オブジェクトを扱う

オブジェクトは実際のアセットです。すべてのオブジェクトは、特定のコンピューター、従業員、勤務先のオフィス、さらにはソフトウェアのライセンスなど、Insight でマッピングするすべてのものをデジタルで表現したものです。オブジェクトはいくつでも作成できます。また、オブジェクトの特性を表すオブジェクト タイプに基づいてグループ化できます (たとえば、従業員をハードウェア オブジェクト タイプでグループ化するのは最適ではありません)。

従業員の例を次に示します。

オブジェクト間の参照

従業員に関する情報は役に立ちますが、依存関係を表示するほうがより便利です。これによって、彼らが働いているオフィス、使用しているハードウェア、所属するロール、または割り当てられた携帯電話をすぐに把握できます。すべてを一目で確認できるグラフィカル ビューアーによって、参照を表示できます。

従業員の参照の例を次に示します。

オブジェクトを開始する

Here's a list of pages to get you started:

最終更新日: 2021 年 10 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.