットアップ

1. 希望する言語 を選択し、Jira アプリケーションのセットアップとユーザー インターフェースで表示する言語を決定します。注意:

  • [言語] ドロップダウン リストから言語を選択するとすぐに、Jira アプリケーション ユーザー インターフェイスの言語が切り替わります。
  • 言語間で翻訳のレベルが異なる可能性があります。

2.  I'll set it up myself を選択し、Next をクリックします。

3. Jira のデータベースを構成します。

組み込みのデータベースと独自のデータベースのどちらに Jira を接続するかを選択します。

データベース接続推奨使用目的手順注意
同梱データベース評価限定次のステップへ進みます。バンドルされた H2 データベースは、セットアップ ウィザードにより、自動的に設定されます。
  • H2 データベースは評価用およびデモ用のみの目的に適しています。本番環境の場合は、サポート対象データベースに接続することをお勧めします。
独自データベース本番環境での使用
  1. データベースを選択します。はじめにサポートされているデータベースのリストを確認下さい。
  2. データベース接続を構成します。不明点がある場合は「Jira のデータベース接続」ガイドをご覧ください。注意: この画面には、Jira 設定ツールと同じフィールドが表示されます。
  • 使用する外部データベースは、新しく作成された (または空の) データベースである必要があります。
  • データベース コネクション プール — セットアップ ウィザードでは、データベース コネクション プールのサイズを設定できません。これは後から Jira 設定ツールを使用するか、手動で設定します (それぞれ「データベース設定ガイド」を参照)。 
  • MySQL database — The MySQL driver is not bundled with Jira (see Connecting Jira applications to MySQL 5.7). You need to copy the driver into the lib folder of your Jira installation and restart Jira/Jira service before completing the setup wizard.

4. 独自のデータベースに接続する場合は、[テスト接続] をクリックして、Jira が接続できることを確認します。先へ進める準備ができたら、[次へ] をクリックします。

5. インスタンスのタイトル、モード、ベース URL を設定する必要があります。

設定手順注意

アプリケーションのタイトル

セットアップする JIRA インストールとその目的を識別するのに役立つタイトルを指定します。

  • アプリケーション タイトルは、ログインページとダッシュボードに表示されます。
  • セットアップ ウィザードを完了後、インストールのロゴとカラースキームも設定できます。

モード

課題トラッカーの使用に適したモードを選択します。

  • モードを [パブリック] に設定すると、パブリック サインアップが有効になります。注意: 誰でもサインアップできるようにすると、Jira アプリケーション ライセンスのユーザー制限を超過する可能性があります。
  • 公開課題トラッカーは、顧客から直接フィードバックやバグレポートを収集するのに便利な場合があります。プライベート課題トラッカーは、チーム内の開発進捗状況を管理するのにより適しているかもしれません。

ベース URL

ユーザーがインスタンスにアクセスする際に使用する Base URL を指定します。

  • Jira が応答する URL は 1 つしか設定できません。この URL の設定は、ユーザーが Jira インスタンスへのアクセスでリクエストする URL と一致する必要があります。内部ユーザーと外部ユーザー用に別のホスト名や URL を設定することはできません。このベース URL と Jira アプリケーション ユーザーがリクエストする URL が一致しないと、ダッシュボードのガジェットに問題が生じます。
  • この URL は、Jira 課題へのリンクのプレフィックスとして、送信されるメール通知にも使用されます。

関連情報

  • アプリケーションのセットアップ後にこれらの設定を変更する必要がある場合、Jira 管理コンソールから設定できます。詳細については、「Jira オプションの構成」を参照してください。
  • Jira は、自動バックアップ データ、添付ファイル、インデックスを Jira ホーム ディレクトリに保存します。

すべてのアプリケーションプロパティを希望どおり設定したら、次へをクリックします。

6. アプリケーションを使い始める前に、Jira アプリケーションのライセンス キーを入力する必要があります。Jira アプリケーションのライセンス キーを持っていない場合、セットアップ ウィザードで評価ライセンスを生成できます。評価ライセンス キーで、完全な機能の Jira インストールを 30 日間使用できます。

アトラシアン アプリケーションのライセンス キーは、my.atlassian.com のアカウントにリンクしています。my.atlassian.com アカウントを持っていない場合は、アカウントを作成し、セットアップウィザードで評価ライセンスを作成します。

7. Jira インストールの管理者アカウントの詳細情報を入力します。このアカウントには Jira システム管理者の権限が与えられます。

Jira システム管理者と Jira 管理者アカウントは、Jira のセットアップ後に追加できます。詳細を入力したら [次へ] をクリックします。

8. SMTP メール サーバを設定します。このステップはオプションです。メール通知は、Jira セットアップ後でも構成できます。

この段階でメール通知を設定したい場合、メール サーバへの接続をセットアップする必要があります。詳しい手順は、「Jira の SMTP メール サーバに通知送信の設定を行う」をご参照ください。[終了] をクリックしてセットアップを完了します。


(tick) これで、新しい Jira アプリケーションのインストールをセットアップできました。

Jira の使用および管理や JIRA アプリケーションの詳細については、Jira アプリケーション ドキュメントをご参照ください。

最終更新日 2021 年 9 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.